カテゴリ:5年生

校内研究授業(5年4組)

 本日10月29日(金)の⑥限目のホームルームの時間に、人権・同和教育の研究授業が5年4組で行われました。テーマは、「人権獲得の歴史に学ぶⅢ―水平社運動―」です。水平社宣言に込められた人々の思いを学び、関わった先人の生き方から、差別に立ち向かう姿勢を育みたいと設定して実施しました。

 生徒達は担任の先生の話に熱心に耳を傾け、班ごとの討論では積極的に意見を出して、発表していました。この授業を通して、水平社運動への理解が今まで以上に深まったものと思います。

 

 

体育祭練習風景

 8月31日(火)の③④限目に、5年生と6年生が民謡の練習をしました。今年は新型コロナウィルスの感染拡大のために、5年生は総練習時の予選のみに参加しますが、所属する団が良い成績を取れるように、練習に励んでいます。

 一方、6年生は民謡のリーダーの指導の下で、当日最後に踊る阿波踊りの創作部分の確認と練習をしていました。県下では今日も熱中症アラートが出ており、室内とはいえ十分な休息と水分の補給は絶対必要です。体調に気を配りながら、まずは総練習に備えましょう。

体育祭練習風景

 9月6日(月)と7日(火)の両日分散開催となった体育祭に向けて、各団の練習が少しずつ始まりました。「感染対策期」となっている現在、大きな声を出して行う練習ができづらい中、団長を中心にできる準備から進めています。

 愛媛県内は今日も「熱中症警戒アラート」が出されており、十分な休憩を取り、水分・塩分を補給しながら、本番に向けて生徒達は頑張っています。

第2学期始まる

 本日25日(水)に第2学期が始まり、全校生徒が元気に登校しました。始業式は今回も校内放送で実施されましたが、式辞の中で校長先生が以下のように述べられました。「東京オリンピックの開催には賛否両論あったが、自分たちが置かれた場所で精一杯頑張る姿があり、周囲に対して感謝を述べる選手が多かった。生徒諸君も感謝の念を持ち、今学期頑張って欲しい。」

 2学期初めの行事としては、体育祭が中心となります。新型コロナウィルスの感染拡大で、実施状況が厳しさを増していますが、できることを精一杯頑張り、南中生として「置かれた場所で華麗に咲く花」でありたいものです。

       

オンライン授業試行

 各自に配布された学習用端末を使って、学校が臨時休業になった場合に、オンライン学習ができるかどうかの試行が、夏休みを利用して各学年で行われました。在宅学習できる環境かどうかの確認をするために、各生徒は自宅でセミナーの動画視聴等を行い、アンケートに回答しました。ほとんどの生徒は登校しませんが、昼からの部活動に備えて、教室でオンライン学習をする生徒もいます。

 新たな状況に対処するために、対面による授業だけでなく、オンラインによる授業ができるよう、生徒・教職員ともにスキルアップを図っています。

 

チャレンジサマースクール(5年生)

 7月27日(火)~29日(木)の3日間、チャレンジサマースクールが行われています。これは、「令和3年度えひめ英語力向上特別対策事業」として行われるもので、本校からは、5年生4名がオンラインで参加しました。県内の高校生約50名が参加し、交流を通じて、英語によるコミュニケーション能力の向上を図る活動です。

 与えられた課題をチームで役割分担しながら協力して解決し、全体発表をします。明日は、初日からの各自の成長幅を確認することになっており、有意義な活動になることを期待しています。

学年集会(5年生)

 

 20日(火)の終業式後のホームルーム活動の時間に、学年集会を実施しました。学年主任から、①学習、②生活全般、そして③学校をよりよくするアンケートの回答について、振り返りの講話がありました。

 校長先生の式辞の中でもあったように、コロナウィルスの感染拡大防止対策を継続しながら、1学期の反省を十分にして、中堅学年である5年生にふさわしい夏休みにしてもらうことを期待しています。

  

遠足(5年生)

 梅雨明けの近い14日(水)の終日、遠足が行われました。他の学年が、遠足や宇和島学のため校外に出払っている中、校内での実施となりました。午前中の涼しい時間を利用して、清掃活動や教室のワックス掛けを行い、その後に昼食休憩を挟んでスポーツを実施しました。男子はサッカーとバスケットボール、女子はバレーボールとドッジボールを行いました。やはり球技は盛り上がりました。熱い中でしたが、勉強を忘れて楽しい時間を共有することができました。

 

 

 

 

四国総体に向けて

 6月初めに実施された全国高校総体愛媛県予選では、多くの部活動が参加して活躍をしました。中でも特筆すべきは、弓道部と陸上部です。弓道部女子は、決勝で惜敗をして準優勝でしたが、久しぶりに四国大会に矢を進めました。今週末の19日(土)、20日(日)に徳島で開催される大会では、正射必中(セイシャヒッチュウ)を狙って頑張るとのことです。

 陸上競技部の藥師寺君は、400mハードルで記録更新を狙います。大会は松山で開催されます。両部ともに現地での応援は叶いませんが、宇和島の地でみんなで応援しましょう。

タブレット用保護ケース配付

    本日14日(月)、一人一台の学習者用端末に使用する保護ケースが、購入希望者に配付されました。今後、学校へ持ってくる機会が増えると思いますので、是非利用してください。 

