新着
 11月30日(月)、教職員30名が、宇和島消防署救急救命士の三好宣洋さんから、心肺蘇生法・救急法の講習を受けました。講習では、搬送方法や胸骨圧迫、AEDの使用方法等を実習しました。また、熱中症や過換気症候群の応急手当等についても分かりやすく御指導いただき、充実した講習会となりました。万が一の時には、迅速で適切な対応ができるよう、今後も教職員一人一人が救急法の技術を高め、安心・安全な学校づくりを目指したいと思います。お忙しい中、御指導いただいた消防署の三好さん、ありがとうございました。
 11月も今日で終わりですね。早いものです。期末考査3日目、今朝はぐっと冷えて、冬の気配が肌で感じられる1週間のスタートとなりました。本日は、3年生の英語の授業で行われた「尊敬する人についてスピーチをしよう」についてお伝えします。3年生は、例年期末考査前に、試験範囲でもあるこのパートで、全員がそれぞれの尊敬する人について英語でスピーチをします。自分の親に関するスピーチもあれば、好きな芸能人やスポーツ選手に関するスピーチもあり、バラエティに富んでいて、聞く方も楽しかったです。また、それぞれのスピーチの後には、感想や質問を受け付け、しっかりと英語でやり取りができていました。中には積極的に何回も質問した人も多くいました。次回は3学期に、「私の人生」というテーマでスピーチを実施する予定です。
  朝、8時前の教室での一コマです。登校した生徒が今日の試験に向けて最後の確認をしています。最後まで見直しを怠らず、がんばってほしいものです。この土日を有効に使いましょう。
 今、1年生はトイレの使い方を見直しています。次の人のことを考えて行動することができる人を目指しての取組です。1年生みんなに伝えてからは劇的にトイレがピカピカになりました。気付いた人がゴミを拾う、トイレットペーパーを替える、スリッパを揃え直すなど、自分のちょっとした気遣いで清潔感あふれるトイレになりました。そして、とても優しい気持ちになれました。今日の清掃時間、みんなが気持ちよく学校生活を送れるようにそれぞれが頑張っていました。教室も廊下もトイレ、洗面台、そしてわたしたちも大喜びです。
    今週26日(木)から2学期末考査が始まります。日ごろの学習の成果が問われるテストとなりますが、どの学年も放課後に自主的に残って学習をしているシーンが目立ちます。グループ学習をして友達に聞いたり、先生に教えてもらったり、理解が不十分と思われる点の確認をしています。    健康を崩しやすい季節で、しかも新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、各自が健康管理には十分留意して考査に臨んでもらいたいものです。      
 11月20日(金)は「人権を確かめあう日」でした。  今月は、5年2組が担当、原稿は山中恵先生が書いてくださいました。教え子とのエピソードを紹介され、人は成長する、自分の心のありようによって変われるのだということ、そして、まずは自分を見つめ直し、周りを思いやれるような心のありようを大切にしようと伝えてくださいました。  人権だより11月号では、人権委員の声に加えて、保護者の方からの感想、人権教育部によるコラムも掲載しています。ぜひ読んでください。 人権だより(11月号).pdf
 本日1、2年生は2学期末考査の発表日でした。中間考査終了から約1か月が経過しましたが、その時の反省を生かして、その後しっかり学習に取り組めたでしょうか。やらないといけないことを先送りにせず、計画をしっかりと立ててそれを確実に実行していきましょう。それから、今週末は暖かいというより、非常に暑かったですよね。とても11月とは思えないほど寒暖の差が大きくなり、風邪をひきやすくなっていると思います。新型コロナウイルス感染状況も深刻になってきていますので、この3連休は考査に向けて学習を中心に家庭で過ごし、体調管理も万全にしていきましょう。                   
 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 今回は、愛媛大学と松山大学より先生方をお招きし、水産・まちづくり・企業・文化の各分野で、課題研究についてアドバイスをいただきました。アンケートやインタビューの結果をもとに、先生を含めたディスカッションで考察を深めるとともに、今後の研究のまとめ方についても指針を示していただきました。かんきつ分野の中には、家庭科室を借りてかんきつに関する調理実験を行った班もありました。制限も多い中、自分たちでできる限り知恵を絞って、研究を進めています!    
 さる11月14日(土)15日、会場の県民文化会館(松山市)を中心として、県高文祭が開催されました。今回は感染症拡大防止や予防に努めた、例年とは異なる形式での実施でした。文化部の日頃の練習の成果を、年に一度、発表し、また競技をする場として、県下の高校生たちが集いました。本校からは、吹奏楽部、邦楽部、美術部(美術、書道)、写真部、華道部、放送部、日本文化部(かるた、囲碁、将棋)の各部が参加しました。それぞれが素晴らしい演奏、華やかな、気持ちのこもった作品を披露し、また、熱い思いを勝負に賭けた2日間となりました。日々、活動に協力し、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございました。 [結果]  囲碁部門 女子個人の部  第1位  小倉百人一首部門 読手の部 第3位 日本音楽部門 優秀賞    
 10月28日に6名、11月5日に1名、合計7名の実習生をお迎えして始まった教育実習も、残すところあと一日。実習生の方々はこれまでの実習の成果を発揮すべく、各教科やホームルームの研究授業に一生懸命取り組んでいます。先輩実習生による普段とは少し違った雰囲気の授業に、生徒たちも熱心に参加していました。 実習生のみなさん、今までありがとうございました。残りの一日も、ともに学び、楽しみながら過ごしましょう。
 11月13日金曜日、2年生は総合的な学習の時間の学年発表会を行いました。今年度は「世界学」をテーマに、それぞれが自分の興味のある国を選び、日本との関連等について調べ学習を行ってきましたが、各クラスでの発表会を経て代表に選ばれた計8名の生徒による発表は、さすがに内容も充実しており、発表後の質疑応答でも積極的に感想発表や質問の手が挙がる等、学年全体で学びを深め合うことのできる時間を過ごすことができました。
 11月14日(土)・15日(日)、4・5年生11名が宇和島お手伝いプロジェクトに参加しました。14日に参加した4年生は、愛媛大学の学生さん達と一緒に、吉田町の農家さんの所でミカンの収穫作業の手伝いをしました。青空の下、見晴らしの良いミカン山で、農家さん御家族の温かさに触れながら、心地よい汗を流すことができました。また、大学生からいろいろなお話も聞くことができ、とても充実した一日となりました。
