南校日記

(1年団)学年掲示板に、今年の抱負を漢字一文字で・・・

 学年掲示板に、1年生全員の今年の抱負「漢字一文字」を掲示しています。それぞれに個性あふれる漢字一文字が使われていて、大変興味深いものになりました。

 2022年は寅年のなかでも、特別な年だそうです。60年周期で訪れる「壬寅(みずのえとら)」にあたる年とされています。「壬(みずのえ)」とは、ゆったりカーブを描きながら流れる大河を表しています。加えて「決断」の意をもつ「寅」が合わさった2022年は、安定性や落ち着きを持ちながらも、はっきりと決断できる年になると言われています。よい一年にしたいですね。

全校集会(保健委員会)

 

 1月25日(火)の全校集会は、保健委員会が、11月に全校生徒を対象に行った「生活習慣に関するアンケート調査の結果と考察」について発表しました。本校生の生活習慣の実態や課題について考える良い機会になったのではないでしょうか。愛媛県は現在、オミクロン株感染拡大特別警戒期間ですが、一人一人が生活習慣を見直し、十分な睡眠・適度な運動・バランスの取れた食事を心がけて、日頃から免疫力をアップして、感染予防に努めて欲しいと思います。

Let's study English with Monica!

今日は、3年生がモニカ先生と元気に英語の勉強をしていました。

写真は、モニカ先生の質問に答えることができた人から座っていくゲームをしている様子です。

実際の英語に触れることができ、生徒たちも活発に活動していました。

 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 本日は、大学の先生方に、オンラインで御指導いただきました。生徒たちは、先生方からの助言を受け、完成に近づきつつあるポスターをさらにブラッシュアップすることができていました。内容はもとより、見やすく効果的なポスターの構図を研究し、わかりやすく伝えるように心がけていきたいです。
  

  

 

(1年団)「宇和島学」の発表会開催!

 本日⑤⑥限目に、1年生は各教室で「宇和島学」の発表会を行いました。今回は、各クラスの代表者が、4つのクラスを巡回する形式で実施しました。発表後は、質疑応答の時間を設け、活発な質問や感想が飛び交っていました。

 発表内容は、「宇和島駅」「天赦園」「みかん」「伊達マグロ」「伊達家」「段々畑」「宇和島真珠」でした。

えひめっこピカイチコンテスト

 今年度の「えひめっこピカイチコンテスト」は、「愛ある塗り絵部門」「愛ある川柳部門」「愛あるアイデア部門」の3部門で作品が募集されましたが、本校3年生の梅林さんが「愛ある川柳部門」において「えひめっこピカイチ大賞(特選)」を受賞されました。本来であれば1月13日(木)に愛媛県庁で表彰式が行われることになっていたのですが、新型コロナウイルス感染状況の影響で中止となってしまったため、本日、本校の校長室で校長先生から賞状を授与していただきました。受賞した作品は、「アイスくれる おばあちゃんの手が 温かい」です。大賞にふさわしい、本当に心温まる作品だと思います。梅林さん本当におめでとうございます!

 

 

人権を確かめあう日です。

 今日は、今年初めての人権を確かめあう日です。担当は5年3組の人権委委員です。大竹先生が『「ポリティカル・コレクトネス」から考える人権感覚を高めるために大切なこと』と題してお話してくださいました。東京ディズニーランドの園内アナウンスを例に、多様な性自認・性的指向の人々に対する理解が深まってきていることを紹介されました。正しい知識を身に付け、行動を起こすためにも、年間4回の人権・同和教育学活、ホームルーム活動の時間はもちろんのこと、普段の授業をはじめとする学校生活全ての場面で、何かを学ぼうとする意識を持ち、人権感覚を磨いていこうと伝えてくださいました。

 

「少年の日の集い」に向けて

 いよいよ2年生は、今月末に行われる「少年の日の集い」に向けて、準備をし始めました。生徒たちはクラス担任から、大人の自覚を持たせるための3つの意義の説明を聞き、決意表明のための手紙を書き始めました。みんな真剣に取り組んでいました。

第3学期始業式

 1月7日(金)に第3学期の始業式が行われました。入学者選考検査のために、他の県立学校よりも早めのスタートとなりました。式辞の中で校長先生は6年生にエールを送るとともに、各学年の生徒はこの3学期が次の学年のゼロ学期であると考えて、努力を継続するようにと言われました。

 新型コロナウイルスの変異株の感染が広まる状況です。基本的な感染対策を怠ることなく、すべきことをしっかり行い、実りの多い3学期にしたいものです。

始動2022年

 新しい一年が始まりました。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

今日は小寒。寒の入りとなり、これから寒さが増す時期となりました。この時期らしい凜とした空気の中、生徒たちは、今日も熱心に部活動に取り組んでいます。感染防止対策をしっかりして、今年も元気に過ごしましょう。

過ぎゆく2021年 セミナー最終日

 先日の底冷えの雪模様から、今日はやや暖かくなり、過ごしやすくなりました。

本日12月28日、冬季セミナーは最終日です。3学期に向けて、各教科での学びもより深まっていったのではないでしょうか。校内の各教室はワックス掛け、清掃も終了し、新しい年を迎える準備も整いました。3学期、よいスタートが切れるよう、明日からの冬期休業も規則正しく生活をしましょう。

 今年も本校ホームページを閲覧いただき、ありがとうございました。来る2022年も、皆様にとって健康で幸せな一年でありますよう祈念いたします。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

「JR宇和島駅ツーリストインフォメーションボード」表彰式

 宇和島市物産観光協会と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストの方々に、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を、UGI事業の一環として今年度も続けています。
 今回は、約3年にわたって続けてきたこの活動に対して、物産観光協会会長である宇和島市岡原市長様から、感謝状をいただきました。直近でボードを作成した班の生徒たちが、代表で受け取りました。岡原市長様からは、「JR宇和島駅を明るくしている。今後も活動を続けてほしい」という嬉しい言葉をいただきました。新型コロナウイルス感染拡大により更新が不定期になっていますが、今後も宇和島市のいいところをこつこつPRしていきたいです。市長様、観光物産協会様、ありがとうございました。
 

