南校日記

令和元年度(第11回)宇和島南同窓会総会・懇親会

 8月12日の18時30分から、JAえひめ南2階イタ―ナルホールにて、令和元年度の宇和島南同窓会総会並びに懇親会が開催されました。参加された同窓生は100名を超え、懇親会では、旧友との再会を果たして、話に花が咲き、楽しいひとときを過ごされている姿が多く見られました。来年度も多数の同窓生のご参加お待ちしてます。

2学期がスタート

 8月26日(月)、始業式がありました。2学期は、体育祭や文化祭、修学旅行などの学校行事がたくさんあり、充実した日々を送ることのできる学期です。一日一日を大切に過ごしていきましょう。
 始業式のあと、各学年に分かれて、前期生は学級活動、後期生はホームルーム活動を行いました。その中で、4年生は、「日本の次世代リーダ養成塾」に参加した生徒2名による研修報告を聞きました。得がたい貴重な体験から学んだことを学年全員で共有することができ、有意義な時間となりました。

 

体育祭―四国民謡めぐり練習

 

 5年生と6年生が披露する「四国民謡めぐり」も体育祭の定番で、楽しく見聞できるプログラムです。特に保護者の方々にとっては、よく見える席で見てみたいパフォ―マンスです。高知の「よさこい鳴子踊り」、地元の「宇和島踊り」、香川の「金毘羅舟々」、徳島の「阿波踊り」と続きますが、最初の三つは各団の教員も参加して踊ります。最後は各団の工夫を凝らした踊りを見ることができ、楽しみです。

 いよいよ後期のセミナーも終了し、民謡の練習もリーダーを中心に始まりました。体育祭本番が近付くにつれて、朝練習もあります。最高の演技ができるように頑張ってほしいものです。

 

体育祭―太鼓練習

 

 例年、体育祭は南校体操で始まり、次の第1種目は、全校応援となっています。各団から男女各1名ずつ選ばれて、全校応援で太鼓の演奏を披露します。各団の描いたパネルをバックにして鳴り響く太鼓の音色は感動的です。

 夏休みも残り少なくなるなかで、生徒たちの練習も熱を帯びてきました。当日、立派なパフォ―マンスが見聞できることを期待しています。

  

体育祭の準備再開

 

 来る9月5日(木)の体育祭の準備が再開されました。今年の体育祭は、「継げ 伝統 彩れ 令和」のもと行われます。各団ともに自分たちの色を全面に出して、創意工夫しながら、本番に向けて準備を再開しました。

 毎年のことながら、準備期間が短いにも関わらず、当日見事なパフォ―マンスを披露してくれる本校生の集中力には感心します。令和元年度の体育祭がみんなの心に残るものになることを期待しています。