カテゴリ:校長室より

赴任あいさつ  宇和島南中等教育学校長 中岡 生文

 この度の人事異動により赴任してまいりました校長の中岡生文です。
 どうぞよろしくお願いいたします。平成26年から3年間教頭として本校に勤務しましたが、輝く瞳の生徒であふれる本校に二度目の勤務をすることになり、期待と責任の重さを実感しています。

 本校は、今年で創立123年目を迎える南予地域屈指の伝統校です。「自主・自律・健康」を校訓に掲げ、1・2年を「基礎・基本」、3・4年を「充実・交流」、5・6年を「発展・伸長」とステージに分けて、6年間を見通した学習や部活動、盛大な学校行事、異学年交流などを特色としています。

 

 平成27年に、文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業の指定を受け、「宇和島のうみ・やまから世界を考える」をテーマに、グローバル時代に対応する持続可能な地域社会を支える人材育成の研究に努めてきました。昨年度から継続事業として、宇和島南グローカルイノベーション(UGI)事業を立ち上げ、海外校との交流等を通じてグローバルな視点を育成するとともに、講演会やフィールドワークなどを実施して、地元が誇る柑橘業や水産業について学び、将来地元の発展・活性化に貢献できる人材の育成を目指しています。

 本校は、現在1学年4学級、140人定員の編成ですが、一人一人を大切にきめ細かいサポートを実施しています。豊かな自然に囲まれた環境の中で、無限の可能性を有する生徒と教職員が毎日の生活を通じて、互いに成長しています。保護者の皆様の期待に応え、地域から愛される学校づくりを目指して邁進していく所存ですので、どうか御協力と御支援をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

令和3年4月