カテゴリ:UGI

「高校生まちづくり課」発足式

 昨日、宇和島市立中央公民館にて、「高校生まちづくり課」の発足式が行われ、本校生徒6名が参加しました。

 「高校生まちづくり課」とは、宇和島市役所が主催する、高校生たちが自分のアイデアを出し合い、宇和島の活性化を図るという取組です。発足式を通して、生徒たちは、新型コロナウイルスの影響でさまざまなことが制限されている状況だからこそ、自分たちにできることを主体的に考えていくという共通認識を持つことができました。

 今後の活躍に期待しています!

うわじま圏域子ども観光大使基礎講座

 7月18日(土)、うわじま圏域子ども観光大使実行委員会主催の「うわじま圏域子ども観光大使基礎講座」が開催され、その講師として本校の5年生3名が参加しました。この講座は小学生を対象に、宇和島の魅力を伝えることを目的に開かれるものです。

 今年度は、オンラインでの講座となりましたが、一方的に授業を行うのではなく、随時、小学生とコミュニケーションを取りながら、宇和島圏域のさまざまな魅力を伝えることができました。このような活動を一つのきっかけとして、宇和島のさらなる発展に貢献していきたいと思います。

 

グローカルアクティビティⅠ

     GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
    今回は、それぞれの班に分かれ(水産業班、かんきつ業班、まちづくり班、企業班、文化班)活動しました。自分たちが疑問に思ったことや推測したことをメモしながら、書籍やインターネット、また先輩たちの先行研究をもとに情報収集を行いました。自分たちの研究する分野について、事前にできるだけの知識を身に付け、地域において今後フィールドワークを行う際に、役立てていきたいと思います。
 

グローカルアクティビティⅠ

 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、宇和島市教育委員会より西澤昌平先生をお迎えし、「宇和島の歴史と文化」という演題で、御講演いただきました。宇和島の文化についてのお話では、宇和島の有形・無形文化財を、その特徴とともに鮮やかな写真で紹介していただきました。また宇和島の歴史についてのお話では、弥生時代の遺跡の発掘調査が行われているという、最古ながらも最新の宇和島の歴史的発見を教えていただきました。生徒たちも、宇和島の持つ文化的・歴史的魅力に改めて気付いたようです。西澤先生、素晴らしい御講演ありがとうございました。
  

4年生の取組 ~グローカル・アクティビティⅠ~

    本日11日(木)の⑤と⑥限目を使って、4年生はグローカル・アクティビティⅠの研究課題を進めました。内容は、課題研究の個人のデモ版を、インターネットを活用しながら作成をして、その後、個人で考えた案を持ち寄って、班としての構想をまとめるものです。

    単に調べ学習にならないように担当教員が適宜助言しながら作業を行いました。考査明けの25日(木)では、講師を招いて「宇和島の歴史と文化」という題の講演会を実施する予定です。

 

GA(グローカル アクティビティ)Ⅰ

   GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、「宇和島の2つのP」を考えました。2つのPとは、Pride(誇れる点)とProblem(問題点)です。先輩たちの先行研究を参考にしながら、地域に対する自分の考えを表明しました。様々な意見をシェアすることで、これから始まる研究活動に弾みをつけることができました。
  

 

グローカル・アクティビティⅠ ~4年生の取組~

 本日5月28日(木)、久しぶりにグローカル・アクティビティの活動が行われました。内容は、班決め、研究分野の希望調査記入、先行研究の分析(先輩のポスターから学ぶ)、そしてその先行研究のアーカイブ化(分野別のファイリング)です。

 まちづくり(防災・減災)、柑橘、水産、企業そして文化関係の5分野で生徒達は研究をしていきます。より深く考えることを通して、各分野の知識や理解を深めてほしいと考えています。

                                                学年主任 東 敏郎

グローカル・アクティビティⅡ

 グローカル・アクティビティⅡでは、5年生が地域の課題について研究活動を行います。
今回は、先輩たちがこれまでに制作したポスターを先行研究として、それぞれの良い点や発展させたい点などの分析をしました。
いよいよ本格的に始まろうとしている研究活動が地域活性化につながるよう、これからしっかりと取り組んでいきましょう。

 

グローカル・アクティビティⅠ

 グローカル・アクティビティ(GA)とは、宇和島南グローカルイノーベーション事業(UGI)の取組の一つで、4年生全員が木曜日の5・6限目に、地域(ローカル)の課題を、グローバルな視点でとらえ、解決を図ろうとする課題研究活動です。
 第1回目は、本校堀内教諭による「UGI事業とは~グローカル・アクティビティの意義~」と題して、事業の概要とグローカル・アクティビティの計画の説明が行われました。SGH事業での先輩たちの研究成果を受け継ぎ、UGI事業でも、高校生ならではのみずみずしい感性で、地元を活性化できる活動を考え、行っていきたいと思います。
 

SGアクションⅠ

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6限目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。今回は、先週の校内ポスター発表会の振り返りを行いました。それぞれの班に、参観した生徒や関係の方々からの評価や感想を記した用紙が配られ、それも参考にしながら、自分たちのポスター発表に対するまとめを行いました。声の大きさや目線といったプレゼンテーションの仕方に関するアドバイスや、内容に関する質問など、参加した多くの生徒や関係の方々から、有益なコメントをいただきました。代表の班には、3月に南予文化会館で行われるSGH事業研究成果発表会で発表をしてもらいます。