カテゴリ:その他

給食「がんばろう宇和島~鯛の日~」

 11月26日(金)の給食は「地産地消の日献立」です。宇和島市産の鯛を使った「がんばろう宇和島 ~鯛の日~ 」の献立でもあり、今日は遊子の鯛をシンプルな塩焼きで味わいました。秋の味覚であるきのこの炊き込みごはんには、しめじ、しいたけ、まいたけが入っていました。豚汁には大根、白菜、ごぼうなどたくさんの具材が入っていて、旬の味を楽しみました。栄養満点の給食メニューに、ALTのモニカ先生も「おいしい!」と舌鼓を打っていました。

 

校内読書会

 読書の秋です。10月13日の放課後、図書室で、図書委員会主催でビブリオバトルを開催しました。参加生徒は各自でおすすめの本を持ち寄り、4班に分かれて、チャンプ本を競い合いました。どの班も班長を中心にたいへん盛り上がっていました。

 随筆あり、小説ものあり、新書あり・・・各班、バラエティに富んだ本がそろいました。今回も各自がおおいに語り尽くした読書会。本を通じて心が重なり合った、心地の良いひとときでした。

 

人権集会を実施しました

本日、全校放送による人権集会を実施しました。まず最初に、前人権委員長の神森さんに「パラリンピックを見て」と題した人権だよりを朗読してもらいました。次に、前期生の代表として2年1組の清水さんに「シトラスリボンとシトラスツリー」と題した人権作文を朗読してもらいました。また他にも人権委員が夏休みに参加した研修の活動報告もありました。これからも、いろいろな人と出会う中で、様々な人権問題に関心を持ち、それらをより「自分ごと」としてとらえ、積極的に行動できるよう、一生懸命に活動していきたいと思います。

なお、前期美術部の生徒が制作し、さらに3年生の人権委員がアフレコを担当した「人権紙芝居(児島惟謙の一生)」が宇和島ケーブルテレビにて24日(金)夕方18時より随時放送されます。ぜひご覧ください。

 人権だより(9月).pdf

ICT機器利用研修会

 第2学期が始まる前日の24日(火)の午前中に、全教職員を対象にして、教室に新たに設置された電子黒板とプロジェクターの利用の仕方を確認する研修会がありました。今までの黒板が電子黒板に変わっただけで、利用の可能性が大いに広がり、教育効果が上がるのを実感できました。まずは、「習うより慣れろ」の言葉通り、利用機会を増やして、授業の改善にも努めてまいります。

給食試食会

6月8日(火)本校試食室にて、給食試食会を行いました。

 前期生保護者10名(1年生5名、2年生2名、3年生3名)に参加していただきました。

 試食会に先立ち、栄養教諭の亀田先生から「食育に関するミニ講義」が行われ、給食センターでの調理の様子や減塩についてのプレゼンを行いました。その後、参加者で協力して配膳をし、給食を試食しました。メニューは鯛の日になっており、「もち麦ごはんの鯛丼・さつま芋と大豆といりこの揚げ煮・みかんジュース」でした。参加していただいた皆さんでおいしくいただきました。食事中には生徒の給食風景の映像を流して普段の様子も見ていただきました。

 コロナ禍ではありますが、人数制限やパーティションの設置、手指消毒等の対策をすることで、PTA活動を行うことができて良かったです。参加していただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。

食育に関するミニ講義配膳の様子1

 

 

 

 

 

 

 

 

配膳の様子2試食の様子