(3年団)「ローテーション道徳」実施中!

 本校の前期課程では、毎週水曜日の6限目は「道徳」を行っています。3年団では、「ローテーション道徳」を実施しています。「ローテーション道徳」とは、その学年の教員が、交代で学年の全学級を回り道徳の授業を行う取組のことです。本校の3年団は7名いるので、7名の教員が3学級を回ります。その間、教員はそれぞれ同じ題材を使用し続けます。今週は、1組では和田先生が「ハゲワシと少女」を、2組では山岡先生が「外国人から見た日本人」を、3組では古谷先生が「あなたは顔で差別をしますか」という題材を扱いました。どのクラスも、真剣に授業に向かう姿勢が感じられました。