2020年6月の記事一覧

4年生の様子 ~梅雨の合間のランチ・ブレイク~

    県内では感染縮小期に移行したとは言え、他県ではまだまだ感染者が出ているようです。本校では、いわゆる3密を避けるために、昼食は教室内だけでなく、校内の換気のはかれる広い場所で取ることも勧めています。中庭のベンチ、体育館周辺、など。各自が弁当を持参して、楽しく食べていました。

    昼食中はマスクを外していますが、教室内での授業中は着用しています。まだまだ3密を避けるように努力して、毎日の学校生活を送りたいものです。

 

委員会活動 (図書委員会)

 本日、月例の図書委員会を行いました。7月の目標は、「集中して本を読もう」に決まりました。8:25~10分間、朝の読書の時間を設けていますが、落ち着いて読書ができるよう、余裕を持って行動しましょう。各教室の背面には貸出冊数の掲示物があります。図書館を有効に活用してください。進路に関する本、趣味に関する本、いろいろなジャンルの本に挑戦していきましょう。

 

 

(3年団)人権学習フィールドワーク!

 来週7月3日(金)6限目の学活で、3年生はどのクラスも人権・同和問題学習「解放令と児島惟謙」を行う予定です。その事前学習として、各クラスの人権委員と3年団の教員で、フィールドワークを行いました。まずは、伊達博物館に行き、学芸員さんから児島惟謙さんに関する冊子をいただき、生い立ちから大津事件にまつわるお話など、いろいろと説明していただきました。その後、宇和島城上り立ち門前の「児島惟謙像」に、最後に宇和島税務署前の「児島惟謙生誕の地」を訪れました。1時間程度のフィールドワークでしたが、貴重な時間となりました。人権委員さんには、来週の人権・同和問題学習の中で、この体験から学んだことを発表してもらう予定です。心に残る学活になればと思います。

グローカルアクティビティⅠ

 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、宇和島市教育委員会より西澤昌平先生をお迎えし、「宇和島の歴史と文化」という演題で、御講演いただきました。宇和島の文化についてのお話では、宇和島の有形・無形文化財を、その特徴とともに鮮やかな写真で紹介していただきました。また宇和島の歴史についてのお話では、弥生時代の遺跡の発掘調査が行われているという、最古ながらも最新の宇和島の歴史的発見を教えていただきました。生徒たちも、宇和島の持つ文化的・歴史的魅力に改めて気付いたようです。西澤先生、素晴らしい御講演ありがとうございました。
  

(3年団)「ローテーション道徳」実施中!

 本校の前期課程では、毎週水曜日の6限目は「道徳」を行っています。3年団では、「ローテーション道徳」を実施しています。「ローテーション道徳」とは、その学年の教員が、交代で学年の全学級を回り道徳の授業を行う取組のことです。本校の3年団は7名いるので、7名の教員が3学級を回ります。その間、教員はそれぞれ同じ題材を使用し続けます。今週は、1組では和田先生が「ハゲワシと少女」を、2組では山岡先生が「外国人から見た日本人」を、3組では古谷先生が「あなたは顔で差別をしますか」という題材を扱いました。どのクラスも、真剣に授業に向かう姿勢が感じられました。