カテゴリ:4年生

期末考査最終日

 前期、後期ともに期末考査の日程が無事すべて終了しました。前期生は久しぶりの給食でしたが、スムーズに準備をすることができました。

 午後からは、部活動を頑張りましょう!

校内研究授業(門屋先生)

 11月16日(火)の⑤限目に、英語担当の門屋先生による研究授業が、4年2組で行われました。「We Are the World」という教科書のレッスンを通して、学習した内容を自分の英語でリテールする授業を、一人一台端末などを使って、テンポよく進めていました。

 生徒も自信を持って発表し、他の生徒の発表に拍手をしていました。このレッスンを終えて、生徒たちは、人のために何ができるかを考える良い機会を得られたように思います。

 

 

電子黒板の使用とオンライン授業

 夏季休業中に各教室に新たに設置されたホワイトボードとプロジェクターを4年生のセミナーの授業で試用してみました。電子黒板として利用できますので、文字や数字を書く・消す・移動するなど、様々なことがより効率的に行えるようになりました。生徒にとってこれまで以上に分かりやすい授業ができるよう授業改善が行われていきます。当日は数学の授業でしたが、生徒も熱心にノートを取りながら授業に取り組んでいました。

 今後は、教職員全員がどの授業担当であっても、上手に電子黒板を利活用できるように、校内で研修を重ねていきます。

 なお、本日は前期3年生が一人一台端末を使って自宅と学校をつなぎ、オンライン授業を受けました。これで全校生徒のオンライン授業の受講が完了しました。

 

 

新学年スタート

 本日から新年度が始まります。

 新任式・始業式は、各教室で放送にて行われました。新しい仲間、新しい先生との出会いに多くの生徒が盛り上がっていました。

 その後、学年集会が行われました。4年生は転入生を迎えて新たなスタートになります。よい関係を築いて充実した学校生活を送りましょう。

 新型コロナウイルスの感染再拡大により、先の見えない日々が続いています。しかし、この状況だからこそできることを見つけて、充実した1年を過ごしましょう。

 

グローカル・アクティビティⅠ(4年生のU.G.I.)

 本日3月4日(木)の5限目に、4年生が今までの活動をまとめたポスター原稿を基に、本番を想定した発表練習を各教室で行いました。教室内とは異なり、広い体育館では声が届きにくいこともあるので、実際の発表の際には聞き手のことを考える必要があります。
 今後の予定は、3月11日(木)の5限目と6限目に、3年生から5年生までが参加して、体育館で校内ポスター発表を行い、成果の発表と共有を図ることにしています。

  

  

  

  

考査返却

 本日3月3日(水)から学年末考査が生徒に返却されます。成績の出来不出来以上に、努力すべき時に努力できたかどうかも重要です。苦手だからと言って、避けてばかりでは前進できません。各科目で反省すべき事項は十分反省して、次の学年へのステップアップを図りたいものです。
 次の学年のゼロ学期と言われる3学期もいよいよ終わろうとしています。確実なことは、学年進行とともに学習内容はしだいに難しくなっていくということです。3月の残りの時間は、この1年を振り返って、様々な視点から見直しをしておきたいですね。

  

  

  

卒業式の準備

 本日26日(金)2限目の考査後、4年生で卒業式等の会場準備をしました。あいにくの雨で外回りの準備はできませんでしたが、28日(日)の同窓会入会式と賞状授与並びに記念品贈呈式、そして3月1日(月)の卒業式のために、6年生の席と保護者席を整え、壇上の掲示を行いました。
 昨年同様の縮小した形での式となり、在校生は代表以外の出席はできませんが、先輩方が立派に卒業できるようにと願って準備を行いました。当日の天気が好転し、晴れ晴れしい卒業式になるといいですね。

  

  

ホームルーム研究授業(4年3組)

 本日19日(金)の⑥限目のホームルームの時間に、3組の担任の岡先生と副担任の石丸先生による研究授業を行いました。テーマは、「先輩の進路開拓に学ぶ」です。年度末まで残り少しとなりました。卒業していく先輩の6年生も、進路が少しずつ決まりかけており、この機会に先輩方が後輩に伝えたいことを知り、自分たち4年生が進路設計をする際の一助になればと願って行いました。教育実習生のアンケートなどの声を通して、今後の目標設定や自己理解が少しでも進んだらいいですね。

