南校日記

人権を確かめあう日

 今日は、今年度初めての「人権を確かめあう日」です。6年1組の人権委員が放送を担当しました。「数年前のサイレントマジョリティへ」と題して、人権教育部の大本先生が文章を書いてくださいました。欅坂46の「サイレントマジョリティ」の歌詞が引用され、差別を他人事としてとらえ、意思表示をしない「マジョリティ」になってはいけない、自分事としてとらえ行動できる人になろうというメッセージが伝わりました。

人権だよりR3.4.pdf