南校日記

保育園と幼稚園訪問研修(4年生)

 

 今年度も4年生は、県事業の「地域を担う心豊かな高校生育成事業」の一環として、尾串保育園と環太平洋大学短期大学部附属幼稚園を訪問し、園児との交流を通して研修を行います。

 本日17日(月)は、全体指導の後で、各教室にもどり、訪問先で行うゲームや園児に渡すメダル作りをしました。園児が喜びそうなメダル作りに、4年生も楽しんで取り組みました。18日(火)は、学年を二つに分けて、保育園と幼稚園を訪問し、園内と園外で活動することになっています。園児のたくさんの笑顔が見られるといいですね。              

  

 

宇和島南生徒会役員選挙(主権者教育)

 本日の6・7時限目に、生徒会役員選挙を行いました。

 6時限目は、立候補者と推薦人による演説が行われ、それぞれの、「宇和島南をさらに良くしたい」という熱い思いが、生徒みんなの心に届くものでした。

 続く7時限目には、後期生が主権者教育の一環として、宇和島市選挙管理委員会の方々のご協力のもと、実際の選挙で使用する投票箱や記載台をお借りして投票を行いました。また、投票の前には、選挙に関する講演をしていただき、有権者としてあるべき姿について学ぶことができました。生徒たちは、自分が投じる一票の重みを感じながら投票をしている様子でした。今後も、世の中のことに対する関心を高め、主権者として行動できるように学校生活を送って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

SGアクションⅠ

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6時間目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。
 今回は、愛媛県農林水産研究所 果樹研究センターみかん研究所室長の藤原文孝様をお迎えし、宇和島のかんきつの生産状況と今後の展望について、講演していただきました。「愛媛県は果樹栽培の中でもかんきつに特化しており、ポンカンの全国生産は宇和島市が4分の1を占めている」ことや「紅マドンナと甘平を掛け合わせた新品種を栽培しようとしている」ことなど、かんきつ栽培の最前線で活躍されている藤原先生からの説明に、生徒たちは、メモを取りながら真剣なまなざしで聞き入っていました。講演後の質疑応答の時間には生徒たちから多くの質問があがり、藤原先生は一つ一つ丁寧に答えて下さいました。生徒の今後の研究にとって、示唆に富んだ素晴らしい時間となりました。藤原先生、ありがとうございました。
  

市郡総体(陸上・水泳)で南中生、大活躍!

 

 6月12日(水)第14回宇和島市・北宇和郡中学校総合体育大会(水泳・陸上の部)が絶好の天気のもと開催されました。南中生は大勢が出場し、それぞれがベストを尽くしました。水泳女子4×100Mリレー第1位(大会新)、陸上女子4×100Mリレー第1位など好成績を収めました。県大会出場を決めた皆さんのさらなる活躍を期待します。

 

給食試食会

6月11日(火)に本校試食室にて、給食試食会を行いました。

例年よりも多い、前期生保護者17名(1年生13名、2年生2名、3年生2名)に参加していただきました。

試食会に先立ち、栄養教諭の梶谷先生から食育に関する講義がありました。

その後、生徒と同じように配膳をし、給食をいただきました。

メニューは六穀ご飯にひき肉とナムルをかけたビビンバ、キムチスープ、牛乳でした。

皆さん「おいしい」と言いながら、会話も弾み楽しく完食されていました。

参加していただいた保護者の方、ありがとうございました。

 

 

 

(2年生)英語の授業でShow &Tell!!