  

  

  

4年生 OST(オンライン・スピーキング・トレーニング)

 本日16日(火)の③時限目の時間を使って、2組の生徒がOSTの講座を実施しました。回が進むにつれて生徒たちもかなり慣れてきたようで、海外の講師の先生方と英語を使って楽しく会話をする声が、図書館に響いていました。
 内容は次第に難しくなってきましたが、普段の授業で学習してきた内容を実際に耳にしたり、言葉にしたりする訓練は、外国語学習にとっては非常に大切な過程です。今後とも、このような貴重な機会を利用して、学習効果を上げていければと考えています。

  

  

OST(Online Speaking Training)

 本日10日(水)の⑥時限目に、4年生が図書館で海外の講師と、オンラインで英語のトレーニングを行いました。3回目となる今回も通信状態は良好で、講師の先生方と英語を通じて訓練を行うことができました。内容は多少難しくなっていたようで、考えている内容を上手く英語で表現できないと感想を述べている生徒がおりました。
 今年度最後のOST は、3月に行う計画です。生徒が少しずつでも英語で自己表現できるようになればと願いながら、進めていきたいと考えています。

  

  

ホームルーム活動(4年生)

 本日22日(金)のホームルーム活動で、4年生がスポーツをして楽しみました。何かとステーホームで、身体を動かすことが例年になく少ないのですが、今日は男女ともにドッジボールをして、日ごろのストレスを発散することができました。
 まだまだ寒い時期もありそうですが、感染防止には最大限注意しながら、残り2か月と少しの4年生生活を過ごしたいと思います。

  

  

UGI(Uwajima-minami Glocal Innovation)

 4年生が様々な分野で課題を見つけ出し、その解決策を提案する活動であるUGIも、本年度分のまとめの時期になりつつあります。本日21日(木)の⑤限と⑥限の時間を使って、各班のポスター発表を分野別で行いました。各班5分の発表と2分の質疑応答時間を設定して、より良いものを目指して活発な活動ができました。
 来週28日(木)には、大学の先生方にオンラインでポスター発表会に参加していただき、指導と助言をしてもらうことになっています。各分野でどのような提案が聞けるのか楽しみですね。

  

  

  

Online Speaking Training (OST)

    4年生を対象として実施しているOST(ネット回線を用いた英語対話訓練)が、19日(火)から始まり、今週中に4クラス全てで実施されます。前回よりも回線状況がずいぶんと改善され、30分程度の時間でしたが、海外の講師の先生と英語で会話の訓練ができ、講師からは生徒に評価のコメントをもらいました。
 月に一度の実施ですが、残り2回の貴重な機会を捉えて、日ごろから勉強している英語が伝わる実感を得たいものです。

  

学校防災教育実践モデル地域研究事業

 本日19日(火)の午後、本校において標記の事業に関する第2回実践委員会が開催されました。市内の高校、行政、消防署の防災担当の方が一同に集まりした。指導と助言をいただく大学の先生にはオンラインで参加していただき、今年の防災訓練を振り返って、次年度に活かすべき点などについて意見交換を行いました。本校は生徒数も多いため、いざという時には周囲の状況をよく考えて、適切な行動がとれるように、日ごろから訓練をしておく必要があります。いつ起こるかわからない災害には日ごろから備えておきたいものです。

  

4年生学年集会

    本日16日(水)の朝、4年生の学年集会を武道場で開きました。2学期の振り返り、というテーマで学年主任が、生徒に期待したいことを話しました。勉強の点では、うまく切り替えができていない生徒がいること、勉強できる環境を整えてもらうことへの感謝、行動面では、まだまだ未熟さのために、周囲の人のことを考えていない行動があった点、などについて話がありました。
    年明けの3学期は5年生のゼロ学期とみなし、来年はリーダー的立場に立つことを十分に考えて、文武両面で行動することを期待したいと考えています。

  

放課後の自主学習(4年生の活動)

