2020年11月の記事一覧

気持ちのよい学校生活を送るために

 今、1年生はトイレの使い方を見直しています。次の人のことを考えて行動することができる人を目指しての取組です。1年生みんなに伝えてからは劇的にトイレがピカピカになりました。気付いた人がゴミを拾う、トイレットペーパーを替える、スリッパを揃え直すなど、自分のちょっとした気遣いで清潔感あふれるトイレになりました。そして、とても優しい気持ちになれました。今日の清掃時間、みんなが気持ちよく学校生活を送れるようにそれぞれが頑張っていました。教室も廊下もトイレ、洗面台、そしてわたしたちも大喜びです。

放課後の自主学習(4年生の活動)

    今週26日(木)から2学期末考査が始まります。日ごろの学習の成果が問われるテストとなりますが、どの学年も放課後に自主的に残って学習をしているシーンが目立ちます。グループ学習をして友達に聞いたり、先生に教えてもらったり、理解が不十分と思われる点の確認をしています。
    健康を崩しやすい季節で、しかも新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、各自が健康管理には十分留意して考査に臨んでもらいたいものです。

  

  

人権を確かめあう日でした。

 11月20日(金)は「人権を確かめあう日」でした。

 今月は、5年2組が担当、原稿は山中恵先生が書いてくださいました。教え子とのエピソードを紹介され、人は成長する、自分の心のありようによって変われるのだということ、そして、まずは自分を見つめ直し、周りを思いやれるような心のありようを大切にしようと伝えてくださいました。

 人権だより11月号では、人権委員の声に加えて、保護者の方からの感想、人権教育部によるコラムも掲載しています。ぜひ読んでください。

人権だより(11月号).pdf

2学期末考査発表

 本日1、2年生は2学期末考査の発表日でした。中間考査終了から約1か月が経過しましたが、その時の反省を生かして、その後しっかり学習に取り組めたでしょうか。やらないといけないことを先送りにせず、計画をしっかりと立ててそれを確実に実行していきましょう。それから、今週末は暖かいというより、非常に暑かったですよね。とても11月とは思えないほど寒暖の差が大きくなり、風邪をひきやすくなっていると思います。新型コロナウイルス感染状況も深刻になってきていますので、この3連休は考査に向けて学習を中心に家庭で過ごし、体調管理も万全にしていきましょう。