南校日記

給食「がんばろう宇和島~鯛の日~」

 11月26日(金)の給食は「地産地消の日献立」です。宇和島市産の鯛を使った「がんばろう宇和島 ~鯛の日~ 」の献立でもあり、今日は遊子の鯛をシンプルな塩焼きで味わいました。秋の味覚であるきのこの炊き込みごはんには、しめじ、しいたけ、まいたけが入っていました。豚汁には大根、白菜、ごぼうなどたくさんの具材が入っていて、旬の味を楽しみました。栄養満点の給食メニューに、ALTのモニカ先生も「おいしい!」と舌鼓を打っていました。

 

笑う 愛顔つながる日 えひめ いじめSTOP!デイ

 先日、愛媛県の小中学生を対象として実施された「愛顔つながる日 えひめ いじめSTOP! デイ」県内一斉ライブ授業に、1年生がオンデマンド視聴で参加しました。センター校2校、リモート校4校の児童、生徒の発表や意見交換をメモを取りながら聞き、しっかり考えることができました。ライブ授業の最後には、タブレットを使ってアンケートに回答です。タブレットの操作法をお互いに教え合いながら、スムーズに進めることができ、「自分たちがこれから頑張りたいこと」を発信することができました。

 

 

 

 

人権・同和教育の取組(愛媛新聞)

 本校生徒の人権・同和教育の取組が本日の愛媛新聞に掲載されましたので転載します。

 

 「宇和島出身の裁判官テーマに教材」2021年11月26日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20211126-02)
  愛媛新聞ONLINE(http://www.ehime-np.co.jp) 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 本日は、ポスター制作の続きをする班や、アンケートを作成する班など、様々な活動が見られました。このような活動を通じて、生徒たちのICTスキルが着実に高まっているように感じています。積極的にICTを活用し、自己表現の幅を大きく広げていって欲しいと思います。

 

 

 

愛媛県中学校長距離継走大会

 11月20日土曜日にニンジニアスタジアムで愛媛県中学校長距離継走大会が開催されました。選手たちは力走し、結果は女子17位、男子14位となりました。大会までの練習を含め、3年生を中心に常にいい雰囲気の中よく頑張りました。来年も引き続き頑張りましょう。

 

3年生総合学習発表会

 11月17日(水)の5・6時間目に、3年生は総合学習『職業研究』の学年発表会を体育館で行いました。各クラスで代表に選ばれた生徒8名が、「一級建築士」「保育士」「通訳」「パティシエ」「介護福祉士」「音楽プロデューサー」「映像カメラマン」「弁護士」について発表したのですが、パワーポイントのまとめかたや発表の仕方もとても素晴らしかったです。また、その後の質疑応答では積極的に質問や感想が発表され、とても充実した学びの機会となりました。

 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。今回は3名の大学の先生方をお招きし、課題研究に対するアドバイスをいただきました。アンケート調査を実施し、そのデータをもとに研究を進めている班も多く見られます。ポスター制作では、自分たちの研究の「背景」や「意義」をしっかりと伝えることを意識して制作してください。見やすく、分かりやすいポスターになることを期待しています。

家庭科学部 お菓子作りを再開しました

 

 

 家庭科学部では、今月から、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため控えていた、お菓子作りを再開しました。11日には「プチ・ショコラ」、17日には「アイシングクッキー」を作りました。約4か月ぶりでしたが、前後期生が和気あいあいとした雰囲気の中で、久々のお菓子作りを楽しみました。また、10月下旬に、後期生7名が中庭に植えたパンジーも元気よく育っていますので、ぜひ癒されてください。

校内研究授業(2年2組道徳)

 17日(水)5時間目に2年2組で門田先生と宮崎先生の道徳科の研究授業がありました。主題は「SNSとどうつき合う?」です。SNSの使用を通してトラブルに巻き込まれる題材から、自分たちはどのようなことに心掛け使用していけばよいのかを考えました。

 

新ALTモニカ先生との初授業

 11月17日(水)の5限目に、先日本校に着任した新ALTモニカ・ハンド先生が、ティームティーチングで4年生と初授業を行いました。まずモニカ先生がプレゼンテーションソフトを使って自己紹介をし、生徒が英語で質問を行いました。その後、『宇和島で生活するうえでちょっといい情報』を、生徒がプレゼンテーションしました。10グループに分かれて、10個の情報をモニカ先生にお伝えすることができました。先生が宇和島で生活していくなかで、お役に立てると嬉しいです。モニカ先生、これからよろしくお願いします!
 