    今週26日(木)から2学期末考査が始まります。日ごろの学習の成果が問われるテストとなりますが、どの学年も放課後に自主的に残って学習をしているシーンが目立ちます。グループ学習をして友達に聞いたり、先生に教えてもらったり、理解が不十分と思われる点の確認をしています。
    健康を崩しやすい季節で、しかも新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、各自が健康管理には十分留意して考査に臨んでもらいたいものです。

  

  

UGI(4年生の活動)

    生徒が、学びのフィールドを学校から地域に広げ、グローバルな視点から、地域の人々の暮らしに関する調査研究に主体的に取り組み、地域課題の発見とその解決に貢献する学習活動であるUGI(宇和島南グローカル・イノベーション)も少しずつ進んでいます。2学期になってから、ほぼ毎週大学の指導教官に来ていただき、アドバイスを受けながら、各班の研究を進めています。現在アンケートを完成させ、情報収集を行う段階です。実りのある研究になるようにしたいものです。

  

  

文化部発表会(前期生の書道作品)

 本年度の文化祭は、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、文化部発表会として、30日(金)に実施をされました。残念ながら、一般公開もできず、作品等を鑑賞していただく機会はありませんでしたが、前期生が書いた書道作品が校内や教室前に掲示されています。描く文字は学年を通して同じでも、それぞれの個性があふれる作品になっており、楽しい発表の機会となりました。

  

 

園児との交流を実施

   令和2年度「地域連携心豊かな高校生育成事業」の一環として、園児との交流活動が本日27日(火)に、認定こども園元気の泉と尾串保育園で実施されました。県内では比較的落ち着いているものの、新型コロナウィルスの感染拡大の懸念から、実施できるかどうか心配しておりましたが、好天にも恵まれ、受け入れていただいた両園の関係者の皆様のおかげで、生徒たちは楽しくも有意義な時間を共有することができました。
   最初こそぎこちないふれ合いでしたが、午後になると親しく交流することができ、別れ際には大きく、元気な声で「さよなら」や「バイバイ」と園児たちが言ってくれました。
   この貴重な交流の機会を提供していただいた両園の園長先生はじめ、諸先生方には大変感謝しております。学んだことを今後の学生生活で活かしていけるようにさらに勉強していきたいと考えております。

  

  

  

  

  

  

  

  

 

園児との交流準備

    毎年、保育園やこども園に依頼している園児との交流活動が明日の27日(火)に実施予定です。本日の午後、園児に送るためのメダル作りをしました。各生徒が準備したアニメのキャラクターやオリジナルの絵を描いたり、のり付けして完成させました。園児がどのように喜んでくれるかが楽しみですね。
    明日は、天候も良好なようです。新型コロナの影響もあって、例年とは異なる活動が予想されますが、楽しく、有意義な交流活動になればいいですね。

  

  

英語力向上に挑戦

    英語力の向上を目的として、本校4年生を対象にして、OST(=Online Speaking Training)が始まりました。これは、インターネット回線を用いて、海外の講師と英語でのやり取りを行うものです。本来は4月以降に少しずつトライアルをして進めることができたはずですが、新型コロナウィルスの感染拡大で実施が遅れました。生徒たちは、デジタル機器の扱いには十分慣れているようで、比較的スムーズにログインでき、先ず初回の授業を終了できました。今後は月1回をめどに進めていき、生徒の英語力向上を図りたいと考えています。

  

様々な人権問題について学ぶ

 本日16日(金)の⑥限目に、人権・同和教育のホームルーム活動が行われました。学年やクラスによってテーマは異なりますが、4年生は「様々な人権について学ぶ」をテーマとして、障がい者問題、ハンセン病問題、愛媛に住む外国人に対する偏見問題、などについて勉強しました。私たちの身の周りには、またまだ多くの差別や偏見が存在していることを認識し、深く勉強することで、自分たちの考えを変え、差別事例に接したときに取りうる行動を変えることが求められています。みんなにとって住みよい社会を創造できるよう努力を続けたいものです。

  

  

校内読書会(ビブリオバトル)

