2021年5月の記事一覧

体育の授業の様子(5年)

 梅雨の一休み中の28日(金)、5年生が行っている体育の授業を撮影しました。グランドでも体育館でも楽しい歓声が聞こえてきました。教室内ではマスク着用で授業を受けますが、体育の時間はマスクを外してプレーすることも出来ます。暑さが厳しくなる中、コロナウィルスの感染拡大対策も依然として重要ですが、これからは熱中症対策も併せて必要になってくるようです。みんなで乗り切りたいですね。

  

  

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、愛媛と南予のかんきつについて、愛媛県農林水産研究所果樹研究センターみかん研究所の藤原文孝室長に、リモートで御講演いただきました。かんきつ栽培の現状や研究所でのかんきつの品種改良についてのお話を伺いました。その中で、「全国に流通しているポンカンのうち約4分の1は宇和島産である」などの貴重な情報をいただき、生徒は地元の基幹産業であるかんきつ業について理解を深めました。
 

フードドライブに協力

 先日、全校生徒と教職員に呼びかけて「フードドライブ」に協力しました。これは、昨年度生徒たちが市内の「子ども食堂」でのボランティアに参加したことがきっかけで声をかけていただいたものです。フードドライブとは、家庭で余っている食品を、必要としている福祉団体・施設に寄付する活動で、地域の子どもたちへの支援にもなります。

 今回は募集期間が短かったにも関わらず、お菓子や調味料、レトルト食品がたくさん集まりました。今後も継続的に協力できればいいなと思っています。様々な社会問題を他人事ではなく「自分事」ととらえられるようになりたいものですね。

校内散策

    梅雨の晴れ間の26日(水)、校内を散策してみました。今年赴任された熱心な先生によって、中庭の花壇にも花々が植えられ、きれいに咲き始めています。この時期、校門近くのサツキも赤く咲き誇っており、来客の目を楽しませてくれます。校内をよく観察していると、キジバトが巣を作って卵を温めていました。鳥にとっては安全な場所となっているのでしょうね。静かに見守っていきたいですね。

  

  

  

市郡総体、県総体に向けて

 本日昼休み、市郡総体、県総体に出場する前期・後期各部活動のキャプテンが集まり、6月1日に実施される壮行会について、担当の先生から連絡がありました。例年、体育館で各部活動の部員がそれぞれのユニフォームを着て壮行会が行われますが、今年度は放送での壮行会になります。昨年度は新型コロナウィルスがまだ未知の状態で市郡総体も県総体も中止となりました。今年度は様々な感染予防対策をしながら実施されます。愛媛県は現在も続く感染対策期で練習試合や各種大会が中止や延期になり、どの学校も実践練習ができていない状態で大会を迎えます。制限された中でがんばってきたことやすべきことを決意表明し、しっかりと大会に臨んでほしいと思います。自由な観戦や応援ができない状況ですが、みんなで一生懸命応援します!