「税の作文」表彰式

 先日、「税についての作文」コンクールで、本校生徒の作品が「宇和島間税会長賞」に入賞し、授賞式が行われました。間税会会長様より生徒に直接渡していただきました。

 「税についての作文」は、1学期に開かれた租税教室に参加した3年生が、それぞれ取り組みました。税の意義や使い道などを学ぶ良い機会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

令和3年度「未来へつなぐ社会共生プロジェクト」

 4年生が、紙芝居動画と付録のおもちゃを作成し、認定こども園 元気の泉と、尾串保育園の園児たちにプレゼントしました。

 今日は天気も良く、暖かい1日だったので、園児の皆さんは外で元気に遊んでいました。プレゼントも、喜んで受け取ってくれました。

 みんなで仲良く、遊びながら紙芝居を見てもらえたらうれしいですね。来年は、直接交流できるのを楽しみにしています。

 

▼ 認定こども園 元気の泉

▼ 尾串保育園

(1年団)学年掲示板をクリスマスバージョンに飾り付けました!

 本日12/21(火)より冬季セミナーの開始です。先日、1年生の協議委員8人で、学年掲示板のリニューアルをしました。今回は、「クリスマスに何が欲しいか」というテーマで、1年生全員に書いてもらったカードを掲示しました。1年生の学年掲示板は、多くの生徒が通る場所にあるので、ぜひ見てほしいと思います。今週末までは、掲示予定です。

校内献血を実施しました

 12月20日(月)、終業式の後、5・6年生の有志の皆さんと教職員、計16名が400mlの献血をしました。初めての献血で、緊張気味の人もいましたが、スタッフの皆さんの親切な対応のおかげで、無事献血を終えることができました。6年生の中には、昨年に引き続き2回目の献血協力者もいました。今、献血に協力してくれる若者が減っています。あなたの勇気が見知らぬ誰かを助けます。皆さんも機会があれば、ぜひ献血に御協力お願いします。

 

2学期終業式

 本日、12月20日(月)は終業式。感染症対策のこともあり、今回は、放送と併用して、各教室にオンライン配信で実施しました。式辞において、校長先生は、大リーグで活躍する野球の大谷翔平選手のように、限りなく自分の可能性を広げ続けてほしいと話されました。マスクを着用したまま校歌斉唱。各自、今学期を振り返り、節目としました。2021年もあと少し。明日からは冬季セミナーが始まります。自分の成長につながるよう、有意義な時間にしましょう。

 

2021年度全国高校生フォーラム

 12月19日(日)、文部科学省が主催する『2021年度全国高校生フォーラム(オンライン)』に本校生徒が参加しました。全国から集まったワールドワイドラーニング(WWL)校及びスーパーグローバルハイスクール(SGH)ネットワーク校、また海外の学校や、アジア架け橋プロジェクトで日本に留学している海外の学生たち総勢約480人が、オールイングリッシュで、日ごろ自分たちが取り組んでいる課題研究活動の成果を発表したり、分科会に分かれ、「国際的視点で解決しなければならない重要な課題は何か」「解決のために当事者として何ができるか」、などを話し合いました。参加している生徒のみなさんのSDG's課題に対する意識の高さや英語の発信力に大いに刺激を受けながら、本校生徒も積極的に発言し、課題解決に向けたお互いの考察を共有することができました。
 


  



6年2組・5年4組対抗かるた大会

 

 12月17日(金)2限目、国語の授業において6年2組と5年4組(文系)による百人一首大会が行われました。この日に向けて、それぞれが準備を進めてきた甲斐あって、白熱した試合が展開されました。

 読手はかるた部顧問の山中先生。学年主任や担任も応援に駆け付け、生徒たちもさらに気合が入ります。真剣ながらも笑顔のこぼれる、楽しい時間になりました。

 師走の慌ただしいこの頃ですが、これを機に家族や仲間でお正月行事を楽しむのもいいですね。

シェイクアウトえひめ

 本日は、11時から「シェイクアウトえひめ」(県民総ぐるみ地震防災訓練)が行われました。本校では、防災意識の向上を目的とし、生徒たちに対しては「事前予告なし」の訓練を行いました。訓練放送が流れたら、「まず低く」「頭を守り」「動かない」の安全確保行動を1分間行いました。どのクラスも生徒たちが自身の判断や教職員の指示により適切な行動をとることができました。

   

 

  「シェイクアウトえひめ」予告なし訓練の様子【動画】

  

グローカル アクティビティⅠ

  GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 本日は、今年最後となる活動日です。研究をまとめ、ポスターの制作に取り掛かる班もでてきました。冬休みの間に、最後のフィールドワークを計画している班もありました。自分たちの研究をより深めるために、冬休みを有意義に使いましょう。
 

6年1組ホームルーム活動研究授業

 12月15日(水)6時間目に、6年1組でホームルーム活動の研究授業が行われました。「伝える力を高めよう―1人1台端末を利用して―」というテーマ設定で、全員がタブレット端末を利用して、オンラインによるKJ法(データをまとめるための手法)を実践しました。プレゼンテーション動画を制作した生徒たち、それを見て感想を述べた生徒たち共々、自分よがりにならない分かりやすい伝え方(プレゼンテーションの仕方)を学ぶことができました。ICTを活用した新しいホームルーム活動も新鮮で、皆楽しく取り組めていたようです。

スポーツデイ(3年生)

  本日、前期生はスポーツデイでした。天候にも恵まれ、3年生男子はグランドでサッカーを、3年女子は体育館でバスケットボールを行いました。寒い中ではありましたが、みんなで団結し一生懸命にプレーする姿は本当に素晴らしかったです。2学期も残すところあと数日となりましたが、しっかり体調管理をしながら充実した学期末を迎えましょう。

 