 11月16日から、発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制に変わります。発熱等の風邪症状があり受診する場合は、まず医療機関に電話で相談してください。  今後も、気の緩みがないように、対人距離の確保、手指消毒、マスクの着用、大声の自粛などの基本的な感染防止対策をしましょう。  保健だより11月号は、こちらをクリックしてください。   保健だより11月号.pdf
   11月も半ばを過ぎ、今週から冬服に完全移行。校内の木々たちも秋から冬に衣替えをしています。今週末は各種大会、高文祭があります。そして来週はいよいよ期末考査発表。受験生は入試が近づく時期です。計画的に学習し、生活リズムを調えていきたいもの。気温が下がってきました。風邪、感染症対策も怠ることなく続けていきましょう。  
  防災教育実践事業の一環で、2年生を対象に公開授業が行われました。「僕の、私の防災避難計画」と題して、各班が、市内各地域の避難場所や避難ルートなどを詳しく調べて発表しました。班で話し合ったり、地図を見たりすることで、災害が起きたときにどう行動するべきかをしっかり考えました。いつ起きるか分からないのが災害です。想定にとらわれず、臨機応変に自分の命を守る行動をとることが大切だと学びました。備えあれば憂い無し。今後も防災意識を高め、万一の時に備えていきましょう。  
 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 今回はまず、各班の班長が、ポスター作製のためのガイダンスを受講し、自分たちの班に持ち帰って班員に説明を行いました。台数の限られたコンピューターを使ってポスターを作成するため、それぞれが受け持った役割を効率よくこなしていく必要があります。自分たちの研究を最大限伝えられる効果的なポスターを目指し、協力してがんばっていきます。 
 11月11日(水)の6限、3年生は「総合学習発表会」を武道場で行いました。昨年度に実施した「ジョブチャレンジ」いわゆる「職場体験学習」の一環で、自分が体験した仕事や興味のある仕事などについて、調べ学習をしてきました。事前に各クラスの中でそれぞれ発表を行い、その中で投票し、最も票数の多かった各クラス2名が代表となりました。それぞれ5分程度の発表と2分程度の質疑応答でしたが、内容の濃い発表で、独自の視点で職業を深く調べていることが分かりました。また、質問者もその場で感じた疑問を、しっかりと伝えることができ、発表者の回答も明確で、大変充実した会となりました。今後の総合学習では、「自分史新聞」の作成に入ります。また、期待したいと思います。
 11月6日(金)6限の学活で、今回3年生は、学期に1回ある「スポーツをする時間」でした。各クラスの体育委員を中心に事前に何をするかを決め、「男女混合ドッジボール大会」をすることになりました。天気にも恵まれ、楽しく汗を流すことができました。笑い声や励ます声、時には叫び声も聞こえ、リフレッシュできたのではないかと思います。
 前期生は毎週1回漢字テストを実施し、各学級で平均点を競っています。どの学級も満点を目指して日々頑張っています。満面の笑みなのは学級全員が合格点だったからです。来週は学年平均が95点になりそうですよ。とても楽しみです。  
    生徒が、学びのフィールドを学校から地域に広げ、グローバルな視点から、地域の人々の暮らしに関する調査研究に主体的に取り組み、地域課題の発見とその解決に貢献する学習活動であるUGI(宇和島南グローカル・イノベーション)も少しずつ進んでいます。2学期になってから、ほぼ毎週大学の指導教官に来ていただき、アドバイスを受けながら、各班の研究を進めています。現在アンケートを完成させ、情報収集を行う段階です。実りのある研究になるようにしたいものです。      
 今日は1年生の授業公開日でした。全学級、担任の先生の授業を見てもらいました。1組と4組は理科、2組は数学、3組は国語、どの授業も生徒が班になって話し合いながら授業が進んでいました。生徒の皆さんはドキドキしているのかと思っていましたが、生き生きと授業に臨んでいました。ドキドキしていたのは担任の先生かもしれませんね。
 本年度の文化祭は、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、文化部発表会として、30日(金)に実施をされました。残念ながら、一般公開もできず、作品等を鑑賞していただく機会はありませんでしたが、前期生が書いた書道作品が校内や教室前に掲示されています。描く文字は学年を通して同じでも、それぞれの個性があふれる作品になっており、楽しい発表の機会となりました。     
 11月1日(日)、4年生2名が宇和島お手伝いプロジェクト(みかん作業お手伝い)に参加しました。7時30分、JA立間中央支所に集合した後、伊予農業高校の生徒さん3名と共に、吉田町深浦の農家さんのミカン畑に移動し、「せとか」という品種のサンテ袋掛け作 業を手伝いました。鳥の食害防止と着色促進の目的で袋をかける作業で、最初は手間取っていましたが、徐々に要領を得て上達していきました。自然の恵みをいっぱい浴びた地元の柑橘を、多くの人に味わっていただけるよう、11月から12月にかけ て、少しで も農家の方のお手伝いができればと思います。
 本日は文化部発表会を行いました。例年の文化祭と異なり規模を縮小しての実施でしたが、茶道部、邦楽部、吹奏楽部、ダンス部や有志生徒によるステージ発表が行われ、大変盛り上がりました。また講演会や美術部、委員会の展示もあり、忙しくも充実した一日となりました。  
 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 今回は、愛媛大学から先生方をお招きし、『水産・まちづくり・防災・文化』の4つのカテゴリーで御指導いただきました。インタビュー内容から推察できることや、アンケート項目の設定の仕方についてなど、今回も研究を深めるために必要な、一歩踏み込んだアドバイスをたくさんいただきました。 先生方、ありがとうございました。
 例年であれば11月3日に校内文化祭を開催するところなのですが、今年度は新型コロナウイルスの影響により、規模を縮小し、文化部発表会という形で開催することになりました。今日は、ステージ発表や展示を行う部活動や委員会の生徒たちが、忙しくも生き生きと準備する姿を見ることができました。明日は展示・発表する人も、鑑賞する人も、お互いに「南中文化の秋」を精一杯楽しみましょう。  