 学習者用端末については、先般全校生徒に配付されましたが、各教科の授業や教科外での利用も少しずつ進んでいるようです。ウィズ・コロナ時代の到来で、リモート学習やリモートワークがますます増えると予想されています。ICT機器を上手に使って、学習効率が上がることを期待しています。

 

第1学期スポーツ・デイ(5年)

 好天に恵まれた10日(木)、全校でスポーツ・デイを実施しました。昨年の今頃は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、実施はできませんでしたが、今年は各学年で種目を工夫して実施ができました。企画・運営をした生徒会、審判等を担当する生徒達にも感謝です。気温が高くなることが予想される中で、熱中症に十分注意して実施しました。翌日からは、気持ちを切り替えて、学習にも積極的に取り組んでもらうことを願っています。

  

  

  

体育の授業の様子(5年)

 梅雨の一休み中の28日(金)、5年生が行っている体育の授業を撮影しました。グランドでも体育館でも楽しい歓声が聞こえてきました。教室内ではマスク着用で授業を受けますが、体育の時間はマスクを外してプレーすることも出来ます。暑さが厳しくなる中、コロナウィルスの感染拡大対策も依然として重要ですが、これからは熱中症対策も併せて必要になってくるようです。みんなで乗り切りたいですね。

  

  

校内散策

    梅雨の晴れ間の26日(水)、校内を散策してみました。今年赴任された熱心な先生によって、中庭の花壇にも花々が植えられ、きれいに咲き始めています。この時期、校門近くのサツキも赤く咲き誇っており、来客の目を楽しませてくれます。校内をよく観察していると、キジバトが巣を作って卵を温めていました。鳥にとっては安全な場所となっているのでしょうね。静かに見守っていきたいですね。

  

  

  

朝読の時間(5年生)

    中間考査明けの本日24日(月)も、各学年ともに朝読の時間で1日が始まりました。朝読については、県下の多くの学校でも実施しているようですが、本校ではもう10年以上も続いており、生徒にとってプラスになるものと考えて実施しています。知識は活字を通して得られるものも多いと思います。映像を見ることが増えている昨今、ジャンルを問わずお気に入りの1冊を少しずつでも読み進め、落ち着いて1日を始めたり、新たな識見を得るきっかけにしてほしいものです。

  

  

スポーツで交流(5年生)

 本日7日(金)に、5年生はホームルームの時間に体育館でスポーツをして、楽しい時間を過ごしました。あいにくの雨で、外での活動は出来ませんでしたが、男子はバレーボール、女子は恒例のドッジボールをしました。

 マスクをしてのスポーツ活動はなかなか大変ですが、生徒達は元気にボールに追いかけたり、ボールから逃げていました。まだまだ普段通りの生活ではありませんが、学年のみんなで仲良く過ごせる時間を大切にしたいものです。

昼食の様子(5年生)

 5連休明けの本日6日(木)は好天に恵まれ、生徒が元気に登校しました。連休中には部活動で予選などの大会があり、たくさんの生徒が県大会や全国大会の出場権を得ました。

 現在愛媛県は「感染対策期」となっており、日ごろの生活でも十分に注意して過ごす必要があります。教室では、マスクを外して昼食を摂りますが、対面では食べないように指導しています。また、教室以外の利用も促しています。教育活動が普通に行えるようにするためにも、一人一人が自分のこととして捉えて、感染防止に努めたいものです。

  

  

面接週間始まる

 新年度が始まって以降、各学年の生徒は多忙な学校生活を送っています。特に1年生は、環境が変わって戸惑うことも多いかと思います。昨日12日(月)から16日(金)まで、面接週間となっています。短い時間ではありますが、面接では学校生活などに関することで、担任の先生と話をしている光景が目立ちます。
 年度始めで様々な行事が目白押しですが、きちんとした生活習慣を身につけ、新型コロナウィルスの感染拡大防止に全員で警戒を怠らず、まずは今週を乗り切りましょう。

  

  

新学期始まりました

 本日4月8日、令和3年度新任式が行われ、新たに12名の先生が紹介されました。その後、校長先生より式辞があり、南中の生徒に期待することなどを話していただきました。
 5年生は武道場で学年集会がありました。今年は大きな行事が控えている一方で、後半には南中のリーダーを務めることも多くなります。気持ちを新たにして、未見の我を発見してほしいものです。期待しています。

  

  

  

  

  

  

5年生 進路講演会

 本日12日(金)の⑥時限目に、5年生対象の進路講演会が実施されました。例年であれば、外部講師を招いて進路に関する最新の情報提供となる場ですが、今年は進路部長の講話を実施しました。内容は、①推薦入試の種類について、②それぞれの推薦入試のスケジュールに関すること、そして③どのような対策をしておくべきか、についてです。
 進学するにしろ、就職するにしろ、今のコロナの状況によっては見通しが立ちにくい面がありますが、できることを着実に、しかも全力で実行して、悔いの残らないようにしたいものです。

  

芸術科(美術) 研究授業 (油彩画)

 本日、芸術科(美術)において、4年生対象の研究授業が行われました。

単元は「油彩画」。「フェルメール『青いターバンの少女』を鑑賞する」を主題に、タブレット端末を用いて作品の鑑賞を行いました。世界の美術館をVRで見学できるということで、生徒たちは興味を持って、タブレットの操作をしながら、世界の芸術作品を堪能しました。今日の主題である『青いターバンの少女』の画像を細部にわたって観察し、作者の工夫点や制作の過程を考察。次回の自画像の制作に生かせるよう、学ぶことのできた授業でした。