南校日記

SGアクションⅠ

 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6時間目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。

 今回は、愛媛県農林水産研究所の水産研究センター研究企画室長である渡邉昭生様をお迎えし、南予の水産業について講演していただきました。宇和海が養殖業に適している理由や養殖業の天敵である赤潮のこと、また水産業の就業者数減少の問題など、我々の地域の基幹産業の一つである水産業について、多角的な視点から説明していただきました。今後生徒たちが、水産業を活性化させる研究を行う上で、重要なお話を伺うことができました。渡邉先生、ありがとうございました。
  

全校集会(風紀委員会発表)

 

 本日6月19日(水)、昼食後に全校集会が開かれ、風紀委員会による発表が行われました。

内容は、一つ目が、「窓の施錠の徹底」と「トイレのスリッパの整頓」です。放課後に日直や風紀委員が見て回ることもありますが、やはり基本は使った人がきちんと施錠や整頓をすることです。二つ目が、「服装の乱れ」や「リュックの違反について」です。本校指定のものを使用していきましょう。

 最後に生徒指導部から、自転車のマナー違反の話がありました。命にも関わる大切なことですので、各自が自分のこととして考えて行動したいものです。充実した学校生活を送ることを通して、南中をよりよい学校にしていきましょう。

 

 

地域連携心豊かな高校生育成事業(4年生)

 6月18日(火)に、4年生の1~3組は環太平洋大学短期大学付属幼稚園を、4組は尾串保育園をそれぞれ訪れ、園児たちとの交流活動を行いました。
 最初は緊張して話すことをためらう生徒もいましたが、活動をしていくうちに徐々に打ち解けていきました。有志による紙芝居では、何度も練習を重ねてから臨む生徒もおり、園児たちが真剣に聞き入る姿が印象的でした。最後のプレゼント交換では、お互いのために製作した首飾りを掛け合い、別れを惜しんでいました。
 今回の交流体験を通して得られた「気付き」や「学び」を、学校生活、そして今後の人生にも生かしてほしいと思います。

1学期末考査前の学年集会―6年生

 

 明日19日発表の期末考査を前に、6年の学年集会がありました。中間考査では不本意な成績に終わった科目もあり、今回の期末考査での挽回を期して、学年主任から、「毎日の学習内容をしっかり身につけて、その基礎学力の上にさらに学習を進めてもらいたい。8月以降の多忙な6年生にとっては、じっくり学習できる好機です。後悔のない考査期間にしてほしい。」旨の講話がありました。全員が真剣に耳を傾け、期末考査への意識を高めました。

 

 

 

保育園と幼稚園訪問研修(4年生)

 

 今年度も4年生は、県事業の「地域を担う心豊かな高校生育成事業」の一環として、尾串保育園と環太平洋大学短期大学部附属幼稚園を訪問し、園児との交流を通して研修を行います。

 本日17日(月)は、全体指導の後で、各教室にもどり、訪問先で行うゲームや園児に渡すメダル作りをしました。園児が喜びそうなメダル作りに、4年生も楽しんで取り組みました。18日(火)は、学年を二つに分けて、保育園と幼稚園を訪問し、園内と園外で活動することになっています。園児のたくさんの笑顔が見られるといいですね。