南校日記

教職員心肺蘇生法実技講習会

 11月30日(月)、教職員30名が、宇和島消防署救急救命士の三好宣洋さんから、心肺蘇生法・救急法の講習を受けました。講習では、搬送方法や胸骨圧迫、AEDの使用方法等を実習しました。また、熱中症や過換気症候群の応急手当等についても分かりやすく御指導いただき、充実した講習会となりました。万が一の時には、迅速で適切な対応ができるよう、今後も教職員一人一人が救急法の技術を高め、安心・安全な学校づくりを目指したいと思います。お忙しい中、御指導いただいた消防署の三好さん、ありがとうございました

(3年団)英語のスピーチテスト実施!

 11月も今日で終わりですね。早いものです。期末考査3日目、今朝はぐっと冷えて、冬の気配が肌で感じられる1週間のスタートとなりました。本日は、3年生の英語の授業で行われた「尊敬する人についてスピーチをしよう」についてお伝えします。3年生は、例年期末考査前に、試験範囲でもあるこのパートで、全員がそれぞれの尊敬する人について英語でスピーチをします。自分の親に関するスピーチもあれば、好きな芸能人やスポーツ選手に関するスピーチもあり、バラエティに富んでいて、聞く方も楽しかったです。また、それぞれのスピーチの後には、感想や質問を受け付け、しっかりと英語でやり取りができていました。中には積極的に何回も質問した人も多くいました。次回は3学期に、「私の人生」というテーマでスピーチを実施する予定です。

気持ちのよい学校生活を送るために

 今、1年生はトイレの使い方を見直しています。次の人のことを考えて行動することができる人を目指しての取組です。1年生みんなに伝えてからは劇的にトイレがピカピカになりました。気付いた人がゴミを拾う、トイレットペーパーを替える、スリッパを揃え直すなど、自分のちょっとした気遣いで清潔感あふれるトイレになりました。そして、とても優しい気持ちになれました。今日の清掃時間、みんなが気持ちよく学校生活を送れるようにそれぞれが頑張っていました。教室も廊下もトイレ、洗面台、そしてわたしたちも大喜びです。

放課後の自主学習(4年生の活動)

    今週26日(木)から2学期末考査が始まります。日ごろの学習の成果が問われるテストとなりますが、どの学年も放課後に自主的に残って学習をしているシーンが目立ちます。グループ学習をして友達に聞いたり、先生に教えてもらったり、理解が不十分と思われる点の確認をしています。
    健康を崩しやすい季節で、しかも新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、各自が健康管理には十分留意して考査に臨んでもらいたいものです。

  

  

人権を確かめあう日でした。

 11月20日(金)は「人権を確かめあう日」でした。

 今月は、5年2組が担当、原稿は山中恵先生が書いてくださいました。教え子とのエピソードを紹介され、人は成長する、自分の心のありようによって変われるのだということ、そして、まずは自分を見つめ直し、周りを思いやれるような心のありようを大切にしようと伝えてくださいました。

 人権だより11月号では、人権委員の声に加えて、保護者の方からの感想、人権教育部によるコラムも掲載しています。ぜひ読んでください。

人権だより(11月号).pdf

2学期末考査発表

 本日1、2年生は2学期末考査の発表日でした。中間考査終了から約1か月が経過しましたが、その時の反省を生かして、その後しっかり学習に取り組めたでしょうか。やらないといけないことを先送りにせず、計画をしっかりと立ててそれを確実に実行していきましょう。それから、今週末は暖かいというより、非常に暑かったですよね。とても11月とは思えないほど寒暖の差が大きくなり、風邪をひきやすくなっていると思います。新型コロナウイルス感染状況も深刻になってきていますので、この3連休は考査に向けて学習を中心に家庭で過ごし、体調管理も万全にしていきましょう。              

 

  

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、愛媛大学と松山大学より先生方をお招きし、水産・まちづくり・企業・文化の各分野で、課題研究についてアドバイスをいただきました。アンケートやインタビューの結果をもとに、先生を含めたディスカッションで考察を深めるとともに、今後の研究のまとめ方についても指針を示していただきました。かんきつ分野の中には、家庭科室を借りてかんきつに関する調理実験を行った班もありました。制限も多い中、自分たちでできる限り知恵を絞って、研究を進めています!
    

第34回愛媛県高等学校総合文化祭

 さる11月14日(土)15日、会場の県民文化会館(松山市)を中心として、県高文祭が開催されました。今回は感染症拡大防止や予防に努めた、例年とは異なる形式での実施でした。文化部の日頃の練習の成果を、年に一度、発表し、また競技をする場として、県下の高校生たちが集いました。本校からは、吹奏楽部、邦楽部、美術部(美術、書道)、写真部、華道部、放送部、日本文化部(かるた、囲碁、将棋)の各部が参加しました。それぞれが素晴らしい演奏、華やかな、気持ちのこもった作品を披露し、また、熱い思いを勝負に賭けた2日間となりました。日々、活動に協力し、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございました。

[結果] 

囲碁部門 女子個人の部  第1位 

小倉百人一首部門 読手の部 第3位

日本音楽部門 優秀賞

 

 