12月号保健だよりを発行しました。

 今年も残りわずかとなりました。気を緩めることなく、こまめな手洗い、手指消毒、マスクの適切な着用、定期的な換気等の基本的な感染症対策を継続し、新しい年を元気に迎えましょう。12月号保健だよりはこちらをクリックしてください。12月号保健だより

 

スポーツディ(6年生)

 12月13日月曜日、本日は後期生のスポーツデイでした。

 6年生にとっては、本校での学校生活最後のスポーツデイとなりました。男子はバスケットボール、女子はバレーボールです。怪我に注意しながら勝利を目指し、よい思い出を作ることができました。あとは受験に向けてまい進するのみ!頑張りましょう。

スポーツデイ(5年生)

12月13日(月)に、後期生は終日スポーツをして過ごしました。5年生は男女ともにサッカーを、第2グランドで行いました。日ごろから体育の授業で身体を動かしているので、軽やかに元気よくみんなでボールを追いかけていました。新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いてはいますが、油断することなく、12月を乗り切って、新年を迎えたいものです。

 

 

 

 

高校生まちづくり課 第2回ワークショップ

  12月12日(日)、宇和島市立中央公民館にて「高校生まちづくり課」の第2回ワークショップが行われ、本校生徒4名が参加しました。この活動は、市内の高等学校・中等教育学校の生徒たちが、「若者が地域に残れる、帰れるまちづくり」をテーマに、ワークショップを通じて、直接まちづくりに参画していくものです。
 今回は、昨年度までで先輩たちが取り組んできた活動を受け継ぎ、そこに4期生ならではのアイデアを付け足していくものでした。コロナ下で活動が制限される中、今回のようにみんなで集まって活動できる機会は大変貴重なものです。様々な学校の仲間のアイデアを参考にしながら、まちづくりに貢献できる活動を行っていきたいと思います。
  





2年 学活研究授業 12月10日

 2年1組で、飯田先生と栄養教諭の亀田先生による学活が行われました。

「減塩で健康な食生活を目指そう」の主題で、“宇南さん”の一日の食事の問題点をグループで話し合いました。ラーメンのスープを残したり、間食を控えたり、野菜の摂取を心がけることを学びました。「食品の含有成分を確認したい」とか、「朝食の菓子パンをごはんに替える」とか、さっそく自分の食生活に反映させる声が聞かれました。

    


 


  

 

 

 

 

 

 

『人口減少社会に挑む!フォーラム2021』オンライン会議参加

  12月11日(土)の午後から、愛媛大学社会共創学部とえひめ地域づくり研究会議の主催する『人口減少社会に挑む!フォーラム2021』オンライン会議に、本校生徒5名が参加しました。第一部ではまず愛媛大学社会共創学部教授笠松先生による基調講演が行われ、「レジリエンスのある社会づくりが今後の地域の在り方につながる」という考えを学びました。次に、地域で活躍されている4組の皆さんのお話を伺い、地域社会のレジリエンスを高める具体的な取組例を知ることができました。第2部では、4つの分科会に分かれてディスカッションを行いました。大学生や大人の方々も参加している中で、発言をすることはなかなか勇気のいることですが、地域を活性化したい仲間であれば年齢も肩書も関係ないという思いで、生徒たちは積極的に意見を交換することができました。今後の課題研究に大いに役立つ有意義な会となりました。
 

人権を確かめあう日です。

 今日12月10日は、今月の「人権を確かめあう日」です。そしてまた、国連で世界人権宣言が採択された「世界人権デー」でもあります。数学科の宮本万理子先生が、「『ワイルド・スピード』に学ぶ人種の多様性」と題して、お話をしてくださいました。今月の放送担当は5年2組の人権委員2人です。宮本先生から、生徒たちにも身近な映画を題材に、グローバル化が進む現在、人種や言葉、文化が違っても、互いを受け入れて認め合っていくことの大切さを伝えていただきました。

 間もなく冬休みがやってきます。普段よりも時間の余裕が持てる冬休みを利用して、「ワイルド・スピード」を見てみるのはどうでしょう?アクション映画を楽しみながら、人種の多様性についても考えてみませんか。

 

スポーツデイに向けて

 今、体育では全学年が来週のスポーツデイに向けて練習をしています。2年生は男子ソフトボール、女子バスケットボールです。珍プレーに好プレー続出。みんな笑顔で試合をしています。楽しい証拠ですね。

今日の2年生

 今日は2年生の5時間目の様子をお伝えします。4階渡り廊下で美術の下書きをしています。影を画用紙に写して形を整えているようです。みんな楽しそうに取り組んでいました。食物室では調理実習中。今日のメニューは「サバの味噌煮とおひたし」。みんな嬉しそうに実習をしていました。今日も充実した一日でした!

給食 「減塩の日献立」

 12月9日(木)の給食は、塩分量を特に少なくした「減塩の日献立」で、ごはん、牛乳、シルバーのみりん漬け焼き、千草和え、のっぺい汁でした。毎月1回減塩について考えてもらえるよう、学校給食でも「減塩の日献立」が実施されています。「シルバー」という魚は、耳慣れないかもしれませんが、「銀ひらす」とも呼ばれる魚です。色鮮やかな千草和えと、芋や野菜がたっぷり入ったのっぺい汁をいただきました。

 

愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会 12月3日(金)

  IYO夢みらい館で、インターアクト部の生徒が、「この一歩が、分断を乗り越えること

がると願って。“But still,we can reconnect now.”」と題して研究発表を行いました。

これまで取り組んできたアメリカでの日本の文化紹介イベントへのオンライン参加や海外

の高校生とのオンライン交流会、地元宇和島市の史跡を二か国語で紹介する動画作成など

の活動を紹介しました。コロナ禍で多くの制約がありますが、世界の人々との関係性を再

構築するように取組を継続したいと思います。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 



 

期末考査最終日

 前期、後期ともに期末考査の日程が無事すべて終了しました。前期生は久しぶりの給食でしたが、スムーズに準備をすることができました。

 午後からは、部活動を頑張りましょう!

(1年団)漢字テストクラスマッチと授業前後クラスマッチの結果!

