2021年8月の記事一覧

令和3年度2学期始業式校長式辞

                                                令和3年8月25日(水)

 皆さん、おはようございます。

 すでに後期のセミナーや部活動がありましたが、今年の夏休みはいかがでしたか。勉強や部活動の他に読書をしたり、

進路実現に向けて取り組んだり、いろいろなことに挑戦した夏休みであったと思います。

 さて、一学期の終業式で、オリンピックのことを話題にしましたが、どの競技、どの選手が印象に残りましたか。私は、

いろいろな競技が気になって、テレビのチャンネルをこまめに変えながら、応援していました。無観客での異例の開催で

したが、逆に、選手の息遣いやプレーの熱気がよく伝わってきたように思います。試合の後に、選手へのインタビューが

ありますが、メダルの色や有無に関わらず、そのコメントにはとても重みがあり、心を動かされました。支えてくれた家

族や仲間に対する感謝の言葉はこれまでも聞かれましたが、今回は特に、新型コロナを受けての話が印象的でした。

「感染拡大の心配から、オリンピックに対して、賛否両論あるのはわかっています。そのような状況の中で、開催していた

だき、また応援してくれたすべての方に感謝したい。我々アスリートの姿を見て、何か心が動く瞬間があれば、本当に光栄

に思います。」と話す選手もいました。一年間延期され、開催の可否をめぐって世論が割れた中で、アスリートにはいろん

な迷いや不安があったと思います。生きている中で、自分の力ではどうしようもない事や全く予想もしていなかった事が起

こったりすることがありますが、どのような状況においても、自分が今できるベストを尽くすことが、自分自身にとっても

周囲に対しても大切なことだと私は思います。異例の大会でしたが、理念のひとつである「多様性と調和」、都市型スポー

ツの魅力、極限への挑戦、ライバルへの賞賛、周囲への感謝など、いろいろな意味で記憶に残るオリンピックでした。昨日

からパラリンピックも始まりましたが、国を超えて、アスリートに声援を送りたいと思います。

 さて、今日から二学期が始まります。まずは、毎日の生活のリズムを確認しましょう。そして、大きな行事、体育祭がや

ってきます。各グループとも、団長さんを中心に準備に入っていると思います。本校の大きな特色が、6つの学年による交

流活動ですが、学校行事の中でも体育祭は中心的なものです。特に、4つのグループの対抗となっているので、学年を超え

ての「縦の絆」が強くなります。私としては、3年生には前期におけるリーダーシップを、6年生には学校全体におけるリ

ーダーシップを期待しています。新型コロナの影響で、例年とは違った体育祭になります。皆さんもいろいろ、思うこと、

考えることはあると思いますが、先生方も知恵を出し合いながら、思い出に残る体育祭になるように考えてくださっていま

す。皆さん一人一人が、南中の一員であることを自覚し、与えられた状況の中で自分の役割、できることを精一杯果たし

いく。そうすることで、コロナ禍の体育祭だからこその工夫や協力で感じられる充実感や達成感、そして、新しい仲間を得

ることができます。それが今後の学校生活に意欲と自信を与えてくれます。

 まだまだ暑さも厳しく、熱中症、そして、新型コロナに対して油断はできません。一人一人の知識と意識、そして、正しい

行動でコロナの感染は防ぐことが可能です。一学期同様、制約のある中での学校生活にはなりますが、皆さんにとってかけが

えのない時間にしてほしいと思います。

 今年の南中の重点努力目標は、靴脱ぎ場に掲示してある、「変革と挑戦 Change & Challenge」です。黒板も電子黒板に変わ

り、タブレットを活用した授業や体育祭をはじめとする学校行事も進化をしていきます。皆さんも、今までの習慣を何となく繰

り返すのではなく、さらなる高みを目指して、進化・成長を図ってみてください。皆さん一人一人の持つ、無限の可能性に大い

に期待し、第2学期始業式の式辞といたします。