カテゴリ:4年生

4年生学年集会

    本日16日(水)の朝、4年生の学年集会を武道場で開きました。2学期の振り返り、というテーマで学年主任が、生徒に期待したいことを話しました。勉強の点では、うまく切り替えができていない生徒がいること、勉強できる環境を整えてもらうことへの感謝、行動面では、まだまだ未熟さのために、周囲の人のことを考えていない行動があった点、などについて話がありました。
    年明けの3学期は5年生のゼロ学期とみなし、来年はリーダー的立場に立つことを十分に考えて、文武両面で行動することを期待したいと考えています。

  

放課後の自主学習(4年生の活動)

    今週26日(木)から2学期末考査が始まります。日ごろの学習の成果が問われるテストとなりますが、どの学年も放課後に自主的に残って学習をしているシーンが目立ちます。グループ学習をして友達に聞いたり、先生に教えてもらったり、理解が不十分と思われる点の確認をしています。
    健康を崩しやすい季節で、しかも新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、各自が健康管理には十分留意して考査に臨んでもらいたいものです。

  

  

UGI(4年生の活動)

    生徒が、学びのフィールドを学校から地域に広げ、グローバルな視点から、地域の人々の暮らしに関する調査研究に主体的に取り組み、地域課題の発見とその解決に貢献する学習活動であるUGI(宇和島南グローカル・イノベーション)も少しずつ進んでいます。2学期になってから、ほぼ毎週大学の指導教官に来ていただき、アドバイスを受けながら、各班の研究を進めています。現在アンケートを完成させ、情報収集を行う段階です。実りのある研究になるようにしたいものです。

  

  

文化部発表会(前期生の書道作品)

 本年度の文化祭は、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、文化部発表会として、30日(金)に実施をされました。残念ながら、一般公開もできず、作品等を鑑賞していただく機会はありませんでしたが、前期生が書いた書道作品が校内や教室前に掲示されています。描く文字は学年を通して同じでも、それぞれの個性があふれる作品になっており、楽しい発表の機会となりました。

  

 

園児との交流を実施

   令和2年度「地域連携心豊かな高校生育成事業」の一環として、園児との交流活動が本日27日(火)に、認定こども園元気の泉と尾串保育園で実施されました。県内では比較的落ち着いているものの、新型コロナウィルスの感染拡大の懸念から、実施できるかどうか心配しておりましたが、好天にも恵まれ、受け入れていただいた両園の関係者の皆様のおかげで、生徒たちは楽しくも有意義な時間を共有することができました。
   最初こそぎこちないふれ合いでしたが、午後になると親しく交流することができ、別れ際には大きく、元気な声で「さよなら」や「バイバイ」と園児たちが言ってくれました。
   この貴重な交流の機会を提供していただいた両園の園長先生はじめ、諸先生方には大変感謝しております。学んだことを今後の学生生活で活かしていけるようにさらに勉強していきたいと考えております。