 11月29日(月)晴れ、3年生以上は期末考査初日、1・2年生は①~⑤の特別時間割となっています。さて、先週末で終了した1年団独自のクラスマッチ、「漢字テストクラスマッチ」と「授業前後クラスマッチ」の結果をお伝えします。どちらのクラスマッチも2組が優勝しました。他のクラスの猛追をものともせず、圧勝でした。2組の姿勢には、団結力と意識の高さ、プライドのようなものが感じられます。また、3学期にもクラスマッチを何かの形で設定したいと思います。他のクラスも負けずに頑張ってほしいです。

給食「がんばろう宇和島~鯛の日~」

 11月26日(金)の給食は「地産地消の日献立」です。宇和島市産の鯛を使った「がんばろう宇和島 ~鯛の日~ 」の献立でもあり、今日は遊子の鯛をシンプルな塩焼きで味わいました。秋の味覚であるきのこの炊き込みごはんには、しめじ、しいたけ、まいたけが入っていました。豚汁には大根、白菜、ごぼうなどたくさんの具材が入っていて、旬の味を楽しみました。栄養満点の給食メニューに、ALTのモニカ先生も「おいしい!」と舌鼓を打っていました。

 

笑う 愛顔つながる日 えひめ いじめSTOP!デイ

 先日、愛媛県の小中学生を対象として実施された「愛顔つながる日 えひめ いじめSTOP! デイ」県内一斉ライブ授業に、1年生がオンデマンド視聴で参加しました。センター校2校、リモート校4校の児童、生徒の発表や意見交換をメモを取りながら聞き、しっかり考えることができました。ライブ授業の最後には、タブレットを使ってアンケートに回答です。タブレットの操作法をお互いに教え合いながら、スムーズに進めることができ、「自分たちがこれから頑張りたいこと」を発信することができました。

 

 

 

 

人権・同和教育の取組(愛媛新聞)

 本校生徒の人権・同和教育の取組が本日の愛媛新聞に掲載されましたので転載します。

 

 「宇和島出身の裁判官テーマに教材」2021年11月26日付愛媛新聞(掲載許可番号:d20211126-02)
  愛媛新聞ONLINE(http://www.ehime-np.co.jp) 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 本日は、ポスター制作の続きをする班や、アンケートを作成する班など、様々な活動が見られました。このような活動を通じて、生徒たちのICTスキルが着実に高まっているように感じています。積極的にICTを活用し、自己表現の幅を大きく広げていって欲しいと思います。

 

 

 

愛媛県中学校長距離継走大会

 11月20日土曜日にニンジニアスタジアムで愛媛県中学校長距離継走大会が開催されました。選手たちは力走し、結果は女子17位、男子14位となりました。大会までの練習を含め、3年生を中心に常にいい雰囲気の中よく頑張りました。来年も引き続き頑張りましょう。

 

3年生総合学習発表会

 11月17日(水)の5・6時間目に、3年生は総合学習『職業研究』の学年発表会を体育館で行いました。各クラスで代表に選ばれた生徒8名が、「一級建築士」「保育士」「通訳」「パティシエ」「介護福祉士」「音楽プロデューサー」「映像カメラマン」「弁護士」について発表したのですが、パワーポイントのまとめかたや発表の仕方もとても素晴らしかったです。また、その後の質疑応答では積極的に質問や感想が発表され、とても充実した学びの機会となりました。

 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。今回は3名の大学の先生方をお招きし、課題研究に対するアドバイスをいただきました。アンケート調査を実施し、そのデータをもとに研究を進めている班も多く見られます。ポスター制作では、自分たちの研究の「背景」や「意義」をしっかりと伝えることを意識して制作してください。見やすく、分かりやすいポスターになることを期待しています。

家庭科学部 お菓子作りを再開しました

 

 

 家庭科学部では、今月から、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため控えていた、お菓子作りを再開しました。11日には「プチ・ショコラ」、17日には「アイシングクッキー」を作りました。約4か月ぶりでしたが、前後期生が和気あいあいとした雰囲気の中で、久々のお菓子作りを楽しみました。また、10月下旬に、後期生7名が中庭に植えたパンジーも元気よく育っていますので、ぜひ癒されてください。

校内研究授業(2年2組道徳)

 17日(水)5時間目に2年2組で門田先生と宮崎先生の道徳科の研究授業がありました。主題は「SNSとどうつき合う?」です。SNSの使用を通してトラブルに巻き込まれる題材から、自分たちはどのようなことに心掛け使用していけばよいのかを考えました。

 

新ALTモニカ先生との初授業

 11月17日(水)の5限目に、先日本校に着任した新ALTモニカ・ハンド先生が、ティームティーチングで4年生と初授業を行いました。まずモニカ先生がプレゼンテーションソフトを使って自己紹介をし、生徒が英語で質問を行いました。その後、『宇和島で生活するうえでちょっといい情報』を、生徒がプレゼンテーションしました。10グループに分かれて、10個の情報をモニカ先生にお伝えすることができました。先生が宇和島で生活していくなかで、お役に立てると嬉しいです。モニカ先生、これからよろしくお願いします!
 
 
 

ハワイプナホウスクールとのオンライン交流会(3回目)

  本日1時間目に、アメリカハワイ州のプナホウスクールの皆さんと、4年生が、オンラインによる交流会を行いました。3回目の今回は、お互いの学校行事を紹介する、ということで、本校からは、体育祭や文化祭、スポーツデイなどのイベントを紹介しました。体育祭の紹介では、「ガイヤというダンスを全校生徒で踊る」という紹介ののち、実際に踊って見せました。プナホウスクールの皆さんからも、プナホウカーニバルという大きな学園祭のお話などを伺いました。ありがとうございました!
 