 10月14日の放課後に図書室で、図書委員会主催のビブリオバトルが開催されました。

今年度の特徴は、1,2年生の参加が多かったことです。4班に分かれて、チャンプ本を競い

合ったのですが、後期生の班長を中心にどの班もたいへん盛り上がっていました。読書の秋に、

本を通じてそれぞれの心が重なり合った、心地よいひとときでした。

ケイトリン先生、ありがとう

    本校の英語指導助手(ALT)のケイトリン先生(ハワイ出身)が、このたび任期を終えて、退職されることになりました。5年前に赴任以来、主に前期生の授業を中心に、英語教育に携わっていただきました。スピーチ原稿の添削、発音指導、ティーム・ティーチングなどで活躍していただき、生徒の英語力向上に大きく貢献していただきました。温厚で優しい性格で生徒に大変人気があり、各学年の生徒からは多くの感謝のメッセージが贈られました。
    今後は家族との時間を大切にするためにハワイに帰国されたあとで、さらなるキャリアアップに挑戦されるようです。今までのお力添えに感謝するともに、先生の健康と活躍を本校一同お祈りしております。ケイトリン先生、ありがとうございました。Good luck!

 

 

 

体育祭総練習風景

    本日9月4日(金)の午前中、昨日に続いて総練習の一部が行われ、綱引きジュニアの再予選も行われました。体育祭当日の決勝戦と順位決定戦でも団の優勝を目指して頑張ってほしいものです。
    いよいよ仕上げの段階にも近づきつつあり、8日(火)の体育祭が楽しみです。あと、各団制作の工夫を凝らしたパネルの内容も楽しみですね。好天になることを祈りつつ、各生徒が体調管理に留意していきたいものです。

 

 

体育祭練習風景

 本日9月2日(水)の5時限後、全校練習が行われました。太鼓と各団長の発声に合わせて、全校応援やエール交換の練習をしました。特に後期生にとっては毎年行ってきたことながら、今年は正面席が異なり、グランドを広く使えない事情もあり、工夫しながらの練習です。
 明日は総練習の予定ですが、連続してやってくる台風のことが気がかりです。なんとか予定どおりに進んでもらいたいものです。

体育祭練習風景

 本日8月31日(月)に、体育祭の招集・演技説明が午前中、全学年練習が午後にそれぞれ行われました。気温が34度を超える暑い中、途中多少雨が降りましたが、生徒たちは水分を適宜摂りながら、本番に合わせての練習を行いました。
 今年の体育祭は、新型コロナウィルス感染拡大防止のために、例年とは様子が異なりますが、生徒全員にとって、良い思い出となるように、各団の団長を中心に準備を進めていきたいものです。

 

令和2年度『進路の手びき』発行

    毎年6月末になると『進路の手びき』が発行されます。その中には、進学編と就職編に分けて、過去の実績、進路指導年間計画、受験の心構え、学習計画と方法、応募方法、そして先輩の声、が掲載されています。先輩の声を読むと、ほぼ異口同音に、4~5年生の頃の勉強不足への後悔、部活動を続けたことの満足感、そして自分なりの学習方法の模索と確立が述べられています。

    よく言われる「後悔先に立たず」や「継続は力なり」という言葉が思い浮かびます。まもなく生徒に配布されるこの手びきを大いに活用して、一人一人が自分の思い描く進路を実現してほしいものです。

 

4年生の様子 ~梅雨の合間のランチ・ブレイク~

    県内では感染縮小期に移行したとは言え、他県ではまだまだ感染者が出ているようです。本校では、いわゆる3密を避けるために、昼食は教室内だけでなく、校内の換気のはかれる広い場所で取ることも勧めています。中庭のベンチ、体育館周辺、など。各自が弁当を持参して、楽しく食べていました。

    昼食中はマスクを外していますが、教室内での授業中は着用しています。まだまだ3密を避けるように努力して、毎日の学校生活を送りたいものです。

 

4年生の取組 ~教室内外の清掃・消毒~

    4年生は、来週火曜日から始まる中間考査に向けて、毎日学習しています。新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、毎日清掃時には教室内外の消毒作業を、生徒と担任で行っています。安心して勉強や部活動に専念できるように、今しなければならないことを怠らないようにしたいものです。

 

4年生の取組 ~中間考査に向けて~

    本日6月8日(月)の朝、4年生の学年集会がありました。当初の予定より、約1ヶ月遅れの中間考査が16日(火)から始まるのを前に、学年主任から、定期考査のための学習時間を最優先にして確保するように、との話がありました。

