カテゴリ:6年生

6年生のみなさんへ

 

6年生の皆さん、最高学年として自覚ある行動が家庭でもできているでしょうか。

今、世間ではスポーツ選手や芸能人による動画配信が注目を集めています。限られた状況での工夫した練習方法や、医療現場などで闘う方々への感謝の気持ちを表現したもの等が配信されています。今こそ、自分たちの将来を見据え、全力で想像し、地道に実践していくことが試されています。

これは、6年生の皆さんなら、できる。昨年までに高めた「想像力」(昨年の学年目標)をもとに、このピンチをチャンスに変える「実践力」(今年の学年目標)を発揮していきましょう。今こそ、6年生の背中を後輩に見せるとき。6年団「ONE TEAM」でまた明日も頑張りましょう。

 

年末大掃除

 冬季セミナーは、本日27日までです。2019年も残すところ数日となりました。今週、各学年で教室のワックスがけ、清掃を行いました。

 3学期は、1月7日(火)スタート。始業式、身だしなみ、実力テストがあります。きれいになった教室で、来年も気持ちを新たに頑張りましょう。皆さん、よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

6年生―最後のスポーツデイ―

 

 2学期の後期生のスポーツデイが本日(11日(水))行われています。女子は体育館でバレーボール、男子はグランドでサッカーを楽しみます。6年生にとっては最後となる行事で、生徒達は寒さに負けずにプレーしています。この行事のために準備をしてくれた生徒会や、審判をしてくれている生徒達に感謝して、本日1日を怪我無く過ごしましょう。

 

 

 

 

今朝の登校風景(自転車)

 

 ぐっと寒さが厳しくなりかけた今日も、生徒は元気に登校しています。通学路には写真にあるような危険箇所が所々あり、十分な注意が必要です。本校の自転車通学生は500名を超えており、自転車での登下校時のマナーは、まだまだ改善が必要です。一人一人が地域の方々と道路をシェアーしている(共有している)ということを考えて、交通マナーの一層の改善に努めましょう。何よりも自分の命にも関わることですから。

 

 

 

 

6年生頑張ってます―2学期末考査

 

 令和元年度早くも師走。一説では、師走とは「師匠である僧侶が、お経をあげるために東西を馳せる、つまり師馳す(しはす)」から来ているとか。6年生にとっては、2学期自体が師走のように早く過ぎ、現在2学期末考査に懸命に取り組んでいます。良好な成績を収められるといいですね。

 

 

 

 

 

体育祭―やってくれた6年生

 

 雨天続きで練習も十分にはできなかった今年の体育祭でしたが、本日9月5日(木)になんとか実施できました。今年の6年生は、例年以上の集中力を発揮して、期待以上の体育祭に仕上げてくれました。さすがは南中等の生徒であるとあらためて感心しました。

 連休の間、十分に休息して疲れを取り、月曜日からの普段の学校生活に取り組みたいものです。大変お疲れ様でした。           

  

 

体育祭―四国民謡めぐり練習

 

 5年生と6年生が披露する「四国民謡めぐり」も体育祭の定番で、楽しく見聞できるプログラムです。特に保護者の方々にとっては、よく見える席で見てみたいパフォ―マンスです。高知の「よさこい鳴子踊り」、地元の「宇和島踊り」、香川の「金毘羅舟々」、徳島の「阿波踊り」と続きますが、最初の三つは各団の教員も参加して踊ります。最後は各団の工夫を凝らした踊りを見ることができ、楽しみです。

 いよいよ後期のセミナーも終了し、民謡の練習もリーダーを中心に始まりました。体育祭本番が近付くにつれて、朝練習もあります。最高の演技ができるように頑張ってほしいものです。

 

体育祭の準備再開

 

 来る9月5日(木)の体育祭の準備が再開されました。今年の体育祭は、「継げ 伝統 彩れ 令和」のもと行われます。各団ともに自分たちの色を全面に出して、創意工夫しながら、本番に向けて準備を再開しました。

 毎年のことながら、準備期間が短いにも関わらず、当日見事なパフォ―マンスを披露してくれる本校生の集中力には感心します。令和元年度の体育祭がみんなの心に残るものになることを期待しています。  

  

  

民謡練習(6年生)

 

 来る9月5日(木)の体育祭では、5年生と6年生による「四国民謡めぐり」が行われます。練習も少しずつ始まりましたが、6年生は昨年の経験があるので、動きがスムーズです。この調子で踊りの完成度を上げ、後輩の指導を行ってもらいたいです。そして、どの団の生徒たちも優勝を目指し、創意工夫を凝らした踊りを披露してくれることを期待しています。

 

 

 

あいさつ運動(バレーボール部)

 

 毎週金曜日になると、バレーボール部員が、正面玄関前で、通学してくる生徒にあいさつをしています。これは、全校挙げてあいさつに力を入れるという活動の一環であり、顧問の先生の考えでもあります。

 梅雨の時期で心も体も湿っぽくなる毎日ですが、先輩や同級生のあいさつの声で、一日を気分よく過ごせるのがいいですね。バレーボール部の皆さん、ありがとうございます。

 

 

 

朝の読書風景(6年生)

 

 本校は、全校的な取り組みとして、7時25分からの10分間を「朝の読書の時間」に設定して、みんなで本を読むことにしています。この「朝読」の時間を通して、豊かな心を育てるとともに、物事を深く考える姿勢を養っています。各生徒は、自分の興味関心に応じて、様々な本を持参して読んでいます。この取り組みのおかげで、授業前に、心の落ち着きが得られたり、授業に集中できる心の余裕が生まれたりしていると感じています。