 本日より教育実習が始まり、3週間の実習生である6名の方々が本校に来られました。2年生の朝の会では、実習生の方の「自己紹介」に続き、生徒による「他己紹介」が行われ、早速盛り上がりをみせていました。実習生の方にとってこの実習は、実際に現場で授業や学級活動を行うことができる、大変貴重な機会となります。短い間ではありますが、実習生としての立場からはもちろん、卒業生という立場からも、本校の生徒たちとの触れ合いを大切にして、ともに学びを深めることのできる充実した実習にしていきましょう。どうぞよろしくお願いします。    
   令和2年度「地域連携心豊かな高校生育成事業」の一環として、園児との交流活動が本日27日(火)に、認定こども園元気の泉と尾串保育園で実施されました。県内では比較的落ち着いているものの、新型コロナウィルスの感染拡大の懸念から、実施できるかどうか心配しておりましたが、好天にも恵まれ、受け入れていただいた両園の関係者の皆様のおかげで、生徒たちは楽しくも有意義な時間を共有することができました。   最初こそぎこちないふれ合いでしたが、午後になると親しく交流することができ、別れ際には大きく、元気な声で「さよなら」や「バイバイ」と園児たちが言ってくれました。   この貴重な交流の機会を提供していただいた両園の園長先生はじめ、諸先生方には大変感謝しております。学んだことを今後の学生生活で活かしていけるようにさらに勉強していきたいと考えております。                          
 本日、芸術科(美術)において、4年生対象の研究授業が行われました。 単元は「油彩画」。「フェルメール『青いターバンの少女』を鑑賞する」を主題に、タブレット端末を用いて作品の鑑賞を行いました。世界の美術館をVRで見学できるということで、生徒たちは興味を持って、タブレットの操作をしながら、世界の芸術作品を堪能しました。今日の主題である『青いターバンの少女』の画像を細部にわたって観察し、作者の工夫点や制作の過程を考察。次回の自画像の制作に生かせるよう、学ぶことのできた授業でした。  
    毎年、保育園やこども園に依頼している園児との交流活動が明日の27日(火)に実施予定です。本日の午後、園児に送るためのメダル作りをしました。各生徒が準備したアニメのキャラクターやオリジナルの絵を描いたり、のり付けして完成させました。園児がどのように喜んでくれるかが楽しみですね。    明日は、天候も良好なようです。新型コロナの影響もあって、例年とは異なる活動が予想されますが、楽しく、有意義な交流活動になればいいですね。      
 宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を、昨年度に引き続き、今年度もUGI事業の一環として続けていきます。 第2回目は、『養殖魚』です。今回は宇和島の基幹産業である養殖業に着目し、主力商品であるブリや鯛をはじめ、近年新たに開発されたみかんの香りのするサーモンや、チョコレートを混ぜ込んだ餌で育てるチョコブリを紹介しています。みかんフレーバーのお魚を見かけたら、ぜひトライしてみてください! 
 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 今回は、愛媛大学山田先生、松山短期大学西岡先生にお越しいただき、それぞれ柑橘班と企業班で御指導いただきました。先生方からアドバイスを受けて、生徒たちはさらに研究を深めることができたようです。先生方、ありがとうございました。 
 先日、保健体育科において、研究授業が行われました。単元は球技。「三段攻撃を目標にした簡易ゲーム」という主題のもと、4年生がバレーボールの基本技能を学び、練習をしました。簡易ゲームでは、学んだことを生かして、ボールをうまくつなげ、三段攻撃の形が出来上がっていました。スパイク攻撃にも積極的に挑戦し、ゲームの楽しさを味わうことができた授業となりました。  
 10月14日(水)の6限に、3年生は人権・同和教育の学級活動を行いました。3年生は、「水平社宣言から学ぶ」というテーマの授業でした。まずは1学期に学習した人権の歴史を振り返り、その後、DVD「人間は尊敬すべきものだ~全国水平社・差別との闘い~」を視聴して、当時の人々の思いと自分を重ね、不合理な差別に対する怒りや、差別解消に向けた熱い思いを感じさせるような内容でした。みんな集中して授業に向き合えていたのではないかと思います。次回は、11月20日(金)の6限に実施予定です。
    英語力の向上を目的として、本校4年生を対象にして、OST(=Online Speaking Training)が始まりました。これは、インターネット回線を用いて、海外の講師と英語でのやり取りを行うものです。本来は4月以降に少しずつトライアルをして進めることができたはずですが、新型コロナウィルスの感染拡大で実施が遅れました。生徒たちは、デジタル機器の扱いには十分慣れているようで、比較的スムーズにログインでき、先ず初回の授業を終了できました。今後は月1回をめどに進めていき、生徒の英語力向上を図りたいと考えています。   
 先週10月16日(金)の6限に、3年生と保護者対象に「進級説明会」が行われました。後期生に進むうえでの留意点などを中心に、各部の先生にお話をいただきました。どの生徒も真剣な表情で話を聞くことができ、よかったです。また、3年生は、体育館での準備や後片付け時に積極的に動く生徒が多く、スムーズに会の運営ができました。今後の動きとしては、11月6日(金)までに、進路希望調査票を学級担任に提出してもらいます。御家庭でも十分な話合いをよろしくお願いいたします。
 16日(金)は人権を確かめあう日でした。今月は三好君人先生が「分かりたいと思う姿勢」と題して、トランスジェンダー学生の受け入れを表明した女子大学の取組を紹介され、他人の気持ちを慮り、分かりあいたいと思う姿勢を持つことが大切だとお話してくださいました。  また、この日は人権・同和教育学活、ホームルーム活動が行われました。各学年が、識字学級や渋染一揆、結婚など、それぞれのテーマで活動を行い、真剣に考え、知識や理解を深めることができました。しっかりと考え、自分の意見を自分の言葉で発表することができたでしょうか。 人権だより(10月号).pdf    
 本日16日(金)の⑥限目に、人権・同和教育のホームルーム活動が行われました。学年やクラスによってテーマは異なりますが、4年生は「様々な人権について学ぶ」をテーマとして、障がい者問題、ハンセン病問題、愛媛に住む外国人に対する偏見問題、などについて勉強しました。私たちの身の周りには、またまだ多くの差別や偏見が存在していることを認識し、深く勉強することで、自分たちの考えを変え、差別事例に接したときに取りうる行動を変えることが求められています。みんなにとって住みよい社会を創造できるよう努力を続けたいものです。      
    GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。    今回は、各カテゴリーに分かれ、班で研究活動を行いました。タブレットを駆使して情報を検索したり、アンケートを作成するためパソコンで作業したり、インタビューのアポイントメントを取るために電話を掛けたりと、先生方のアドバイスを参考にして自分たちで立てた研究計画に従って、リサーチを進めることができました。  
今日の8時前の教室風景です。登校後、自主的に漢字テストに向けて取り組んでいる1年生の姿です。一致団結してクラス平均学年1位を目指し競い合っています。2学期になってから取り組む姿勢が下降気味でした。さあ、今回は気合を入れ直しての挑戦です。テストでは廊下で先生方も一緒になって取り組んでいます。結果がとても楽しみです。今週末に第2回漢字検定が実施されます。受験するみなさん、最後まで集中して頑張ってください。    
 10月14日の放課後に図書室で、図書委員会主催のビブリオバトルが開催されました。 今年度の特徴は、1,2年生の参加が多かったことです。4班に分かれて、チャンプ本を競い 合ったのですが、後期生の班長を中心にどの班もたいへん盛り上がっていました。読書の秋に、 本を通じてそれぞれの心が重なり合った、心地よいひとときでした。
    晴天に恵まれた本日14日(水)、後期生の2学期スポーツデイが開催されました。4年生は男女ともにグランドでサッカーを楽しみました。各クラスの仲間からの大きな声援を受けて、選手たちは元気よくプレーして、スポーツを楽しみました。    新型コロナウィルスの感染拡大で、思いっきり楽しむ行事が少なかった今年、久々に楽しい時間を共有することが出来ました。男子チームの中には先生方も参加しており、日ごろは見ることができない先生方の一面も見ることが出来ました。またまだ窮屈な生活は続きますが、明日からの学校生活も3密回避を徹底して、楽しく過ごせたらいいですね。         
 さわやかな秋晴れのなか、前期のスポーツディが実施されました。女子は3学年ともバスケットボール、1・3年生男子はサッカー、2年生男子はソフトボールです。特にバスケットボールではシュートが入るごとに大歓声が起こっていました。1年生バスケは相手ゴールにシュートを入れるという悲しいオウンゴールもありました。前期生のうちにどの種目もルールはしっかりと覚えていきましょう。  
 10月10日(土)宇和津小学校で行われた「うわつ子ども食堂」に1年生~6年生の17名がボランティアとして参加しました。今回のメニューは、なんと黒毛和牛「伊予牛絹の味」を使った「ダブルテイスト焼肉丼」!肉や野菜を切ったり炒めたり、味付けや盛り付けなどそれぞれが担当した役割を果たし、限定200食を準備しました。11時から配布が始まりましたが、子どもも大人も柔らかいお肉に大満足でした。(もちろん生徒たちも焼肉丼をおいしくいただきました。)宇和島市の教育長さんも来てくださり、楽しいお話を聞かせていただきました。最後は参加者で記念撮影、達成感と笑顔が溢れました。  次回は10月25日に宇和島市内のボランティアに参加します。みなさんもいかがですか?  
 朝晩は肌寒くなってきました。日中の寒暖差に注意して、こまめに衣服で調節し、体調管理に努めましょう。また、引き続き、手洗い・咳エチケット、換気を行い、新型コロナウイルス等感染症予防のための生活習慣を継続してください。10月号保健だよりはこちらをクリックしてください。保健だより10月号.pdf  
 前期生は本日より2学期中間考査が始まりました。2日間で5教科の考査が行われますが、試験前には、写真のように時間を惜しんで勉強に取り組む姿が見られました。本日は2教科だけですので集中して試験に臨み、午後からは気持ちを切り替えて、明日の3教科の試験に向けてしっかりと勉強しておきましょう。  
 9月30日~10月2日に行われた中学生市郡新人大会は、各部の活躍によって個人戦でも好成績を残しています。ソフトテニス部男女、剣道部女子、テニス部男女からそれぞれ上位に入賞し、合計11名が県大会へ出場します。 また、第29回全日本高校女子サッカー選手権大会愛媛県大会において、後期女子サッカー部が優勝し、四国大会への出場が決まりました。 練習の成果を発揮し、ベストを尽くすことができるように、これからも頑張っていきましょう。
 9月30日~10月2日に行われた中学生市郡新人大会は、各部ベストを尽くし、好成績を残しています。団体では、バレーボール部女子、卓球部男子、サッカー部、剣道部女子が優勝し、県大会へ出場します。これからも一致団結しながら練習を重ね、活躍することを期待しています。  
中学生市郡新人大会は、各部とも活躍し、好成績を残しています。 今日は、4年生の数学で研究授業が行われました。順列の考え方を利用して、円順列などいろいろな場合の数の求め方を考えました。立体の色塗り問題では、みんなで頭をひねって解き方を導き出していました。   秋の日は釣瓶落とし。夕暮れが早くなってきました。週末の下校時、交通安全第一に気を付けて帰りましょう。  
 9月30日は中学生市郡新人大会でしたが、明け方の大雨により、ソフトテニス、軟式野球、テニスは10月1日に延期になりました。屋内競技等ほかの競技は実施され、各部ベストを尽くしています。練習の成果を十分発揮できるよう、引き続き健闘を祈っています。  1、2年生では、造形大会を実施。生徒たちの素敵なデザインが生かされた作品が完成しました。初秋の日の光を受けて、様々な色彩の美を織りなすステンドグラス。新人大会に出場する選手を応援しているかのように、きらきらと輝いていました。     
     9月30日の愛媛新聞に「ハンセン病の今に寄り添う」と題して、本校人権委員会の活動が紹介されました。夏休みに実施した岡山県の長島愛生園への訪問学習に先立って、中央公民館に出向いて市教育委員会生涯学習課の西尾さんにお話を伺ったのですが、この時の様子が掲載されました。これからも「人ごとから自分ごとへ」しっかり学び、行動していきます。 2020年9月30日付 愛媛新聞(掲載許可番号:d20200930-14)
 9月30日(水)は、市郡新人総体の一日目です。市郡新人総体に参加しない1・2年生を対象に、1~4限を使って、校内造形大会を実施しています。内容は、ステンドグラス風のアート作品の制作で、テーマは「New Life Style」です。各クラス4~5名の班になって、アイデアを出し合いながら制作しました。完成した作品は、文化部発表会で展示予定です。お楽しみに!  