勉強を始めるには覚悟とかきっかけが要りますが、自分なりに気持ちのスイッチを入れる工夫をして、後期課程最初の定期考査を無事乗り切りたいものです。あと、そのための健康管理も大切ですね。

 

4年生の皆さんへ ~ 一斉登校の開始について ~

    5月25日(月)から一斉登校が開始され、部活動も少しずつ開始される予定です。2週間に渡る分散登校では、クラスの半数の生徒は、普段の登校時間とは異なる時間での登校でしたが、25日からは全員が朝登校できるように再度生活時間を合わせてください。提出すべき宿題もきちんと確認しておきましょう。また、登校時は、通学用のカバンとなります。以下は一斉登校開始に関しての留意事項です。 

   ① 自宅で毎朝検温をして体調確認をする。

   ② 熱のある場合には、無理をせず自宅で様子をみる。

   ③ マスクをして感染予防をする。

   ④ 教室では密になることを避けるようにする。

   ⑤ 昼食は机を移動させずに正面を向いて食べる。 

    全員で意識した行動を取って、感染防止に努めながら、普段どおりの学校生活に戻れるようにしましょう。

                                                                                                                        学年主任 東 敏郎

分散登校始まる

 本日5月11日(月)から計画に従って分散登校が始まりました。1年生、3年生、4年生そして6年生を午前と午後に2つのグループに分けて、3コマずつの授業を実施しました。家庭での検温と健康観察を実施し、学校でもそれを確認しながら、いわゆる3密を避けての授業となりました。教員もマスクをするのは当然として、フェイスシールドを各自で手作りして授業に臨んでいます。25日(月)からの一斉登校が実施できるように全員でなすべきことをしていきたいものです。      学年主任 東 敏郎

4年生の皆さんへ

    来週から分散登校が始まります。必ず朝は検温し、健康観察を行ってから登校するようにしてください。各教室では皆さんがしっかり学習できる環境を準備しております。この土日で体調を崩すことのないように生活習慣に気を付けておきましょう。来週元気な皆さんに会えることを楽しみにしております。

 尚、授業内容と持参すべき教材、提出すべきものの一覧表もPDFで掲載しておきます。                     4年1組担任 安気 智洋

 

 

授業内容と持参すべき教材等

古文ノートの作り方

 

 

4年生の皆さんへ

    臨時休業も長く続いていますが、その間自宅でなすべきことを十分できていますか。勉強は当然ですが、普段はできないことに使える時間ができるという前向きな考えで生活したいものです。校舎内外の清掃や教室の換気など、いつ授業が始まってもいいように先生方が準備をしており、再開を学校全体で心待ちにしています。生徒の皆さんは、目標を見失うことなく、よい習慣を身につけて努力してください。「継続は力なり」です。

                                                                                                                         学年主任 東 敏郎

4年生のみなさん、こんにちは。

 この学校に来てから約2週間が経ちました。校内で迷子になることはなくなりましたが、いろいろな教室の場所や、どこに何があるのかを覚えるために、時間があるときは学校の中を探検しています。

 今日は4年生の教室の中に隠れた「まる」を集めました。テーマをひとつ決めて散策すると、いつもと違った視点を得られ楽しいです。みなさんも、休業期間中たまには視点を変えて、身の回りの面白いものを探してみてくださいね。

4年4組副担任 吉積惟代

 

 

これからのことを考えてみよう。

 世界規模での自粛が続いており、海外との人やモノなどのやり取りも縮小の傾向にあるようですが、そんな中でも、「情報」のやり取りに関しては、大きな影響を受けていないように思えます。SGH、UGIと、私は海外とのやり取りに関わるお仕事をさせていただいているのですが、いくつかの海外の組織や海外の方に「そちらは大丈夫ですか?」とメールを送ったところ、有難いことに、2・3日の内にお返事が返ってきました。マレーシア・インドネシア・ハワイ・ノースキャロライナ等々、世界各地から「落ち着いたら、また一緒に活動しようね!」と温かいメッセージを頂いています。

 報道などで、世界中の「国際化」の逆を行くような、シビアなニュースを目にすることが多くなりました。また、留学などの機会を活用することも、自粛の中で、これまでより難しい面が出てくるでしょう。世界の中での日本の在り方を考える、とか、海外との連携を模索する、とか、そういったことが自分からどんどん縁遠いものになっていくように感じるかもしれません。