人権紙芝居 愛媛新聞取材

人権紙芝居のDVD教材について、愛媛新聞の取材がありました。

これまでの活動を振り返り、緊張しながらも堂々と自分たちの思いを

伝えることができました。

11月11日~12月10日は「差別をなくする強調月間」です。

誰もが平等に生まれながらに持っている人権について考え、

差別を許さず、差別をなくす行動を起こしましょう。

 

校内研究授業(門屋先生)

 11月16日(火)の⑤限目に、英語担当の門屋先生による研究授業が、4年2組で行われました。「We Are the World」という教科書のレッスンを通して、学習した内容を自分の英語でリテールする授業を、一人一台端末などを使って、テンポよく進めていました。

 生徒も自信を持って発表し、他の生徒の発表に拍手をしていました。このレッスンを終えて、生徒たちは、人のために何ができるかを考える良い機会を得られたように思います。

 

 

文京地区6校合同地震津波避難訓練

 午前中、南海トラフ巨大地震を想定した避難訓練を6校合同で行いました。

避難場所は前期生は愛宕公園、後期生は天神小学校です。1時間目の授業担当

者の誘導により、生徒たちは真剣に訓練に臨みました。

 

 

iPadで作曲活動!!

 4年生の音楽選択者の授業は、作曲アプリで着信音作りに挑戦しています。非常にクオリティの高い着信音ができており、生徒たちが日頃から多様な音楽に親しんでいることが伺えます。

2年生「世界学」発表!!

10日(水)の5・6時間目に2年生は総合学習『世界学』のクラス代表発表会を武道場で行いました。代表の生徒はヨーロッパやアジアの宗教、文化、衣食住、日本との貿易等々を研究し、それをパワーポイントにまとめ、分かりやすく説明していました。質疑応答もあり、活気ある発表会になりました。

 

 

 

JR宇和島駅インフォメーションボード(第2回)

 宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストの方々に、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を、UGI事業の一環として今年度も続けています。
 新型コロナウイルス感染症の拡大により一時中断していたインフォメーションボード制作の活動を本格的に始めることできるようになりました。第2回目の今回は、『Our Pride, Uwajima』と題して、宇和島のナンバー1やオンリー1をたくさん詰め込んだ作品となりました。宇和島に来てくださる皆さんが明るい気持ちになっていだだけることを期待しています。
 

新ALTの先生のお迎え

 新型コロナウイルスの関係で、ALTの先生の着任延期や変更がありましたが、本校にも本日、新ALTのモニカ先生に来ていただきました。松山空港へお出迎えした後、午後、本校に到着しました。校長先生による英語での歓迎挨拶とモニカ先生の日本語による挨拶がありました。住居の準備や各種手続きなどをして、来週以降、授業にも加わっていただくことになると思います。

 生徒の皆さんと楽しい英語の授業ができることを期待しています。

 

(1年団)教育実習生による学級活動の様子

 11月5日(金)の6限目、1年4組で教育実習生の岡本先生が学級活動(自分を知ろう「人と個性」)を行いました。思春期の特徴について、先生自身の経験を交えながらの説明を聞いたり、実践例を参考にリフレーミング(短所を長所と置き換える)をしたり、友人の良いところをできるだけ付箋に書いて渡したりしました。

 授業後の感想では「自分の長所を褒められてうれしかった」や「短所だと思っていたことが長所だと言われてうれしかった」などがありました。ポジティブな言葉が飛び交う素敵な授業でした。

えひめ未来創造人材育成事業

 持続可能な社会の実現に向け、地域社会で主体的に活動する人材を育成するため、愛媛県が推進する「えひめ未来創造人材育成事業」の一環として、本校4年生が、保育園児に紙芝居動画を贈呈することになりました。
 本日は、生徒たちが作成した紙芝居の中から、選りすぐりの作品を動画に収録しました。生徒たちは、紙芝居の登場人物になり切ってアテレコを行ったり、いろいろなアイテムを手作りしたりして、紙芝居をよりたくさん楽しんでもらえるようがんばりました。
 園児の皆さん、動画楽しみに待っていてね!
 

10月31日(日)のグランドで

 日曜日の学校グランドで女子サッカーの県リーグが行われていました。前期サッカー部11人が東雲高校と対戦し、体を張った守り、足を使った突破、今できることを最大限に発揮して頑張っていました。

 

県リーグが終わると、男子前期サッカー部が3年生お別れ試合を開催していました。1・2年生vs3年生vs保護者が激突しました。3年生のみなさんお疲れさまでした。思い出に残る一日になったと思います。

宇和島市駅伝大会

 10月31日(日)宇和島市駅伝大会が開催されました。男子2チーム、女子1チームの有志駅伝メンバーが元気いっぱい笑顔満開で走り切りました。次は県長距離継走大会です。男女8位入賞目指して頑張りましょう。

文化部発表会

  さる10月28日、文化祭の代替行事として、文化部発表会が行われました。前期生と後期生を入れ替えて、体育館でのステージ発表を観覧。優美な箏の音色を奏でる邦楽部の演奏、迫力ある吹奏楽部の演奏を楽しみました。

  保健委員会の「免疫力アップ」をテーマにした展示、家庭科学部の可愛らしい手芸作品、華道部の華やかで凜とした生け花、臨場感ある写真部の作品、熱のこもった美術部の作品、科学部の楽しそうな実験展示、インターアクト部の活動紹介など、校舎内を様々に彩りました。宇和島南の文化が花開いた一日。生徒の皆さんの豊かな感性が表現され、日頃の文化活動の成果の発表をすることができました。

 

前期 スター誕生!