教育実習生による研究授業

 10月28日に6名、11月5日に1名、合計7名の実習生をお迎えして始まった教育実習も、残すところあと一日。実習生の方々はこれまでの実習の成果を発揮すべく、各教科やホームルームの研究授業に一生懸命取り組んでいます。先輩実習生による普段とは少し違った雰囲気の授業に、生徒たちも熱心に参加していました。
 実習生のみなさん、今までありがとうございました。残りの一日も、ともに学び、楽しみながら過ごしましょう。

2年生の「総合的な学習の時間」発表会

 11月13日金曜日、2年生は総合的な学習の時間の学年発表会を行いました。今年度は「世界学」をテーマに、それぞれが自分の興味のある国を選び、日本との関連等について調べ学習を行ってきましたが、各クラスでの発表会を経て代表に選ばれた計8名の生徒による発表は、さすがに内容も充実しており、発表後の質疑応答でも積極的に感想発表や質問の手が挙がる等、学年全体で学びを深め合うことのできる時間を過ごすことができました。

宇和島お手伝いプロジェクト その②

 11月14日(土)・15日(日)、4・5年生11名が宇和島お手伝いプロジェクトに参加しました。14日に参加した4年生は、愛媛大学の学生さん達と一緒に、吉田町の農家さんの所でミカンの収穫作業の手伝いをしました。青空の下、見晴らしの良いミカン山で、農家さん御家族の温かさに触れながら、心地よい汗を流すことができました。また、大学生からいろいろなお話も聞くことができ、とても充実した一日となりました。

11月号保健だよりを発行しました。

 11月16日から、発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制に変わります。発熱等の風邪症状があり受診する場合は、まず医療機関に電話で相談してください。

 今後も、気の緩みがないように、対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声の自粛などの基本的な感染防止対策をしましょう。

 保健だより11月号は、こちらをクリックしてください。   保健だより11月号.pdf

去りゆく秋 来る冬

 

 11月も半ばを過ぎ、今週から冬服に完全移行。校内の木々たちも秋から冬に衣替えをしています。今週末は各種大会、高文祭があります。そして来週はいよいよ期末考査発表。受験生は入試が近づく時期です。計画的に学習し、生活リズムを調えていきたいもの。気温が下がってきました。風邪、感染症対策も怠ることなく続けていきましょう。

 

防災教育 公開授業

  防災教育実践事業の一環で、2年生を対象に公開授業が行われました。「僕の、私の防災避難計画」と題して、各班が、市内各地域の避難場所や避難ルートなどを詳しく調べて発表しました。班で話し合ったり、地図を見たりすることで、災害が起きたときにどう行動するべきかをしっかり考えました。いつ起きるか分からないのが災害です。想定にとらわれず、臨機応変に自分の命を守る行動をとることが大切だと学びました。備えあれば憂い無し。今後も防災意識を高め、万一の時に備えていきましょう。

 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回はまず、各班の班長が、ポスター作製のためのガイダンスを受講し、自分たちの班に持ち帰って班員に説明を行いました。台数の限られたコンピューターを使ってポスターを作成するため、それぞれが受け持った役割を効率よくこなしていく必要があります。自分たちの研究を最大限伝えられる効果的なポスターを目指し、協力してがんばっていきます。
 

(3年団)総合学習発表会を実施しました!

 11月11日(水)の6限、3年生は「総合学習発表会」を武道場で行いました。昨年度に実施した「ジョブチャレンジ」いわゆる「職場体験学習」の一環で、自分が体験した仕事や興味のある仕事などについて、調べ学習をしてきました。事前に各クラスの中でそれぞれ発表を行い、その中で投票し、最も票数の多かった各クラス2名が代表となりました。それぞれ5分程度の発表と2分程度の質疑応答でしたが、内容の濃い発表で、独自の視点で職業を深く調べていることが分かりました。また、質問者もその場で感じた疑問を、しっかりと伝えることができ、発表者の回答も明確で、大変充実した会となりました。今後の総合学習では、「自分史新聞」の作成に入ります。また、期待したいと思います。

(3年団)学年学活!ドッジボール大会!

 11月6日(金)6限の学活で、今回3年生は、学期に1回ある「スポーツをする時間」でした。各クラスの体育委員を中心に事前に何をするかを決め、「男女混合ドッジボール大会」をすることになりました。天気にも恵まれ、楽しく汗を流すことができました。笑い声や励ます声、時には叫び声も聞こえ、リフレッシュできたのではないかと思います。

漢字テスト(1年生)

 前期生は毎週1回漢字テストを実施し、各学級で平均点を競っています。どの学級も満点を目指して日々頑張っています。満面の笑みなのは学級全員が合格点だったからです。来週は学年平均が95点になりそうですよ。とても楽しみです。

 

UGI(4年生の活動)

    生徒が、学びのフィールドを学校から地域に広げ、グローバルな視点から、地域の人々の暮らしに関する調査研究に主体的に取り組み、地域課題の発見とその解決に貢献する学習活動であるUGI(宇和島南グローカル・イノベーション)も少しずつ進んでいます。2学期になってから、ほぼ毎週大学の指導教官に来ていただき、アドバイスを受けながら、各班の研究を進めています。現在アンケートを完成させ、情報収集を行う段階です。実りのある研究になるようにしたいものです。