 
 

ハワイプナホウスクールとのオンライン交流会(3回目)

  本日1時間目に、アメリカハワイ州のプナホウスクールの皆さんと、4年生が、オンラインによる交流会を行いました。3回目の今回は、お互いの学校行事を紹介する、ということで、本校からは、体育祭や文化祭、スポーツデイなどのイベントを紹介しました。体育祭の紹介では、「ガイヤというダンスを全校生徒で踊る」という紹介ののち、実際に踊って見せました。プナホウスクールの皆さんからも、プナホウカーニバルという大きな学園祭のお話などを伺いました。ありがとうございました!
 


人権紙芝居 愛媛新聞取材

人権紙芝居のDVD教材について、愛媛新聞の取材がありました。

これまでの活動を振り返り、緊張しながらも堂々と自分たちの思いを

伝えることができました。

11月11日~12月10日は「差別をなくする強調月間」です。

誰もが平等に生まれながらに持っている人権について考え、

差別を許さず、差別をなくす行動を起こしましょう。

 

校内研究授業(門屋先生)

 11月16日(火)の⑤限目に、英語担当の門屋先生による研究授業が、4年2組で行われました。「We Are the World」という教科書のレッスンを通して、学習した内容を自分の英語でリテールする授業を、一人一台端末などを使って、テンポよく進めていました。

 生徒も自信を持って発表し、他の生徒の発表に拍手をしていました。このレッスンを終えて、生徒たちは、人のために何ができるかを考える良い機会を得られたように思います。

 

 

文京地区6校合同地震津波避難訓練

 午前中、南海トラフ巨大地震を想定した避難訓練を6校合同で行いました。

避難場所は前期生は愛宕公園、後期生は天神小学校です。1時間目の授業担当

者の誘導により、生徒たちは真剣に訓練に臨みました。

 

 

iPadで作曲活動!!

 4年生の音楽選択者の授業は、作曲アプリで着信音作りに挑戦しています。非常にクオリティの高い着信音ができており、生徒たちが日頃から多様な音楽に親しんでいることが伺えます。

2年生「世界学」発表!!

10日(水)の5・6時間目に2年生は総合学習『世界学』のクラス代表発表会を武道場で行いました。代表の生徒はヨーロッパやアジアの宗教、文化、衣食住、日本との貿易等々を研究し、それをパワーポイントにまとめ、分かりやすく説明していました。質疑応答もあり、活気ある発表会になりました。

 

 

 

JR宇和島駅インフォメーションボード(第2回)

 宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストの方々に、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を、UGI事業の一環として今年度も続けています。
 新型コロナウイルス感染症の拡大により一時中断していたインフォメーションボード制作の活動を本格的に始めることできるようになりました。第2回目の今回は、『Our Pride, Uwajima』と題して、宇和島のナンバー1やオンリー1をたくさん詰め込んだ作品となりました。宇和島に来てくださる皆さんが明るい気持ちになっていだだけることを期待しています。
 

新ALTの先生のお迎え

 新型コロナウイルスの関係で、ALTの先生の着任延期や変更がありましたが、本校にも本日、新ALTのモニカ先生に来ていただきました。松山空港へお出迎えした後、午後、本校に到着しました。校長先生による英語での歓迎挨拶とモニカ先生の日本語による挨拶がありました。住居の準備や各種手続きなどをして、来週以降、授業にも加わっていただくことになると思います。

 生徒の皆さんと楽しい英語の授業ができることを期待しています。

 

(1年団)教育実習生による学級活動の様子

 11月5日(金)の6限目、1年4組で教育実習生の岡本先生が学級活動(自分を知ろう「人と個性」)を行いました。思春期の特徴について、先生自身の経験を交えながらの説明を聞いたり、実践例を参考にリフレーミング(短所を長所と置き換える)をしたり、友人の良いところをできるだけ付箋に書いて渡したりしました。

 授業後の感想では「自分の長所を褒められてうれしかった」や「短所だと思っていたことが長所だと言われてうれしかった」などがありました。ポジティブな言葉が飛び交う素敵な授業でした。

えひめ未来創造人材育成事業

 持続可能な社会の実現に向け、地域社会で主体的に活動する人材を育成するため、愛媛県が推進する「えひめ未来創造人材育成事業」の一環として、本校4年生が、保育園児に紙芝居動画を贈呈することになりました。
 本日は、生徒たちが作成した紙芝居の中から、選りすぐりの作品を動画に収録しました。生徒たちは、紙芝居の登場人物になり切ってアテレコを行ったり、いろいろなアイテムを手作りしたりして、紙芝居をよりたくさん楽しんでもらえるようがんばりました。
 園児の皆さん、動画楽しみに待っていてね!