カテゴリ:SGH

SGアクションⅠ

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6限目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。
 本日は、課題研究「かんきつ」の生徒たちが、愛媛大学の先生に御指導をいただきました。ほかのカテゴリー(水産、まちづくり、防災、企業、アジアの文化)の生徒たちは、それぞれパソコン室でのリサーチと教室での話し合いとに分かれ、活動しました。「アジアの文化」カテゴリーに属するある班は、インドネシア留学生へのインタビューを通し、宇和島の活性化につながるヒントを探っていました。生徒たちは、集めたたくさんの素材を生かし、研究をより深いものにしていこうと奮闘しています。
  

宇和島インフォメーションボード(第6回)

 SGH事業の一環で、宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を続けています。

 今回は、「宇和島城」を取り上げました。宇和島市のシンボルでもある宇和島城は、歴史的価値が高く、何より天守閣からの眺めが最高です。ツーリストの皆様にぜひ訪れてもらいたい観光ポイントをアピールしてみました。

SGアクションⅠ

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6限目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。
 今回は、課題研究カテゴリー「アジアの文化」の生徒たちが、愛媛大学の先生から御指導いただきました。ほかのカテゴリー(水産、かんきつ、まちづくり、防災、企業)の生徒たちは、先週大学の先生たちからいただいたアドバイスをもとに、グループごとに研究を進めました。
 

SGアクションⅠ 

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6時間目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。
 今回は、大学の先生方を講師としてお迎えし、課題研究のカテゴリー(水産、かんきつ、まちづくり、防災、企業)ごとに分かれた生徒たちを御指導いただきました。夏休みにフィールドワークに取り組み、自分たちの足で集めてきた情報を、今後の研究にどう活用していけるかなど、より具体的な研究方法を先生方に相談することができました。
  

 

令和元年度えひめ高校生ハワイ派遣事業参加生徒の県庁表敬訪問

 愛媛県と米国ハワイ州の交流促進を目的として毎年実施されている「えひめ高校生ハワイ派遣事業」に、本校生徒が、県の高校生代表8名のうちの一人に選ばれ、9月9日(木)に県庁を表敬訪問しました。愛媛県教育長との懇談では、研修における抱負をひとりひとりが発表し、派遣事業への意気込みを述べました。本校生徒も、代表となる名誉と、選ばれたことに伴う責任とをしっかり理解し、準備を進めていく決意を強くしたようです。

  

 

宇和島インフォメーションボード(第4回)

 SGH事業の一環で、宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を続けています。
 今回は、真珠を知る体験を取り上げました。土居真珠さんでは、真珠を母貝の中で育てるところから、取り出す過程までを見学できるうえ、真珠のアクセサリーを作ることもできるツアーを行っています。地場産業をじっくり知ることのできる良い機会ですので、外国の方だけではなく地元の私たちにもおすすめのツアーだと思います。ぜひご覧ください。
 

アデレード短期語学研修(報告23)

  本日(8月14日)午前9時ころ、研修に参加した生徒全員が元気に松山空港に到着。約2週間ぶりに日本に帰ってきました。みんなどことなく逞しくなったように見えました。この研修を今後の糧にして、新学期からもがんばってね。でもまずは、ゆっくり休んで疲れを癒してください。

アデレード短期語学研修(報告21)

    本日(8月 13日)は研修最終日です。午前中は、研修の集大成として、これまでグループごとに進めてきた健康に関する調査結果をプレゼンテーションしました。その後、研修の修了証をいただき、お世話になった先生方や仲間たちとのfarewell lunch。アデレードに名残はつきませんが、午後からは、いざ日本を目指して出発します。

   

アデレード短期語学研修(報告20)

    参加している本校生徒から現地の声が届きました。
 「今日(8月11日)のランチは、ホストファミリーの大好物だと言うホットドッグを食べに行きました。とてもボリュームがあり、一人では食べきれないほどでした。その後、アデレードの街が一望できる場所に連れていってもらいました。ちょうど雨がやんで、きれいな虹も見えました。残りわずかなこの研修を最後まで精一杯頑張ろうと思います。」

  

宇和島インフォメーションボード(第3回)

 SGH事業の一環で、宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、活動を始めました。このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行っていきます。
 3回目の今日は、「薬師谷のそうめん流し」を取り上げました。生徒たちが実際に取材に出かけて、そうめん流しを体験したこともあり、旬な情報になっています。誰にでも理解しやすい英語を使っているので、外国人の方のみならず、お盆に帰省している家族連れにも満足してもらえる内容だと思います。ぜひご覧ください。そして次回以降もお楽しみに!

アデレード短期語学研修(報告⑰)

 8月8日(木)、午後からは講師の方に来ていただき、アボリジニについて学びました。本来はLiving Kaurna Cultural Centerへ行き、ユーカリの森などを歩きながらアボリジニの文化や歴史を学ぶ予定でしたが、残念ながら悪天候のため中止となりました。その後、マリオンショッピングセンターという大型ショッピングモールに行き、各々がお土産を買うなどして楽しみました。

  

  

 

SGH国内フィールドワーク(八幡浜・別府)第3日目 

 8月6日(火)、この日は台風8号の影響で、予定していた平野資料館は訪問できませんでしたが、資料館の方がわざわざ旅館に来てくださり、講演していただきました。その後、生徒たちは今回のフィールドワークで学んだことをまとめたり、発表の準備をしたりしました。天気が回復した午後からは、大分の街を散策しました。旅程が1日延び、生徒たちは8月7日(水)の昼過ぎに帰校予定です。

  

  

  

  

 

アデレード短期語学研修(報告⑮)

 8月7日、今日のアデレードの天候はあいにくの雨ですが、本日も生徒は元気に授業に参加しています。午前中は、最終日のプレゼンテーションに向けパソコンを使って準備をしています。

 

アデレード短期語学研修(報告⑭)

 参加している本校生徒からの現地の声が届きました。
 「今日(8月6日)の午前中は、午後からの活動につながる健康についての授業を受けました。午後からは、大学附属のAnatomy Museumを見学しました。そこで、医学を専攻している学生がどのようなことを学んでいるのかを知ることができました。明日からもたくさんのことを吸収できたらと思います。」

  

  

高校生留学フェア

 松山市のにぎたつ会館で行われた「高校生海外留学フェア」に、本校の生徒と教員が参加しました。
 「高校生海外留学フェア」は、県内高校生とその保護者を対象に県教育委員会が主催する留学に関する情報を提供する会で、本校からは昨年度アデレード語学研修に参加した生徒のうち2名の代表者が発表を行いました。自分たちの海外での経験や学びをユーモアも交えながらプレゼンテーションすることができました。多くの愛媛の高校生たちが海外に興味をもつきっかけになればと思います。

 

 

 

 

アデレード短期語学研修(報告⑬)

 本校参加生徒から現地の声が届きました。
 「今日(8月5日)は、班のみんなでプレゼンテーションの準備をしました。午後からは、アデレードの高校生と交流しました。同年代だったので、とても楽しかったです。明日からも残り少ない時間を楽しみたいと思います。」