 本日は、英語の授業の様子をご紹介します。2年生の英語の授業では、学期に数回、パフォーマンステストを実施しています。先日行われたパフォーマンステストは、「Show&Tell」というもので、自分の好きなものを、絵や写真、実物を見せて(Show)、それについて英語で言う(Tell)活動をしました。この活動は、スピーチの準備段階によく行われるものです。2年生は、クラスを半分に分け、それぞれの教室で緊張しながらも堂々と発表しました。発表者は基本的に暗唱なので、かなり練習したのでしょう。よく頑張りました!今後も定期的に様子をお届けしたいと思います。

 

1年生学級活動

 本校では金曜日の6限目は学級活動の時間となっています。本日も教育実習生の研究授業を含め、各クラスならではの学級活動を実施しました。初めての中間考査や市郡総体も終わり、あっという間に6月になりましたが、1学期も折り返し地点を過ぎ、学校生活も学期末へと向かっています。月日の経つのは本当に早いですが、焦ることなく、勉強や部活、人間関係等、目の前にある様々なことを大切にしながら、一日一日を過ごしていきたいものです。

 

 

教育実習生のホームルーム研究授業

 今日は、6年生のホームルームで実習をしてきた二人の教育実習生による研究授業が行われました。担任や副担任による普段のホームルーム活動とは多少違った雰囲気の中で、二人それぞれの個性や持ち味を生かした活動が行われ、生徒も楽しく活動していました。

 6年間在籍した学校で、多少なりとも顔を覚えている先輩実習生の授業は、中等教育学校ならではのものではないかと思います。実習生のうちで、実習期間が2週間の人は今日で終了し、3週間の実習生は次週も続きます。頑張ってほしいものです。

 

 

SGアクションⅠ

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6時限目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。
 今回は、本年度初めて大学の先生方を講師としてお迎えし、研究課題のカテゴリー(水産、かんきつ、まちづくり、防災、企業)ごとに分かれた生徒たちを御指導いただきました。まず最初に、先生方から、課題研究を進める上で大切なことや注意点などを、プロジェクターを使って分かりやすく教えていただきました。その後、自分たちが取り組む研究課題について、先生方とディスカッションを行いました。自分たちのアイデアが、先生方のアドバイスによって具体的な形になっていく経験を通し、生徒は、課題解決に向けた新たな視点を手に入れたようです。先生方、これから一年間、課題研究の御指導をよろしくお願いいたします。
  
 愛媛大学南予水産研究センター 高木 基裕 教授   愛媛大学農学部 山田 寿 教授         愛媛大学社会連携推進機構 坂本 世津夫 教授
 
  愛媛大学国際連携推進機構 村上 和弘 教授    愛媛大学防災情報研究センター 山本 浩司 教授

 

第39回宇和島南定期演奏会

 定期演奏会が近づいてきました。本日は吹奏楽部、邦楽部、放送部の生徒による合同ステージの練習を行いました。吹奏楽部、邦楽部ともに、演奏会のために一生懸命練習に取り組んでいますが、当日は放送部の皆さんの御協力もいただき、素晴らしいステージとなるよう、残すところ数日を頑張りたいと思います。皆様、ぜひご来場ください。

 

 第39回宇和島南定期演奏会

 日時 6月8日(土)13:30会場 14:00開演

 会場 南予文化会館

 

 

県総体の結果報告(その2)

 5月31日(金)から6月3日(月)まで開催された愛媛県高等学校総合体育大会も幕を閉じました。陸上競技に続き、少林寺拳法でも全国大会、四国大会出場が決まりました。本校5年生大塚翔梧君が男子単独演武の部で第1位となり、四国大会、そしてインターハイへの出場が決定しました。同5年生高橋真央さんも女子単独演武の部で四国大会出場を果たしています。
 そして、この大会で部活動を引退した6年生の皆さん、今後は各々の進路実現に向けて努力を重ねていきましょう。






県総体等の結果報告(その1)

 6月2日に行われた第73回愛媛県高等学校総合体育大会陸上競技の部において、本校6年生の谷村洸紀君が、男子400mHにおいて見事1位を獲得し、四国大会出場を果たしました。谷村君は自己記録を更新しての優勝でした。四国大会においても、更なる記録の更新とインターハイ出場を目指して頑張ってください。また、同陸上競技部6年生の尾上利空君も走幅跳において5位入賞を果たし、四国大会出場を決めています。
 また、日本文化部の皆さんも全国をかけた熱い戦いに臨みました。第43回全国高等学校囲碁選手権大会愛媛県大会に出場し、女子団体戦で1位となり、6年生の東海林茄乃さんが女子個人戦2位で、団体戦・個人戦ともに7月に東京で行われる全国大会に出場することとなりました。本校生たちの今後の活躍が大いに楽しみですね。