 今月から4年生において、オンラインスピーキングトレーニングがスタートしました。生徒各々がタブレットを用いて、フィリピンにいるネイティブスピーカーの先生と1対1で、30分間英語で会話をしました。悪戦苦闘しながら、一生懸命、自分の伝えたいことを英語で伝えることができました。最後は、笑顔で、「Nice talking to you!」次回も楽しみです。     
 毎週水曜日の6限に、前期は道徳の授業を行っています。3年生は、1学期にも実施したように、2学期も学年団の先生全員で、各クラスを1回ずつ回って道徳の授業をすることにしています。実施してみると、普段の授業とは違った学級の様子が見られたり、普段発言をあまりしない生徒が発言したり、担当する先生や内容によって各クラスの雰囲気が変わっていて、大変興味深く感じています。また、教員にとっても、3回同じ授業を実施するので、1回目で気になったことを調整して、少しリニューアルした内容になり、違ったアプローチで2回目以降展開できる面白さがあります。次回も楽しみにしています!
 朝晩、涼しくなり、秋らしくなってきました。  今日の給食は鯛の日。「鯛丼」、「もち麦ごはん」、「さつま芋と大豆の揚げ煮」で、宇和島が誇る「鯛」を使ったヘルシーで贅沢なメニューでした。季節の変わり目ですが、栄養価の高い給食をしっかりいただき、元気に過ごしていきましょう。  明日はいよいよ2学期中間考査の発表(後期生)、(10/1前期生)。来週から中間考査です。計画的に学習を進めていきましょう。  
   9月の「人権を確かめあう日」だった25日に人権集会を実施しました。今回は放送による実施でしたが、委員長、副委員長の司会により、スムーズに進めることができました。  最初に岩﨑先生からお話をいただきました。識字学級での出会いから「人と人とのつながり」の大切さについて話していただきました。  続いて8月に長島愛生園を訪問した前期生4人が感想を発表した後、1年生の善家さんによる人権作文の発表がありました。「差別・偏見のない町に」と題して、「コロナに負けないで、人と人とのつながりを大切にしたい」と、生まれ育った大好きな町への思いを力強く語ってくれました。  最後に、委員会の活動報告がありました。人権委員会では、今後も宇和島市内の「子ども食堂」に継続的に参加していく予定です。全校生徒の皆さんも一緒に参加してみませんか?  人権だより(9月号).pdf  
    本校の英語指導助手(ALT)のケイトリン先生(ハワイ出身)が、このたび任期を終えて、退職されることになりました。5年前に赴任以来、主に前期生の授業を中心に、英語教育に携わっていただきました。スピーチ原稿の添削、発音指導、ティーム・ティーチングなどで活躍していただき、生徒の英語力向上に大きく貢献していただきました。温厚で優しい性格で生徒に大変人気があり、各学年の生徒からは多くの感謝のメッセージが贈られました。    今後は家族との時間を大切にするためにハワイに帰国されたあとで、さらなるキャリアアップに挑戦されるようです。今までのお力添えに感謝するともに、先生の健康と活躍を本校一同お祈りしております。ケイトリン先生、ありがとうございました。Good luck!      
 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 今回は、愛媛大学から教授の先生方をお迎えして、課題研究を進めました。生徒たちは、いただいたアドバイスや意見をもとに、今までよりも一歩踏み込んだ視点から課題をとらえ、研究を進めることができました。先生方、これからもよろしくお願いいたします。     
 4連休明けの今日は、とてもさわやかな天気です。空を見ると、青空に白い雲がきれいに広がっていて、秋を感じさせます。1年生は給食も手際よく準備ができ、美味しそうにいただいていました。掃除時間はみんな一生懸命です。運動場前は土が毎日上がってくるので掃くのが一苦労。気持ちのいい学校生活を送るためにひとつひとつ頑張りましょう。    
 本日6限、後期生を対象に主権者教育講演会が行われました。講演会は本校教諭の堀内先生が出題する選挙クイズから始まり、「投票用紙には投票所にある鉛筆で記入しなくてもよい」「住民票を移して3か月経たなければ引っ越し先で選挙に参加できない」など、選挙に関する意外な事実に生徒たちは驚きの声を上げていました。 その後は宇和島市選挙管理委員会の岡田次長様を講師としてお招きし、投票の大切さについてご講演をいただきました。日本では当たり前に行われている普通選挙は、自分が国の未来を決められる貴重な機会であり、自分の投票する権利を大切にしなければならないというお話を伺いました。生徒の皆さんには、これからの未来を担う有権者として、自分の持つ選挙権の大切さについて改めて考えてほしいと思います。
  GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 今回は、愛媛県農林水産研究所水産研究センター研究企画室の竹中彰一室長をお迎えし、南予の水産業について、講演していただきました。愛媛県や宇和島市の水産業の現状や、愛育フィッシュやスマなど、先進技術を使っておいしい養殖魚を育成しようとする水産業界全体の取組についてのお話を伺い、生徒たちは、地域を支える地場産業である水産業の大切さを再確認しました。竹中先生、御講演ありがとうございました。 
 9月は、防災月間です。家族で、今一度、自然災害への備えを確認しておきましょう。  また、引き続き、熱中症予防と新型コロナウイルス感染症予防のための生活習慣を継続しましょう。  9月号保健だよりは、こちらをクリックしてください。  9月号保健だより.pdf
 朝の気温がぐっと下がり、やっと秋の訪れを感じることができるようになりました。本日2年生は、朝の読書の後、漢字テストが行われました。今日の平均点はどうだったでしょうか。また、総合的な学習の時間では「世界学」というテーマで発表が行われたクラスもありました。季節の変わり目なので、風邪をひかないよう気を付け、元気に学校生活を送っていきましょう。  
 先週は激しい雨により体育祭の後片付けもままならない日々が続きましたが、本日はさわやかな青空が広がる一日となりました。先週まで残っていた体育祭の道具やテントも姿を消し、放課後のグラウンドではみんな一生懸命に部活動に励んでいます。 日毎に涼しくなり秋を感じられるようになった今日この頃、気持ちを切り替え、勉強に、部活動に、それぞれの目標に向けて取り組んでいきましょう。