 28日の文化部発表会に引き続き、今日は学級活動の時間を利用して、前期生だけの「スター誕生!」を開催しました。3年生の生徒会を中心に、盛り上げ上手な男子生徒2人の司会で、楽しいひと時をみんなで共有しました。黄色い歓声が上げたいところをグッと我慢して拍手や手を振ったりとコロナ対策もしっかりとして、さすが南中生だと感じました。また、最上級生のパワーを感じ、見応えあるパフォーマンスに笑いあり、感動ありでした。

校内研究授業(5年4組)

 本日10月29日(金)の⑥限目のホームルームの時間に、人権・同和教育の研究授業が5年4組で行われました。テーマは、「人権獲得の歴史に学ぶⅢ―水平社運動―」です。水平社宣言に込められた人々の思いを学び、関わった先人の生き方から、差別に立ち向かう姿勢を育みたいと設定して実施しました。

 生徒達は担任の先生の話に熱心に耳を傾け、班ごとの討論では積極的に意見を出して、発表していました。この授業を通して、水平社運動への理解が今まで以上に深まったものと思います。

 

 

ハワイプナホウスクールとのオンライン交流(第2回)

  本日1時間目に、アメリカハワイ州のプナホウスクールの皆さんと、4年生が、オンラインによる交流会を行いました。今回は、本校生徒たちが寸劇を使って、学校生活について説明しました。プナホウスクールのみなさんにも、大変楽しんでいただけたようでした。またプナホウスクールのみなさんからは、学校行事であるカーニバルについて紹介してもらいました。遊園地にあるようなアトラクションが登場する本格的なお祭りで、本校生からは驚きの声が上がっていました。あともう一度交流会を行う予定です。今度はお互いにどんな驚きが生まれるのか、今から楽しみです!
 

早朝のミニ駅伝大会

 水曜日の朝は駅伝練習です。きょうは1区間が750mのミニ駅伝大会をしました。今週末31日(日)に宇和島市駅伝大会が開催されます。今日は先生からタスキの装着の仕方、渡し方などを教えてもらい、実際に走って体感しました。選手たちは説明を聞きながら一生懸命、朝のグランドを走っていました。1つのタスキをみんなでしっかりと繋いでくださいね。

文化部発表会に向けて

 文化部発表会(保護者のみの限定公開)が近付いてきました。コロナ禍で制限のある中、生徒たちは今持てる力を発揮して練習しております。発表できる喜びを胸に、本番では思う存分音を楽しみたいと思います。ご期待ください!

教育実習の先生がんばる

 先週金曜日から教育実習の先生が来られています。先生になるために3週間、本校で実習をします。3人とも保健体育で体育や保健を教えてくれます。前期2年生女子は、年齢の近い先生に大喜びです。毎時間、最後に試合をしますが、昨年の1年時から比べるとずいぶんバスケットボールが上手になっています。ただ、打っても打ってもシュートがなかなか入りませんが、そこは練習あるのみです。教育実習の先生も生徒の皆さんも、がんばろう!

 

書に親しむ

前期生は、国語の授業で書道に取り組みました。うちこみ、はらい、とめ・・・一喜一憂しながら、半紙に向かって全集中です。

筆使いに苦戦しつつも、それぞれ素敵な書が完成しました。文化部発表会に向けて、今年も校内展示しています。文化の秋、書に親しみ、作品を味わっていきましょう。

 

10月号保健だよりを発行しました。

 県内は10月20日から「感染縮小期」に移行しましたが、引き続き、マスクの正しい着用、こまめな手洗い、手指消毒、定期的な換気等の基本的な感染症対策を実践し、感染予防に努めましょう。

 10月号保健だよりはこちらをクリックしてください。R3保健だより10月号.pdf

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。今回は、愛媛大学及び松山短期大学の先生方をお招きし、生徒たちの課題研究に対して、専門的なアドバイスをいただきました。先生とのやりとりを通じて、抽象的であった研究構想が次第に具体的になっていき、生徒たちの表情からも、課題研究に対する意欲が高まっていることを感じました。今後も研究を進めていき、ポスター制作に取りかかれるようにしましょう。

ハワイプナホウスクールとのオンライン交流

     本日1時間目に、アメリカハワイ州のプナホウスクールのみなさんと、4年生が、オンラインによる交流を行いました。まず宇和島南の生徒が伝統的な部活動をいくつか紹介し、琴の演奏も行いました。続いてプナホウスクールの皆さんが、学校のカリキュラムや行事について紹介してくれました。短い時間ではありましたが、楽しく異文化交流できる貴重な機会となりました。あと2回プナホウスクールの皆さんとは交流の機会を持つ予定です。オンライン交流に際し、御尽力くださったハワイ日米協会のみなさん、公益財団法人愛媛県国際交流協会のみなさん、ありがとうございました。
 
 

 

 

 

人権学習「ひらがなにっき」

 10月15日(金)6限、1年生は「ひらがなにっき」という題材で、人権・同和教育学級活動を実施しました。なぜ学ぶ機会を奪われた人たちがいるのかを考え、差別の不合理さを知るといった内容でした。どのクラスも真剣に先生の話を聞き、話し合い中は、活発な意見交換がなされていました。

第2回人権・同和教育学活、HR活動を実施しました。

 10月15日(金)は「人権を確かめあう日」でした。今月の人権だよりは進路部課長の小池先生が「SNSと人権」と題して、便利で身近なSNSが、使い方によっては相手や自分自身を傷つけてしまう一面があることなどを、具体的な事例を挙げて分かりやすく話してくださいました。「その言葉を書き込む前に、一度立ち止まって考え」られるようにしましょう。

 6限目には、全クラスで人権・同和教育の学級活動、ホームルーム活動が行われました。どのクラスでも、熱心に話し合いをしたり、自分の意見を堂々と述べることができていました。後期では、生徒が担任の先生と協力しながら司会、進行を務めていました。今日学んだこと、考えたことを、ぜひ家でも話題にしてください。

 

愛媛大学農学部オンライン説明会

 13日の放課後、本校会議室にて、愛媛大学農学部のオンライン説明会が行われ、5年生6名が参加しました。オンラインという不慣れな形式ではありますが、参加した生徒は熱心に大学の先生の説明に耳を傾け、時には質問をしたりしながら、大学での専門的な学びに関する知識を深めました。

【高校生まちづくり課】市長報告会に参加しました

 本日、「高校生まちづくり課」に参加する生徒2名が、青年会議所との協働事業の市長報告会にオンラインで参加しました。去る7月、宇和島市中心部の手書き地図を制作し、この度、その地図が完成しました。この活動を通じて、宇和島地域の新たな魅力を発見したり、良い部分を再認識したりと、宇和島の活性化について深く考えることができました。今後の活動も、主体的に頑張って欲しいと思います。