 

6月号保健だよりを発行しました

 これからの時期は、気温や湿度も高く、蒸し暑く感じる日が増えてきます。十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事で、体調管理に努めましょう。また、こまめに水分補給をして、熱中症を予防しましょう。

 「保健だより6月号」はこちらをクリックしてください。hokendayori6.pdf

「宇和島市高校生まちづくり課(2期生)」発足式への参加

 5月30日(木)、宇和島市役所で行われた「高校生まちづくり課」発足式に、本校生徒7名が2期生として参加しました。宇和島市内6校から集まった計26名の生徒が

1年をかけて、若者が帰ってきやすく、暮らしやすい活気のあるまちづくりを、高校生の目線で提案・実現していきます。

 大人にはない柔軟な発想で、どのような案が出てくるのかとても楽しみです。

   

   

市・郡中学総体の結果

 

   29日(水)と30日(木)に行われた試合の結果です。県大会に出場を決めた個人や団体があり、7月の県中学総体での熱戦が楽しみです。生徒の送迎や応援をしていただいた保護者の皆様、声援をしてくださいました地域の皆様、大変ありがどうございました。

 

 

 

 

 

 詳細な結果は、こちらをクリックしてください。

市・郡中学総体開催される

 

 天候が好転した29日、市・郡中学総体が、予定通り開催され、各競技で熱戦が展開されました。前期生が分担して応援に駆けつける中、好成績を残した部活動が多く、県大会への出場権を獲得したところもありました。試合が続く部もありますので、全力プレーを期待しています。結果については、全試合が終わった後で掲載する予定です。

 

 

 

壮行会を開催(後期の県総体、前期の市・郡総体)

 

   令和元年度の県総体、市・郡総体の壮行会が、体育館で開かれました。校長先生からは、「君たちは一生懸命練習してきたのだから、負けても恥ずかしくはない。勝負を決めるのは、勝ちたいという気持ちがどれだけ強いかである。120%の力を出して、悔いの残らない戦いをしてきてほしい」との激励のことばがありました。

   各部代表のあいさつにも、「南中の代表として戦う、指導してもらった方々や保護者への感謝を忘れない」という言葉がありました。明日から始まる試合で、特に3年生と6年生には、思い出に残る戦いをしてきてほしいものです。期待しています。

   

   

   

 

県総合体育大会に向けての全体指導

 

 令和元年度の県総体には、水泳部を除いて161名の選手が参加します。近年では多い参加数であり、例えば、久しぶりの参加となる男子サッカー部は、特に初戦に向けて練習を充実させています。本日は、参加者全員を集めて、出発から、宿所での礼儀などや競技終了後の帰校方法などについての全体指導がありました。多くの部や個人が、後悔のない戦いをし、次の大会に駒を進めることができることを期待しています。

   

  

教育実習始まる

 

 令和元年度の教育実習が本日から始まりました。2週間又は3週間、本校での授業や実習を通して、実習生として生徒とともに研鑽を積むことになります。各学年のホームルームにも何人かの実習生が配置され、生徒とともにホームルーム運営の勉強をされます。生徒の中には、先輩である実習生の顔を覚えている人もいるかもしれませんね。実り多い実習になることを期待しています。

 

 

5月伊達家墓所清掃ボランティア

 5月22日(水)17時45分から、6年生有志11名が金剛山大隆寺にて、地域の方々と一緒に伊達家墓所清掃のボランティアに参加しました。約1時間、墓所内の清掃や落ち葉の収集を行い、心地よい汗をかきました。

 伊達家墓所清掃ボランティアは、四季折々の自然や宇和島の文化や歴史に触れながら、地域の方々と交流でき、宇和島の活性化に貢献できる良い機会です。次回もぜひ大勢で参加しましょう。