2019年4月の記事一覧

10連休前の指導(全校集会)

 

 連休を前に全校集会が開かれ、進路部長と生徒部長による講話がありました。進路関係では、各学年における学習時間の確保の大切さが話され、生徒指導では、SNSの使用に伴うトラブルの防止や、交通安全に注意して過ごすことなどの話がありました。生徒の皆さんがこの大型連休の意義を十分理解して、有意義に過ごすことを期待したいと思います。

 

 

とべ動物園に行ってきたゾー!(6年生遠足)

 

    毎年恒例となっている各学年の遠足が実施されました。天気が徐々に回復した松山では、むしばむような暑さのなかで、ほとんどの6年生がジャケットを脱いで、園内を散策しました。広場では、日陰やベンチを利用して昼食をとっていましたが、オープンスペースで食べる食事は何よりおいしかったと思います。大型連休が目の前ですが、明日からは気持ちを切り替えて、部活動や勉強などの活動に励んでほしいものです。

 

 

 

 

5月号保健だよりが発行されました

 いよいよ連休に入ります。連休中も規則正しい生活を送り、健康管理に努めましょう。

 先週、インフルエンザの集団発生が愛媛県内でありました。これからの連休にかけて人が多く集まる場所へ出かける機会も増えますので、感染拡大防止のため、咳エチケットや外出後の手洗いなどを心掛けましょう。

          2019.5 hokenndayori.pdf

楽しい昼食(給食)の時間ですよ!

 

 新学年になって、勉強や部活動、そして年度当初の諸行事にと忙しく過ごしていますが、昼食(給食)の時間は、クラスメートや担任の先生方と楽しく過ごせる憩いの時間です。3年生は、栄養満点の給食をみんなで仲よく食べ、6年生は、それぞれが用意した弁当をおいしそうに食べていました。食事をして得られたエネルギーで、午後からの学習活動にも一層励んでもらいたいです。

 

 

 

 

 

うわじま子ども観光大使講座

 4月20日(土)、津島安らぎの里で、うわじま圏域子ども観光大使実行委員会の主催する「うわじま子ども観光大使講座」が行われ、その基礎講座に本校生徒5名が講師として参加しました。
 うわじま子ども観光大使講座とは、宇和島圏域の魅力を体感し、宇和島圏域を誇りに思う子どもたちを育てるプロジェクトです。実行委員会の信藤明秀先生によるオリエンテーションの後、総勢53名の小学生の参加者の前で、本校生徒5名が、「わたしたちのまちをもっと好きになろう」というテーマでプレゼンテーションを行いました。最初は緊張していましたが、小学生たちからパワーをもらって、楽しくまた有意義な時間を過ごすことができました。
 機会があればどんどん出かけて行ってこのような活動を行っていきたいと思います。