 ただ、飽くまで私見ですが、近い将来、国境を越えたやり取りが、これまで以上に必要になってくる未来が、思っていた以上に早く到来するようにも思えるのです。各地で、リモートワークやweb会議などを実施するための準備が急速に進んでいるように感じます。そして、幸運なことに、そうした機会を活用し、私達と共に活動してくれる多くの人々が、海外に確実に存在します。

 アメリカのノースキャロライナ州の一部の高校では、オンライン授業が既に始まっており、無料のウェブナー(web+セミナーの造語)なども盛んに開催されているようです。そして、そうしたリアルタイムでのやり取りの機会に、時差が大変ですが、参加しようと思えば私達も参加することができます。考えてみれば、本校だって、既にインターネットを用いた海外の協力校との交流活動を数年前から実施しています。私が高校生だった頃には考えられなかったような「未来」の日々が、すぐそこにまで到来していると考えると、居ても立っても居られないような焦燥の感に駆られます。

 これからは、情報のやり取りが国境を越えて行われることが更に増えると思います。そして、それは思っている以上に早く、私達に影響を与えそうです。来るべきアフターコロナの時代に備え、今成すべきことを成してください。だから、どうか、皆さん、一生懸命勉強してください。一緒に頑張りましょう。

 

マレーシアで頂いた手づくりのお守り。これを作ってくれた彼女も、同じこの空の下で元気にしてくれているでしょうか。

 

4年4組担任 浅尾 一元

 

追伸:英語の課題が終わった人は、何度も繰り返して見直しておいてください。また、今の内にtarget1400の単語を可能な限り頭に入れておくと、これから大きなリードになると思います!

4年生のみなさんへ

    課題はもう終わりましたか。実力テストの結果を見てもわかるように、休業中、自分の納得がいく勉強ができたかどうかで、大きな差がついていましたね。誘惑に負けないよう自分の目標をしっかり持って、生活リズムを守り、やりたいこと、やるべきこと等を、一つ一つ積み重ねていきましょう。
    わかってるけど、やると決めたことが続かず、うまくいかないあなた。
とにかく、続けましょう。やはり、「継続は力なり。」です。継続することを第一に考えてください。欲張りすぎ、完璧主義は禁物です。余裕を持ってやれることから始めましょう。やると決めたことの半分でも構いません。半分も駄目なら、一つでもいい。とにかく、やり続けること。そうすれば、少しずつでも必ず積み重なっていくはずです。そして、だんだんとクセになります。気がつくと、やめたくてもやめられなくなりますよ。
    もう課題も終わり、余裕を持ってプラスαの取組をしたいあなた。
こんな時こそぜひ、読書を!心置きなくあらゆる世界へ羽ばたきましょう。新型コロナによる臨時休業のため、「図書館オリエンテーション」も先延ばしになりっぱなしで、図書館の本たちも南校生を待ちわびています。オリエンテーションでは、必ず一冊は本を借りてもらいますので、この休業中に、好きなジャンルや興味のあった分野の本を少しでも読んで、図書館で借りたい本を考えておいてくださいね。

【追伸】国語の課題について、「新明説漢文ノート」と「体系古典文法学習ノート」は、解答を配っていないので、丸つけは構いません。説明不足で申し訳ありませんでした。ただ、そのテキストである「新明説漢文」や「体系古典文法」を注意深く読めば、自ずと答えは導き出されると思いますので、しっかり取り組んでおいてください。最初の授業で解答を配ります。

3組副担任 石丸 聖也

 

環境をかえてみる

 「とんび」の放送が聞こえて目を覚ました、または12時を知らせる音楽やサイレンなどで目を覚ました、そんな生活リズムの人はいませんか?通常学校があるときは、午前中に4時間あります。午前中の方が集中できるということではないでしょうか。午前中の使い方は大切にしましょう。

 臨時休業になり、だいぶ日が経ちました。そろそろ時間の使い方に苦慮し始める頃だと思います。勉強しなくてはならないが、気が進まない。そんな人は環境を変えてみてはいかがでしょうか。家の中で勉強する場所を変える、普段向かっている向きと逆向きに座って勉強してみる。雰囲気が少し変われば、気分転換にもなり、少しははかどるかもしれませんね。いろんな工夫をして、勉強への向かい方の引き出しを増やしてみましょう!