 午前中、ゴロゴロと雷が近づき、激しい雨が降りました。片付くはずだった体育祭で使用したテントも、びしょ濡れになってしまいました。最近多くなった驟雨。被害をもたらすこともあるだけに心配です。気を付けて過ごしましょう。  今日は久しぶりに平常授業です。給食は「いも炊き」。秋の味覚の里芋を味わうことができました。季節はもう秋です。6年生は、いよいよ本格的に受験準備に向かいます。午後、生徒たちは大学入学共通テストの出願について話を聴きました。今年から始まる共通テスト。しっかり情報収集して、実力をつけて、進路実現を目指し挑んでいきましょう。  
 やや過ごしやすい天候になった本日、無事に体育祭を行うことができました。今年は諸事情で競技の短縮など変更を余儀なくされた部分もありましたが、それぞれができることを精一杯やり、持てる力を最大限に発揮した一日でした。生徒たちのエネルギッシュな動き、楽しそうな顔に元気の出る思いでした。各団ともお疲れ様でした。また、いろいろな場面で支えてくださった皆様、ありがとうございました。    
   今日は、全校生徒で前日準備。台風一過のすっきりとした青空のもと、パネルをはり、テントをはり、清掃をし、準備をととのえました。  6年生にとっては最後の体育祭。華やかに飾られたグランドで、念入りに競技や民謡の最後の確認をしました。練習の最後に、団長たちの指揮のもと、全校生徒が輪となり、明日への士気を高めました。南校一丸となって、明日の体育祭に臨みます! 「逆境 超えて 掴め 栄冠」(第72回体育祭テーマ)   思い出に残る素敵な体育祭になりますように。  
 本日は、台風一過の晴天で、午前中9時~12時まで、全校で体育祭準備を行いました。午後からは、いくつかの種目の通し練習を実施します。15時40分には、放課となる予定です。さて、以下の写真は、前期男子による「バラエティリレー」の練習風景です。3年生は、車輪転がしを行います。先週行われた総練習では、なかなかうまくいかずに苦労していた様子でしたが、練習の成果もあって、上手になったようです。明日の本番が楽しみです。また、女子の写真は、「綱引きジュニア」の予選の様子です。この時、1,2年でどの団も同数の綱となり、3年生勝負となりました。どちらの団も真剣に綱を引いています。予選後には、喜びにあふれる生徒、悔しくて涙している生徒と、悲喜こもごもでしたが、勝負の後は「ノーサイド」です!どの団もよく頑張りました。真剣な姿を予選から見ることができ、いよいよ明日の体育祭が楽しみです!!    
 学校プール裏のため池から毎年蚊が大量発生し、この時期、蚊の攻撃に悩まされています。そのため、市役所の方に除草作業をしていただきました。おかげで、蚊に刺されずにすみそうです。ありがとうございました。  
    本日9月4日(金)の午前中、昨日に続いて総練習の一部が行われ、綱引きジュニアの再予選も行われました。体育祭当日の決勝戦と順位決定戦でも団の優勝を目指して頑張ってほしいものです。    いよいよ仕上げの段階にも近づきつつあり、8日(火)の体育祭が楽しみです。あと、各団制作の工夫を凝らしたパネルの内容も楽しみですね。好天になることを祈りつつ、各生徒が体調管理に留意していきたいものです。    
 昨日の雨がグランドに残り昼からの総練習になりましたが、みんな元気に最後まで活動することができました。総練習では、各団のハチマキを付けて各競技の予選も行いました。今日の反省をもとに、本番、更にがんばってほしいと思います。  
 本日9月2日(水)の5時限後、全校練習が行われました。太鼓と各団長の発声に合わせて、全校応援やエール交換の練習をしました。特に後期生にとっては毎年行ってきたことながら、今年は正面席が異なり、グランドを広く使えない事情もあり、工夫しながらの練習です。 明日は総練習の予定ですが、連続してやってくる台風のことが気がかりです。なんとか予定どおりに進んでもらいたいものです。
 今日から体育祭の全学年練習が始まりました。1年生にとっては、全校が集まること事態が初めての経験です。体育委員が先頭に立って、クラスを1列に並べている姿を見てうれしくい思いました。団別練習のときに、団の応援の仕方を6年生に教えてもらっていました。6年生の勢いに圧倒されて、はじけていいのか、いけないのか・・・そんな1年生の姿が印象的でした。 さあ、優勝を目指して元気にがんばっていきましょう。  
 本日8月31日(月)に、体育祭の招集・演技説明が午前中、全学年練習が午後にそれぞれ行われました。気温が34度を超える暑い中、途中多少雨が降りましたが、生徒たちは水分を適宜摂りながら、本番に合わせての練習を行いました。 今年の体育祭は、新型コロナウィルス感染拡大防止のために、例年とは様子が異なりますが、生徒全員にとって、良い思い出となるように、各団の団長を中心に準備を進めていきたいものです。  
 残暑厳しい中で週末を迎えました。今週も2年生は落ち着いた雰囲気で、授業や部活動に精一杯取り組めていたと思います。来週はいよいよ全校での体育祭関係の準備や練習がスタートします。明日、明後日はしっかり休養を取り、来る体育祭に向けて、体調を万全にして備えましょう。  
   GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。   今回は、『JCI Japan グローバルユース国連大使事業』に参加している本校4年生岡田若子さんが、活動についての発表を行いました。SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)の紹介に始まり、昨年訪れたカンボジアで感じた教育の重要性、SDGsを達成するための一人一人のスモールアクションの必要性など、研修の中で学んだことを、パワーポイントを使って4年生に報告しました。「知識が100あっても、0アクションであれば、インパクトは0。だから今日は、家に帰ったら家族の方々に、SDGsについて話してみてほしい。」という言葉で締めくくられた岡田さんの活動報告に、同世代の生徒たちは大いに刺激を受けたようでした。自ら学び、学んだことをシェアし、周りをより良く変えていこうと活動できる生徒が、どんどん増えています!   