 

校内読書会

 読書の秋です。10月13日の放課後、図書室で、図書委員会主催でビブリオバトルを開催しました。参加生徒は各自でおすすめの本を持ち寄り、4班に分かれて、チャンプ本を競い合いました。どの班も班長を中心にたいへん盛り上がっていました。

 随筆あり、小説ものあり、新書あり・・・各班、バラエティに富んだ本がそろいました。今回も各自がおおいに語り尽くした読書会。本を通じて心が重なり合った、心地の良いひとときでした。

 

中間考査が終わって

 中間考査が終了しました。日頃の学習の成果は十分発揮できたでしょうか。今週はテスト返却が行われていますので、この結果をもとに期末考査に向けて頑張りましょう。考査が終わり部活動も再開されました。特に文化部では10月28日(木)の「文化部発表会」に向けて、どの部も集中して活動しています。新型コロナウイルス感染症予防には十分気を付けながら、勉強に部活動に精一杯取り組み、充実した学校生活を送っていきましょう。

文化部発表会に向けて

 10月8日(金)で、全学年中間考査が終了しました。来週は結果が返却されますが、何事も振り返りを十分に行って、次に備えておくことが勉強でもあります。健康管理に十分留意して、登校しましょう。

 考査後は、月末に予定されている文化部発表会に向けて、練習を本格化した2つの部活動の撮影をしました。部によっては、各部屋に分散して、しかも新型コロナウィルスの感染拡大防止対策を十分に行って、練習をしていました。発表会当日に練習の成果が十分に発揮できることを期待しています。

 

 

前期中間考査1日目

 前期の中間考査が始まりました。1日目は2教科です。どのクラスもテスト開始前の教室は静かで、時計の音が聞こえてきます。精神を集中させ、見直しなどを確実にして凡ミスがないように頑張ってほしいです。中間考査中でもでも中間考査明けに試合がある運動部活動は1時間程度の部活動を頑張っています。文武両道で限られた時間をしっかりと集中しましょう。

前期生、明日 (10/7) から中間考査

 後期生は火曜日から中間考査が始まっています。前期生は明日木曜日から始まります。体育の授業は中間考査を挟んで種目が変わります。グランドを覗いてみると、3年生男子が3組対4組でソフトボールの最終試合をしていました。3組は着々と追加点を入れ、最終回7対3で3組がリードしていました。このまま3組の勝利と思いきや、4組の猛烈な粘りで7対7の引き分けで終了しました。とても盛り上がったいい試合でした。明日からのテストもこの勢いでぜひ頑張ってほしいです。

   

全学年中間考査

 10月5日(火)より後期課程は中間考査が始まり、明日7日(木)からは前期課程も始まります。いわゆる「中だるみ」と言われる2学期中間の時期ですが、各学年とも放課後は、自主学習やグループ学習をしている生徒たちがいます。学習にはもってこいの気候です。万全の準備をして、良い結果がでるように励んでもらいたいと思います。

 

 

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は愛媛大学及び松山短期大学の先生方を講師としてお招きし、ビデオミーティングツールを使った遠隔授業を行いました。各カテゴリーごとに先生方とつながり、まず自分たちが進めている研究内容についてプレゼンテーションを行いました。その後先生方から改善点を伺いました。先生方のアドバイスを受けて、アンケートを制作したり、フィールドワークのインタビュー内容を検討したりすることができました。先生方ありがとうございました。



校内造形大会 ~彩りの光集めて~

 9月29日、30日、前期課程の多くの運動部は、宇和島市北宇和郡新人大会に出場しています。選手の皆さんの活躍を祈りながら、校内に残る1、2年生は、造形大会に参加してステンドグラス風飾りの制作に挑戦しました。

 今回のテーマは、「オリンピック・パラリンピック」。五輪マーク、ピクトグラム、各種競技、今年の大会の思い出・・・どんどんイメージをふくらませ、意見を出し合い、デザインを固めていきました。生徒たちの想像の翼はすばらしく、各班で協力しながら、すてきな作品を完成させることができました。作品はこれから校内に展示されます。太陽の光を受けたステンドグラスは、校内を明るく照らし、気持ちもきらきらと輝かせてくれることでしょう。楽しみです。

 

9月号保健だよりを発行しました

 秋の気配を感じる頃となりました。十分な栄養と休養を取り、適度な運動をすることで、夏の疲れをとり、免疫力を高めることができます。体調を整え、この秋、スポーツや芸術活動等を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 また、引き続き、新型コロナウイルス感染症の「感染回避行動」を実践し、感染予防に努めましょう。

 保健だより9月号は、こちらをクリックしてください。 保健だより9月号

1学年の学年掲示板にある「先輩たちへのメッセージ」!

 1年生にとって初めての体育祭が終わり、学年掲示板には各クラスで書いた「先輩たちに向けたメッセージ」を掲示しています。「応援の時、かっこよかったです」、「走っている時に応援してくれてうれしかったです」、「ガイヤの練習の時、しっかりと教えてくれてありがとうございました」など、体育祭を通じて、先輩たちへの感謝の気持ちを書いている内容がほとんどした。来年度になって、今の1年生に後輩ができたら、先輩たちと同じように後輩を大切にしてほしいと思います。

人権集会を実施しました

本日、全校放送による人権集会を実施しました。まず最初に、前人権委員長の神森さんに「パラリンピックを見て」と題した人権だよりを朗読してもらいました。次に、前期生の代表として2年1組の清水さんに「シトラスリボンとシトラスツリー」と題した人権作文を朗読してもらいました。また他にも人権委員が夏休みに参加した研修の活動報告もありました。これからも、いろいろな人と出会う中で、様々な人権問題に関心を持ち、それらをより「自分ごと」としてとらえ、積極的に行動できるよう、一生懸命に活動していきたいと思います。