 私も、気分転換で黒板に向かって入試問題を解いてみています。意外とはかどっています。

 3組担任 岡 颯天

  

4年生の皆さんへ

 4年生のみなさん、いかがお過ごしですか。充実した日々を過ごせていますか?生徒のいない学校は閑散としていて寂しく、早く日常生活に戻りたいと切に願う今日この頃です。
 ところで、みなさんはミヒャエル・エンデの『モモ』という児童文学を読んだことがありますか?有名な作品なので名前だけは知っているという人も多いでしょう。簡単にあらすじを説明しますので、しばしお付き合いください。
 主人公は、10歳くらいの風変わりな女の子。突如町にやってきて、住み着いてしまいます。モモは人の話を聞くのがとても上手でした。モモと話していると、話すのが楽しくなって、誰しも次々といいアイディアが浮かんできます。また、遊びの中にモモがいるだけで、どんな遊びも楽しくなりました。ゲーム機や人形などがなくとも、みんなで素敵な空想の世界を創り上げていくことができました。人々の暮らしは、モモが来たことで豊かになりました。しかし、そんな穏やかな日々に、黒い影が忍び寄ってきます。「時間貯蓄銀行」の職員だという「灰色の男たち」が、時間を節約して貯蓄するように町の人たちを説得し始めたのです。理髪店を営むフージーは、お客さんとのおしゃべりが一番の楽しみでしたが、機械的に仕事をこなしていくようになります。飲食店のニノは、あまりお金を使わないなじみの客を追い出してしまいます。大人が忙しくなったので、子供たちの相手はおもちゃで代用されるようになります。誰もが、いかに時間をお金に替えるか、いかにモノを所有するかに必死になってしまい…と、こんな風なお話です。
 さて、急にこの小説を持ち出したのは、今、コロナによって世界的な大不況を迎えようとしている中、この物語にいろいろと考えさせられるところがあると感じたからです。「時間」とは、「豊かさ」とは何なのだろう。「生きる」とはどういうことだろう。…今は悲しいかな学校が臨時休業になり、家族と過ごす時間が増えたはずです。また、いつも通っている道や、周りの風景をゆっくりと見渡す時間もあるでしょう。多くの死者が出ている中で悠長なことは言っていられませんが、現状をただただ悲観するだけでなく、この「時間」がみなさんの心の成長に繋がっていくことを期待します。    2組副担任 竹長彩子

 

 

 

4年生の皆さんへ

 規則正しい生活をしている4年生の皆さん、今日の勉強は始まっていますか?生活リズムを安定させるためにも、学校の日課表と同じように学習を進めるようにしてみましょう。

 数学の課題も進んでいるでしょう!!特にチャート式の問題集は、基礎から大学入試に必要な解法を身に付けるには最適な問題集だと思います。解法を身に付けるまで繰り返し問題を解いてください。私自身もチャート式を繰り返し解くことで、数学の学力を大幅に向上させることができました。ぜひ挑戦してください。

                        花よりチャート!!

 

4年2組 担任 大塚 隆三

 

Good morning, everyone!

   4年生の皆さん、早起きして規則正しい生活を送っていますか。課題は計画的に進んでいますか。気分転換に体を動かしたり、普段忙しくてできないことにも挑戦してみましょう。この機会に新聞を読むことをお勧めします。世界中の最新の話題が満載ですから、知識が深まり視野も広がりますよ。英語でニュースを読んでみたいという人には、JAPANTODAYなどニュースを英語で(無料で)読むことができるサイトもおススメです。

 ところで私は、皆さんの課題の解答・解説を作成しています。CEⅠのプリントの解答から順次HPに載せていく予定です。そしてもう一つ頑張っていること、それは皆さんの顔と名前を覚えることです。マスク越しでも分かるようにと一生懸命覚えているのですが、これがなかなか難しい!