 新学期が始まって2週目を迎えています。前期生は昨日から清掃場所が変更となり、気持ちも新たに清掃活動に取り組む姿が見られました。猛暑が続き大変ですが、校内の美化や身の回りの整理整頓に努め、少しでもすっきりした気持ちで学校生活を送れるようにしていきましょう。    
 これから本格的に体育祭練習が始まります。熱中症対策、新型コロナウイルス感染症対策をしっかりして、体調を整えて、体育祭本番を迎えましょう。 保護者の皆様へ   熱中症予防のため、大きめの水筒等で十分な量の飲料水を持たせてください。また引き続き、朝の検温、健康状態を確認し、発熱等の風邪症状が見られる場合は、無理をせず、御家庭で休養させていただくようお願いします。8月号の保健だよりは、こちらをクリックしてください。R2.8月号保健だより.pdf      
 先週から5・6年生は体育祭の学年練習が始まりました。それぞれの団での練習も日に日に盛り上がっています。今日は夏の暑さにも負けず、音楽に合わせて一生懸命に民謡を踊る姿が見られました。残りの準備期間も一致団結し、パフォーマンスを磨き上げていきましょう。
 8月23日(日)フジグラン北宇和島店の献血会場にて、5年生の有志7名がヤングボランティアの献血呼びかけボランティア活動に参加しました。暑い中でしたが、感染症対策・熱中症対策をしっかりして、献血への協力呼びかけや対応などの手伝いをしました。午前の部も午後からの部も、大勢の方にご協力いただきました。今、新型コロナウイルス感染拡大を受け、献血協力者が減少しています。皆さんも機会があれば、ぜひ献血に協力してください。  
 今週も日差しはぎらぎらと強いですが、校内の自然は徐々に夏から秋に移ろいつつあります。浜木綿の柔らかい白い花が、天まですっと伸びそうな背の高い花枝の先に百日紅の赤い花が咲きました。  今週から6年生は体育祭準備に取りかかっています。パネルの下準備、民謡や応援の練習など・・・勉強も含め、することは多岐にわたりますが、効率よくこなすために皆で知恵を絞っています。趣向を凝らした各団の仕上がりが楽しみです。  
 今日も美味しい給食をいただいた後、2学期最初の各種委員会活動を行いました。今回から委員長、副委員長も代替わりをして、新体制になりました。月目標を決定し、今後の活動の確認等をしました。各委員の担当内容は様々ですが、責任を持って活動していきましょう。委員の皆さん、今学期もよろしくお願いします。
 GA(グローカルアクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。    2学期最初のGAⅠの時間です。個人個人が夏休みに調査した事柄をグループ内で発表し、グループのメンバーとディスカッションする中で、自分たちの取り組みたい課題がはっきりと見えてきたようです。今後のGAⅠでは、愛媛大学の教授陣をお招きし、御指導いただきながらさらに深く研究を進めていきたいと考えています。
 2学期が始まって3日目になりました。昨日から前期の給食も始まり、通常の授業がスタートしています。本日は、夏休み前に学年で行った「ワックスがけ」の様子をお知らせします。きれいな教室の状態で2学期が迎えられるよう、みんなで協力して取り組みました。3年生は手際が良く、どのクラスも比較的早く、丁寧にワックスをかけることができました!
 雲一つない青い空。まだまだ夏空です。昨日から2学期が始まり、また学校に活気が戻ってきました。今日から前期課程は給食もスタート。美味しい給食をいただけることに感謝をしつつ、スタミナをつけて、午後も元気に活動しました。  体育祭の各団のリーダーとなる6年生は、授業、進路決定、受験準備と並行しながら、猛暑の中、準備を始めています。久しぶりの学校行事に、心も高ぶっている様子。よりよい体育祭になるよう、皆で協力しながら取り組んでいきましょう。    
 8月17日(月)、本日より2学期が始まります。各教室にて放送による始業式後、身だしなみ指導を実施しました。その後の学活の時間で、委員会や各係を決め、宿題等を回収しました。11時からは、月曜日の③~⑥の通常授業です。頑張りましょう!  また、前期教室前の廊下には、新たに「非常持ち出し袋」をかけるフックを設置しました。これで、教室内の各ロッカーが整頓しやすくなります。  まだまだ暑い日が続きますが、長い2学期を有意義に過ごすためにも、今日という日、いいスタートがきれていることを願っています!
