2020年9月の記事一覧

Nice talking to you!

 今月から4年生において、オンラインスピーキングトレーニングがスタートしました。生徒各々がタブレットを用いて、フィリピンにいるネイティブスピーカーの先生と1対1で、30分間英語で会話をしました。悪戦苦闘しながら、一生懸命、自分の伝えたいことを英語で伝えることができました。最後は、笑顔で、「Nice talking to you!」次回も楽しみです。

 

  

(3年団)ローテーション道徳再開!

 毎週水曜日の6限に、前期は道徳の授業を行っています。3年生は、1学期にも実施したように、2学期も学年団の先生全員で、各クラスを1回ずつ回って道徳の授業をすることにしています。実施してみると、普段の授業とは違った学級の様子が見られたり、普段発言をあまりしない生徒が発言したり、担当する先生や内容によって各クラスの雰囲気が変わっていて、大変興味深く感じています。また、教員にとっても、3回同じ授業を実施するので、1回目で気になったことを調整して、少しリニューアルした内容になり、違ったアプローチで2回目以降展開できる面白さがあります。次回も楽しみにしています!

鯛の日

 朝晩、涼しくなり、秋らしくなってきました。

 今日の給食は鯛の日。「鯛丼」、「もち麦ごはん」、「さつま芋と大豆の揚げ煮」で、宇和島が誇る「鯛」を使ったヘルシーで贅沢なメニューでした。季節の変わり目ですが、栄養価の高い給食をしっかりいただき、元気に過ごしていきましょう。

 明日はいよいよ2学期中間考査の発表(後期生)、(10/1前期生)。来週から中間考査です。計画的に学習を進めていきましょう。

 

人権集会がありました

 

 9月の「人権を確かめあう日」だった25日に人権集会を実施しました。今回は放送による実施でしたが、委員長、副委員長の司会により、スムーズに進めることができました。

 最初に岩﨑先生からお話をいただきました。識字学級での出会いから「人と人とのつながり」の大切さについて話していただきました。

 続いて8月に長島愛生園を訪問した前期生4人が感想を発表した後、1年生の善家さんによる人権作文の発表がありました。「差別・偏見のない町に」と題して、「コロナに負けないで、人と人とのつながりを大切にしたい」と、生まれ育った大好きな町への思いを力強く語ってくれました。

 最後に、委員会の活動報告がありました。人権委員会では、今後も宇和島市内の「子ども食堂」に継続的に参加していく予定です。全校生徒の皆さんも一緒に参加してみませんか?

司会の二人の呼吸もばっちり教室で真剣に聞いています無事終了!緊張から解き放たれました

 人権だより(9月号).pdf

 

ケイトリン先生、ありがとう

    本校の英語指導助手(ALT)のケイトリン先生(ハワイ出身)が、このたび任期を終えて、退職されることになりました。5年前に赴任以来、主に前期生の授業を中心に、英語教育に携わっていただきました。スピーチ原稿の添削、発音指導、ティーム・ティーチングなどで活躍していただき、生徒の英語力向上に大きく貢献していただきました。温厚で優しい性格で生徒に大変人気があり、各学年の生徒からは多くの感謝のメッセージが贈られました。
    今後は家族との時間を大切にするためにハワイに帰国されたあとで、さらなるキャリアアップに挑戦されるようです。今までのお力添えに感謝するともに、先生の健康と活躍を本校一同お祈りしております。ケイトリン先生、ありがとうございました。Good luck!

 

 

 

グローカルアクティビティⅠ

 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、愛媛大学から教授の先生方をお迎えして、課題研究を進めました。生徒たちは、いただいたアドバイスや意見をもとに、今までよりも一歩踏み込んだ視点から課題をとらえ、研究を進めることができました。先生方、これからもよろしくお願いいたします。
  

   



学校生活

 4連休明けの今日は、とてもさわやかな天気です。空を見ると、青空に白い雲がきれいに広がっていて、秋を感じさせます。1年生は給食も手際よく準備ができ、美味しそうにいただいていました。掃除時間はみんな一生懸命です。運動場前は土が毎日上がってくるので掃くのが一苦労。気持ちのいい学校生活を送るためにひとつひとつ頑張りましょう。

 

 

主権者教育講演会

 本日6限、後期生を対象に主権者教育講演会が行われました。講演会は本校教諭の堀内先生が出題する選挙クイズから始まり、「投票用紙には投票所にある鉛筆で記入しなくてもよい」「住民票を移して3か月経たなければ引っ越し先で選挙に参加できない」など、選挙に関する意外な事実に生徒たちは驚きの声を上げていました。
 その後は宇和島市選挙管理委員会の岡田次長様を講師としてお招きし、投票の大切さについてご講演をいただきました。日本では当たり前に行われている普通選挙は、自分が国の未来を決められる貴重な機会であり、自分の投票する権利を大切にしなければならないというお話を伺いました。生徒の皆さんには、これからの未来を担う有権者として、自分の持つ選挙権の大切さについて改めて考えてほしいと思います。

グローカルアクティビティⅠ

  GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、愛媛県農林水産研究所水産研究センター研究企画室の竹中彰一室長をお迎えし、南予の水産業について、講演していただきました。愛媛県や宇和島市の水産業の現状や、愛育フィッシュやスマなど、先進技術を使っておいしい養殖魚を育成しようとする水産業界全体の取組についてのお話を伺い、生徒たちは、地域を支える地場産業である水産業の大切さを再確認しました。竹中先生、御講演ありがとうございました。
 

9月号保健だよりを発行しました。

 9月は、防災月間です。家族で、今一度、自然災害への備えを確認しておきましょう。

 また、引き続き、熱中症予防と新型コロナウイルス感染症予防のための生活習慣を継続しましょう。

 9月号保健だよりは、こちらをクリックしてください。  9月号保健だより.pdf