 

  

                                                                                                                                                             4年1組副担任 三好 あや

 

4年生のみなさんへ

 学校が臨時休業中ですが、みなさんはどのように過ごしていますか?学校がないからと生活習慣が乱れてないでしょうか。今は、学校が再開するときを待ち、学習の基礎・基本を徹底するチャンスだと思ってください。自主・自律・健康が大事!常に輝く瞳の君であれ!化学基礎の課題も3年生の復習だけなので覚え直しておいてくださいね。先生たちも日々授業研究に取り組んでいます。

6月13日(土)実施予定のGTEC(4技能、検定受験)の申込について

6月13日(土)実施予定のGTEC(4技能、検定受験)の申込について

 

 4月15日付の文書にて連絡しています、標記の検定試験について、受験を希望する場合は、4月27日(月)までに、本校事務室に受験希望書(用紙の切取線以下)を提出してください。その際、感染防止対策をしっかりして、十分気を付けて来校してください。また、期間中に提出が困難な場合は、英語科担当者に相談してください。

 

 ・受験料は一括徴収しますので、申込の際に現金を納入する必要はありません。

 ・申込〆切は、当初配布した文章には4月24日(金)と記載されていますが、今回の休校措置での影響も考慮し、4月27日(月)に改めています。

 ・実施日については、今後もコロナウイルスに関する状況に応じて変更される場合があります。最新の情報がGTECの公式ホームページに掲載されますので、各自で確認をお願いします。

 

(4月21日 追記の内容) GTECの申込について、受験を希望する場合は、本校事務室に受験希望書(用紙の切取線以下)を提出するようお知らせしましたが、郵送での提出も受け付けます。なお、その場合、確実に4月27日(月)に本校に届くよう配慮してください。

4年生の皆さんへ

    現在学校は臨時休業中ですが、勉強する場所が自宅になったと考えて、各自勉強に集中してください。各教科の課題が指示されていると思います。以下は、学年主任として集会で話した内容ですが、実行できるように努力してみてください。

1 後期生(高校生)としての意識をもつ

2 目標を設定し、常に意識する

3 常に感謝の念をもつ

4 習慣を変え、行動を変える

5 人として、南中生としての誇りをもつ

    休業中の生活の仕方については、自粛することが多くありますが、希望を持って生活してください。今後は各担任や副担任の先生方のメッセージを掲載する予定です。

 

4年生便り⑤ ~グローカル・アクティビティⅠ~

    昨日はグローカル・スキルの授業用テキスト作成の様子を載せましたが、本日4月16日(木)は、今年始まるUGI(Uwajima-Minami Glocal Innovation)活動の説明が行われました。以前のSGHを引き継ぎ、講演会やフィールドワークを通して、地域の産業や文化等を研究し、問題を発見してそれを解決していこうとする活動です。視点は、「世界規模で考えて、地域に活かす」です。どんな活動成果が得られるのか楽しみです。

 

4年生便り④ ~グローカル・スキルのテキスト作り~

    本年度、本校では昨年までのスーパー・グローバル・ハイスクール事業の後継となる活動として、英語の授業で様々な活動を行う計画です。生徒の皆さんには、この活動を通して英語でやり取りしたり、論理的思考が出来たり、また失敗を恐れずに文化の壁を乗り越える能力を身につけたりしてほしいと願っています。本日はその活動で使う予定のテキストを全員で作成しました。3年後の成果が楽しみですね。

 

4年生便り③ ~南中のサラメシの時間~

 本日は4年生の昼食の時間を訪ねました。本来ならば、仲良し同士で机を並べて、楽しく談笑しながらの食事ですが、新型コロナの影響で、前期の給食同様のスタイルとなっています。御家庭で作ってもらったサラメシをみんなおいしそうに食べていました。登校できるこの幸せな時間に感謝して、元気でこの状況を乗り切りたいものです。

 

4年生便り② ~後期オリエンテーション~

    本日④限目に後期の生活に関するオリエンテーションが実施されました。前期とは違ってくることが多いということ、例えば、出席や考査成績がより重要になってくること、学習時間の確保や模擬試験の受け方など自分の進路実現に関すること、そして校内・校外での生活で気を付けるべきことが話されました。

    早く前期生の感覚から抜け出して、後期生としての学校生活を大切にして、普段通り部活や勉強に集中できる状態になることを望みたいものです。