なお、前期美術部の生徒が制作し、さらに3年生の人権委員がアフレコを担当した「人権紙芝居(児島惟謙の一生)」が宇和島ケーブルテレビにて24日(金)夕方18時より随時放送されます。ぜひご覧ください。

 人権だより(9月).pdf

共通テスト出願準備

 体育祭も終わり、6年生はいよいよ受験シーズン到来です。先週から、令和4年度大学入試共通テストの出願準備が始まりました。一部大学の総合型選抜試験の出願や受験も始まっています。

 これからが受験本番! 各々の進路実現に向けて、精一杯努力しましょう。

あるクラスの終わりの会の風景

 2年生のあるクラスが終わりの会で席替えをしていました。クラス全員の名札を担任の先生が持つ袋に入れて、「自分が引いた名札の人の席に移る!」という仕組みです。生徒は名札を引いては喜び、名札を引いては机に突っ伏したり天を仰いだりと一喜一憂です。引いた席に自分の名前を書き入れていきます。どんどん名前で埋まっていく中で、「うわ~周りが全部女子になりそう・・・。」という男子の声も(嬉しいのか、悲しいのか)。明日から、新鮮な気持ちで授業を受けられます。和気あいあいとした時間が流れていました。

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
 今回は、各班が作成した「研究構想シート」をもとに、その内容を深めていきました。研究構想を他の班に発表し、その後行われた質疑応答の中で意見を交換し合いました。建設的な意見が数多く出るなど、生徒たち一人一人が、主体性を持って課題研究に取り組んでいるということを感じました。今後も、意欲的な姿勢で研究を進めてくれることを期待しています。

 

駅伝練習始まる

 今日から駅伝練習が始まりました。大会は、宇和島市中学駅伝が10月31日(日)、愛媛県中学駅伝は11月21日(日)新居浜市東雲競技場で行われます。合同練習は月曜日の放課後、水曜日の朝です。メンバーは陸上部長距離と希望する前期生です。一日目から手応えのある練習ができました。集合時間、練習後の切り替えを大事にして、これから大会まで目標を持って走り抜いてください。

雨の日の部活動

 今日はあいにくの雨です。雨の日の部活動は、外の競技は校舎内で実施です。空いている階段や廊下を使って、ダッシュや筋力トレーニングでたくさんの汗を流しながら一生懸命に活動しています。厳しい練習も励まし合いながら頑張っている姿を見ているとパワーをもらいます。今月末にある市郡新人大会、みんな頑張りましょう!

2学期の給食スタート

 九月もはや半ば。中庭の百日紅(サルスベリ)は、夏から秋にかけて鮮やかな紅色の花を咲かせ、校内に彩りを添えてくれています

  体育祭が終わり、本格的に2学期の授業が始まりました。今日から給食も再開です。今日は、ごはん、秋刀魚のおかか煮、切り干し大根のごま酢あえ、キムチ入りのピリ辛味噌汁という、秋を感じさせるメニューでした。食欲の増す季節です。もりもり食べて、元気に過ごしていきましょう。

グローカル・アクティビティⅠ

  GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。
    2学期最初のGAⅠの時間となった今回は、夏季休業中の間に、それぞれが分担して行っていた調査を持ち寄り、どのような課題を研究するかについて、各班で具体的に検討を行いました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、思うように活動できなかった班もあったようですが、改めてフィールドワークの計画を立て直すなど、交流ができるようになったときの準備を行いました。みんな前向きに活動できています。
 

 

体育祭

9月6、7日の2日間に渡り ~繋げ 伝統 輝け 未来~ のスローガンのもと、第73回体育祭が行われました。

第1部

 

第2部

  ★結果★

民謡  優勝 連山

   準優勝 新潮

パネル 優勝 映雲

   準優勝 連山

応援  優勝 連山

   準優勝 映雲

競技  優勝 連山

   準優勝 朝鳥

総合  優勝 連山

   準優勝 新潮

 

各団1年生から6年生までが1つにまとまり、素晴らしい演技を披露してくれました。

今日の勢いのまま、明日からの学校生活も頑張りましょう。

本日体育祭第1部開催!まずは、全校で準備を!

 本日9月6日(月)、曇天ではありますが、比較的過ごしやすい気候となっています。体育祭開始までのしばらくは、全校生徒で会場設営から環境整備まで取り組んでいます。この後、9時40分予備整列開始、10時スタートの予定です。

体育祭練習最終日

  本日も残暑の中、生徒たちは授業と体育祭の練習を両立させて学校生活に取り組みました。コロナ渦での体育祭開催ということで、様々な感染症対策や制限がありましたが、その中で生徒たちはできる限りのことを精一杯頑張ってきました。それぞれのプログラムの仕上がりは上々です。いよいよ体育祭本番まであと1日となりましたが、各自体調管理をしっかりと行い、来週の本番では全校生徒一丸となった「南の輝く瞬間」をたくさん見せてくださいね!

 

仕上げのガイヤ練習(1・2年)

 9月4日(土)、体育祭練習で開校日です。1・2年生は、①②時間目、体育館で仕上げのガイヤ練習をしました。ガイヤリーダーを中心として、創作の部分にも力を入れ、完成に近づいたようです。本番は9月7日(火)の2種目目です。他学年の生徒も巻き込んで、盛り上げてほしいと思います。

 

体育祭総練習

 本日は、体育祭総練習でした。

時折、にわか雨にも見舞われましたが、無事に全日程を終了しました。

各係の役割分担や競技中の位置・配置などの確認を行い、本番に向けて準備万端です。

 素晴らしい体育祭になるよう、あとは体調をしっかり整えましょう。

 

3年生競技練習風景

 本日1限目、3年生は体育祭の競技練習を行いました。与えられた時間をどう活用するか自分たちで考えなくてはいけないため、最初は戸惑う場面も見られましたが、すぐに競技ごとで協力しながら練習を進めることができました。体育祭まで残りわずかとなりましたが、1・2年生もしっかり指導しながら団結し、前期最高学年として思い出深い体育祭にしていきましょう。