 今日は立秋。暦の上では秋ですが、まだまだ猛暑が続いています。朝から蝉の声も響いています。8月3日から始まった、夏季セミナー(3年~6年生)も本日で終了。それぞれが自分の課題を見つけ、苦手分野の克服に努めた夏になったのではないかと推察しています。明日から短い夏休みに入ります。毎日のリズムを崩さず、体調を整えて、また元気に2学期を迎えましょう。  
   8月5日(水)17時45分から、5・6年生の有志と後期女子ソフトテニス部の約30名が金剛山大隆寺にて、伊達家墓所清掃のボランティアに参加しました。蝉時雨が聞こえる自然豊かな荘厳な雰囲気の中で、宇和島の歴史に思いをはせながら、他の団体の方々と一緒に、約40分間、墓所内の清掃や落ち葉の収集を行いました。暑い中でしたが、心地よい汗をかくことができました。参加いただいた皆さん、ありがとうございました。  
 本日は第1学期終業式を行いました。例年とは異なることばかりで慌ただしかった1学期も、ようやく一区切りです。放送による終業式を終えた後は、体育祭の種目決めや学級活動・ホームルーム活動を行い、夏休みの過ごし方や2学期に向けての抱負などを確認しました。 明日から始まる夏休みが有意義なものになるように、計画的に過ごしましょう。
 いよいよ夏休みが始まります。夏休み中も、引き続き、新型コロナウイルス感染症予防のため、三密を避け、手洗いやうがいを励行しましょう。  保護者の皆様へ 御家庭でも引き続き、お子様の健康状態の確認をお願いします。お子様の健康面で何かありましたら、担任まで御連絡ください。  8月号の保健だよりは、こちらをクリックしてください。   8月号保健だより.pdf
 本日、2年生は男女に分かれてのクラス対抗ドッジボール大会が行われました。新型コロナウイルスの影響により、様々な活動が中止・制限されてきましたが、今日は限られた時間の中で、皆で協力して精一杯楽しむ姿を見ることができました。  
1年生は総合的な学習の時間「宇和島学」で市内探訪を実施しました。梅雨明け初日、太陽がギラギラするなか、伊達博物館、児島惟謙生誕の地、歴史資料館、樺崎大砲跡、宇和島城を訪ねました。館内では説明をしていただき、熱心にメモを取っていました。外ではみんな汗だくです。誰一人熱中症になることなく、学校に戻ってくることができたみんなに拍手です。  
 宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を、昨年度に引き続き、今年度もUGI事業の一環として続けていきます。 今回は第1回目。「伊達博物館」を取り上げました。実際に来館した際、自分たちの心に残った「ボンボニエール」を紹介し、宇和島の長い歴史の中に可愛いさを見出した高校生ならではのインフォメーションとなりました。「ボンボニエール?なにそれ?」と思った方は、このボードを見ていただき、ぜひ実物を確かめに伊達博物館に足をお運びください! 
 昨日、宇和島市立中央公民館にて、「高校生まちづくり課」の発足式が行われ、本校生徒6名が参加しました。  「高校生まちづくり課」とは、宇和島市役所が主催する、高校生たちが自分のアイデアを出し合い、宇和島の活性化を図るという取組です。発足式を通して、生徒たちは、新型コロナウイルスの影響でさまざまなことが制限されている状況だからこそ、自分たちにできることを主体的に考えていくという共通認識を持つことができました。  今後の活躍に期待しています!
 本日、5年生の体育の授業ではクラス対抗のスポーツ大会が開かれ、男子はサッカー、女子はバレーボールとドッジボールを楽しみました。新型コロナウイルスの影響により、今年度は1学期のスポーツデイを実施することができませんでした。その代わりに行われた今回の授業では、感染防止に努めながら、クラス全員で協力して試合や応援に励む姿が見られました。  9月には体育祭も実施される予定です。これからもクラスの絆を深め、一致団結して取り組んでいきましょう。
 7月18日(土)、うわじま圏域子ども観光大使実行委員会主催の「うわじま圏域子ども観光大使基礎講座」が開催され、その講師として本校の5年生3名が参加しました。この講座は小学生を対象に、宇和島の魅力を伝えることを目的に開かれるものです。  今年度は、オンラインでの講座となりましたが、一方的に授業を行うのではなく、随時、小学生とコミュニケーションを取りながら、宇和島圏域のさまざまな魅力を伝えることができました。このような活動を一つのきっかけとして、宇和島のさらなる発展に貢献していきたいと思います。  
 本校にうれしいニュースが飛び込んできました。3年3組の東晴七さんが、「第5回全日本小中学生エアーライフル射撃競技選手権大会10mエアピストル少年女子60発競技」において、今大会初出場、初優勝いたしました。そして先日、7月10日(金)宇和島大賞表彰式において「宇和島大賞」を贈られました。  また、東さんは一昨年度、別の大会で今大会同様に、初出場初優勝を果たし、「宇和島大賞」を受賞していました。2度目の受賞となります。3年団としても誇らしく思います。受賞した感想を東さんに聞きました。  「初めて参加する大会だったので、優勝という結果にただただ驚きました。それと同時に、自信にもつながりました。(宇和島大賞を受賞した気持ちは)改めて、宇和島の代表として、もっと頑張らなければという思いになりました。」
 久々に朝からすっきり晴れた週末金曜日。1学期末考査の日程が終了しました。この四日間、全力で考査に向き合った様子がよく伝わってきました。考査後、6年生は小論文講座を実施。今年度は感染症拡大防止のため、講師の先生のDVD視聴で小論文の書き方を学びました。自分の意見を書くためには、知識を蓄え、多角的なものの見方が必要です。自分の興味のある分野は何か。論理的に書くにはどうしたらよいか。今後の進路を見据えて、真面目に取り組んでいました。    
  梅雨が明けるといよいよ夏本番です。こまめな水分補給を心がけ、熱中症予防に努めるとともに、油断せず、感染症予防にもしっかり取り組みましょう。  保護者の皆様へ 御家庭でも引き続き、お子様の健康状態の確認をお願いします。また、熱中症予防のため、十分な量の水分を持たせてください。  7月号保健だよりはこちらをクリックしてください。7月号保健だより.pdf  
 7月16日(木)です。今日は、久しぶりに晴れ間の見える朝となりました。また、時折聞こえてくるセミの鳴き声もいつもの夏を感じさせてくれます。本日は期末考査3日目、前期は中間考査がなかったので、期末考査が大変重要になります。3年生もいつも以上に気合の入っている様子です。明日は期末考査最終日です、最後まで気を抜かずに、ベストを尽くしてください!