カテゴリ:全校生徒

人権を確かめあう日です。

 今日は、今年初めての人権を確かめあう日です。担当は5年3組の人権委委員です。大竹先生が『「ポリティカル・コレクトネス」から考える人権感覚を高めるために大切なこと』と題してお話してくださいました。東京ディズニーランドの園内アナウンスを例に、多様な性自認・性的指向の人々に対する理解が深まってきていることを紹介されました。正しい知識を身に付け、行動を起こすためにも、年間4回の人権・同和教育学活、ホームルーム活動の時間はもちろんのこと、普段の授業をはじめとする学校生活全ての場面で、何かを学ぼうとする意識を持ち、人権感覚を磨いていこうと伝えてくださいました。

 

第3学期始業式

 1月7日(金)に第3学期の始業式が行われました。入学者選考検査のために、他の県立学校よりも早めのスタートとなりました。式辞の中で校長先生は6年生にエールを送るとともに、各学年の生徒はこの3学期が次の学年のゼロ学期であると考えて、努力を継続するようにと言われました。

 新型コロナウイルスの変異株の感染が広まる状況です。基本的な感染対策を怠ることなく、すべきことをしっかり行い、実りの多い3学期にしたいものです。

人権を確かめあう日です。

 今日12月10日は、今月の「人権を確かめあう日」です。そしてまた、国連で世界人権宣言が採択された「世界人権デー」でもあります。数学科の宮本万理子先生が、「『ワイルド・スピード』に学ぶ人種の多様性」と題して、お話をしてくださいました。今月の放送担当は5年2組の人権委員2人です。宮本先生から、生徒たちにも身近な映画を題材に、グローバル化が進む現在、人種や言葉、文化が違っても、互いを受け入れて認め合っていくことの大切さを伝えていただきました。

 間もなく冬休みがやってきます。普段よりも時間の余裕が持てる冬休みを利用して、「ワイルド・スピード」を見てみるのはどうでしょう?アクション映画を楽しみながら、人種の多様性についても考えてみませんか。

 

文化部発表会

  さる10月28日、文化祭の代替行事として、文化部発表会が行われました。前期生と後期生を入れ替えて、体育館でのステージ発表を観覧。優美な箏の音色を奏でる邦楽部の演奏、迫力ある吹奏楽部の演奏を楽しみました。

  保健委員会の「免疫力アップ」をテーマにした展示、家庭科学部の可愛らしい手芸作品、華道部の華やかで凜とした生け花、臨場感ある写真部の作品、熱のこもった美術部の作品、科学部の楽しそうな実験展示、インターアクト部の活動紹介など、校舎内を様々に彩りました。宇和島南の文化が花開いた一日。生徒の皆さんの豊かな感性が表現され、日頃の文化活動の成果の発表をすることができました。

 

文化部発表会に向けて

 10月8日(金)で、全学年中間考査が終了しました。来週は結果が返却されますが、何事も振り返りを十分に行って、次に備えておくことが勉強でもあります。健康管理に十分留意して、登校しましょう。

 考査後は、月末に予定されている文化部発表会に向けて、練習を本格化した2つの部活動の撮影をしました。部によっては、各部屋に分散して、しかも新型コロナウィルスの感染拡大防止対策を十分に行って、練習をしていました。発表会当日に練習の成果が十分に発揮できることを期待しています。

 

 

体育祭総練習

 本日は、体育祭総練習でした。

時折、にわか雨にも見舞われましたが、無事に全日程を終了しました。

各係の役割分担や競技中の位置・配置などの確認を行い、本番に向けて準備万端です。

 素晴らしい体育祭になるよう、あとは体調をしっかり整えましょう。

 

孤独・孤立対策ホームページ(内閣官房)開設のお知らせ

 社会全体のつながりが希薄化する中で、新型コロナウィルス感染症の拡大により、またそれが長期化することにより、孤独や孤立に悩んでいる人が増加していることが懸念されています。

 こうしたことを踏まえ、内閣官房孤独・孤立対策担当室において、子ども向けの『孤独・孤立対策ホームページ』

が新設され、長期休業明けにあたるこの時期に公開されることになりました。ホームページのアドレスは下記の通りです。生徒の皆さんもアクセスしてみてください。

http://notalone-cas.go.jp/under18/

 

 

 

8月後期セミナー始まる

 梅雨を感じさせる8月17日(火)に、前期の1、2年生を除いて、後期セミナーが始まりました。期間は、土日を挟んで23日(月)までの5日間です。途中で、オンライン授業の試行日があるので、在宅での学習となる学年もあります。2学期始業式の日には、実力テストが予定されていますので、夏課題を確実にこなして、万全の準備でテストに臨んでほしいものです。

 なお、各教室には夏休み中を利用して、ホワイトボードとプロジェクターが設置されました。私たち教職員が電子黒板を効率的に利活用できるよう、研究と実践を積み重ねていきます。

 

8月の部活動

 8月になっていよいよ暑さも本番ですが、校舎内外では生徒が元気に部活動を行っています。新人大会が近い部もあり、練習に力が入っています。県下では、熱中症警戒アラートも出ていますので、こまめに水分補給をして、暑い中での部活動を乗り切ってほしいものです。

  

  

  

第1学期終業式

 7月20日(火)に、表彰伝達式の後、第1学期終業式が放送にて行われました。式辞の中で校長先生が、「今年は部活動の大会が実施され、当たり前のありがたさを再認識した年でした」との言葉がありました。

 また、前回のオリンピックで、レスリングの吉田選手が銀メダルを獲得したことに言及し、「結果だけでなく、その過程を大切にする姿勢が大切である」と述べられました。吉田選手は、金メダルを期待される中、銀に終わったことを、「負けた人の気持ちが分かり、自分を成長させてくれた大会だった」と述べたそうです。

 夏休み中は、普段にはできないことが自由にできる時間があります。言うまでもなく、コロナウィルス感染対策を十分に継続実践して、実りの多いものにしてほしいものです。