(2年生)スポーツレクレーション実施!「タグラグビー」をやってみた!

 11月15日(金)の6限目の学活で、2年生は「タグラグビー」をしてみました。タグラグビーとは、ラグビーを基に考えられたスポーツで、ボールを持って走ったり、自分よりも前に投げずにパスをしながら陣地を進めたりして、相手のゴールラインを超えた得点を競います。タックルの代わりに腰に着けられた「タグ」を取って相手の前進を止めるので、接触プレイがなく安全に楽しむことができます。そのうえプレイの中心はボールを抱えて走ることで、ドリブルのような技術も必要なく、男女混合でも楽しめることができます。今年一番盛り上がったと言っても過言ではない、ラグビーW杯の感動を体感できるスポーツということで、みんなルールが分からないながらも、果敢にトライに挑戦して、大いに盛り上がりました。また、「タグラグビー」の待ち時間では、グラウンドで「長縄跳び」をしました。こちらは、なかなか苦戦したようですが、みんなあきらめずに練習していました。学年全体でいい汗が流せました!