 そして、この「朝読」を契機として、読書に目覚め、さらに読書数を増やす生徒もいます。実際、授業後の休憩時や昼休み中に読書をする生徒をたくさん見かけます。今後もみんなで読書に親しみたいものです。

 

 

壮行会および体育祭結団式

 

 7月9日(火)のスポーツデイに、壮行会と体育祭結団式も行われました。

 後期水泳部の四国大会、陸上男子個人と少林寺拳法個人のインターハイ、前期中学県総体、後期の囲碁部と写真部の全国大会及び後期野球部の夏の甲子園愛媛県予選に出場するそれぞれの選手の壮行を、全校で行いました。各部代表あいさつ、校長先生激励の言葉、生徒会長あいさつに続き、選手を代表して陸上競技部の谷村洸紀君が、この大会に臨む決意を述べました。野球部は7月15日(月)に、今治中等教育学校との1回戦、中等対決が組まれています。各大会に出場する選手には、悔いの残らない全力プレーを期待したいと思います。

 また、9月5(木)に実施予定の本校体育祭の結団式がありました。校歌から取った名称の付いた四団に、それぞれの色の団旗が手渡され、各団のリーダーがそれぞれの団の選手を前に決意表明をしました。暑い中での練習となりますが、心に残る体育祭になってほしいものです。

 

 

 

 

第1学期スポーツデイ

 


 第1学期のスポーツデイが本日行われました。屋外競技も実施できるのではないかと期待していた朝、急な雨で体育館での競技に変更されましたが、前期生、後期生ともに時間を工夫して、スポーツを楽しみました。6年生は、入学時から親しんでいるドッジボールで汗を流し、途中からは、本校を訪問してきたアメリカの女子留学生二人も加わり、競技は大いに盛り上がりました。アメリカでのドッジボールとは多少違うとのことで、楽しい交流ができました。第2学期には6年生にとって最後のスポーツデイが行われる予定です。

 

 

 

 

小論文講演会(6年生)

 

 7月5日(金)のホームルーム活動で、小論文講演会が行われました。大学等のAO入試や推薦入試への対応と、社会に出て必要になるかも知れないスキルを身に付けることを目的として、外部講師の方を招き、貴重な講演をしていただきました。講師の方の「小論文は書くコミュニケーションである。」という言葉が印象的でした。

 社会ではSNS等を使った簡単な形での意思疎通が行われていますが、自分の考えを的確に表現することや、説得力を持った文章を書くことは、やはり必要なものであると認識しました。7月12日(金)には、本日学習したことを確かめるためにも、小論文模試を実施することにしています。

 

 

人権・同和教育ホームルーム活動(6年生)

 

 本日6月21日(金)のホームルーム活動で、差別に関わることを話し合いました。6年生は、「確かな進路保障に向けて」というテーマで、就職差別につながるおそれのある質問を見抜き、適切に対応する姿勢や態度を学びました。

 進学・就職で面接を受けることが予想される学年だけに、模擬面接等を通して、生徒は真剣にグループ学習を行い、自分たちのこととしてとらえられていました。差別の実態を知り、差別を許さない姿勢が身に付いていると感じました。

 

 

 

1学期末考査前の学年集会―6年生

 

 明日19日発表の期末考査を前に、6年の学年集会がありました。中間考査では不本意な成績に終わった科目もあり、今回の期末考査での挽回を期して、学年主任から、「毎日の学習内容をしっかり身につけて、その基礎学力の上にさらに学習を進めてもらいたい。8月以降の多忙な6年生にとっては、じっくり学習できる好機です。後悔のない考査期間にしてほしい。」旨の講話がありました。全員が真剣に耳を傾け、期末考査への意識を高めました。

 

 

 

教育実習生のホームルーム研究授業

 今日は、6年生のホームルームで実習をしてきた二人の教育実習生による研究授業が行われました。担任や副担任による普段のホームルーム活動とは多少違った雰囲気の中で、二人それぞれの個性や持ち味を生かした活動が行われ、生徒も楽しく活動していました。

 6年間在籍した学校で、多少なりとも顔を覚えている先輩実習生の授業は、中等教育学校ならではのものではないかと思います。実習生のうちで、実習期間が2週間の人は今日で終了し、3週間の実習生は次週も続きます。頑張ってほしいものです。

 

 

市・郡中学総体の結果

 

   29日(水)と30日(木)に行われた試合の結果です。県大会に出場を決めた個人や団体があり、7月の県中学総体での熱戦が楽しみです。生徒の送迎や応援をしていただいた保護者の皆様、声援をしてくださいました地域の皆様、大変ありがどうございました。

 

 

 

 

 

 詳細な結果は、こちらをクリックしてください。

市・郡中学総体開催される

 

 天候が好転した29日、市・郡中学総体が、予定通り開催され、各競技で熱戦が展開されました。前期生が分担して応援に駆けつける中、好成績を残した部活動が多く、県大会への出場権を獲得したところもありました。試合が続く部もありますので、全力プレーを期待しています。結果については、全試合が終わった後で掲載する予定です。

 

 

 

壮行会を開催(後期の県総体、前期の市・郡総体)

 

   令和元年度の県総体、市・郡総体の壮行会が、体育館で開かれました。校長先生からは、「君たちは一生懸命練習してきたのだから、負けても恥ずかしくはない。勝負を決めるのは、勝ちたいという気持ちがどれだけ強いかである。120%の力を出して、悔いの残らない戦いをしてきてほしい」との激励のことばがありました。

   各部代表のあいさつにも、「南中の代表として戦う、指導してもらった方々や保護者への感謝を忘れない」という言葉がありました。明日から始まる試合で、特に3年生と6年生には、思い出に残る戦いをしてきてほしいものです。期待しています。