新着
令和3年度1学期始業式 校長式辞    令和3年4月8日(木)    例年よりも早い3月12日に宇和島地区では開花宣言が出されましたが、校庭の吹く風に温かな春の気配が感じられる季節となりました。 いよいよ、令和3年度のスタートです。今日から、新学年となり、明日には、新入生を迎えることになります。皆さんの表情を見ることが できないのが少し残念ですが、恐らく、少しの緊張感とやる気に満ちあふれた表情をしていることと思います。年度初めは、皆さんだけで なく我々教職員もワクワクするような期待感が高まっています。年度初めということもあり、2点話をします。  まず1つめは、「高めの目標を掲げ、努力する」です。勉強でも部活動でも、「自分はこんなもんだ」と勝手に納得して、可能性に蓋を している人はいませんか。人間の能力は、その人に最初から備わっているものではなく、高いレベルの目標に挑戦することを通じて引き出 されるものです。たとえ今は雲の上のような目標であっても、実現に向けて一歩ずつ努力を重ねることが成長に繋がります。私の好きな言 葉、アメリカの哲学者 ウィリアム・ジェームズの言葉を紹介します。 「心が変われば、...
 この度の人事異動により赴任してまいりました校長の中岡生文です。 どうぞよろしくお願いいたします。平成26年から3年間教頭として本校に勤務しましたが、輝く瞳の生徒であふれる本校に二度目の勤務をすることになり、期待と責任の重さを実感しています。  本校は、今年で創立123年目を迎える南予地域屈指の伝統校です。「自主・自律・健康」を校訓に掲げ、1・2年を「基礎・基本」、3・4年を「充実・交流」、5・6年を「発展・伸長」とステージに分けて、6年間を見通した学習や部活動、盛大な学校行事、異学年交流などを特色としています。    平成27年に、文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業の指定を受け、「宇和島のうみ・やまから世界を考える」をテーマに、グローバル時代に対応する持続可能な地域社会を支える人材育成の研究に努めてきました。昨年度から継続事業として、宇和島南グローカルイノベーション(UGI)事業を立ち上げ、海外校との交流等を通じてグローバルな視点を育成するとともに、講演会やフィールドワークなどを実施して、地元が誇る柑橘業や水産業について学び、将来地元の発展・活性化に貢献できる人材...
 4月21日(水)1・2限に体育館で「学年研修」を実施しました。当初は、明日の22日(木)に「集団研修」を行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の急激な拡大状況を踏まえ、中止となったために、内容を変えて本日の実施となりました。  初めに教頭先生から、「夢」や「目標」を持つことの大切さをお話ししていただきました。その後、「バースデイライン」「動物ジャンケン」「慎重ボール運び」などのレクレーションをクラスマッチ形式で行いました。最終的に1年4組が総合優勝を果たしました。どのクラスもみんな真剣に取り組むことができました。良い思い出になったらうれしく思います。
   本日4限目に、1年生と6年生が合同で体育の授業を行いました。本校では、どの学年も体育の授業の開始時に、集団走と南校体操を行います。  体育の基本となる活動を、6年生が自ら見本を示し、1年生に個別で指導をしました。  中高一貫校である本校ならではの交流活動です。1年生は、6年生の先輩方のきびきびした動作を一生懸命真似て学ぼうとしていました。  1日でも早く集団行動と南校体操に慣れ、先輩方の仲間入りができることを期待しています。      
 今日は、今年度初めての「人権を確かめあう日」です。6年1組の人権委員が放送を担当しました。「数年前のサイレントマジョリティへ」と題して、人権教育部の大本先生が文章を書いてくださいました。欅坂46の「サイレントマジョリティ」の歌詞が引用され、差別を他人事としてとらえ、意思表示をしない「マジョリティ」になってはいけない、自分事としてとらえ行動できる人になろうというメッセージが伝わりました。 人権だよりR3.4.pdf  
 15日(木)の放課後、自転車点検を行いました。本校は様々な地域からの生徒が通学していますが、自転車利用の生徒も多くいます。年度当初に、各生徒が使用する自転車の点検を行い、安全な通学ができるように指導しています。点検に合格した生徒にはステッカーを渡して、自転車通学を許可します。 自転車での登下校時に、交通事故の加害者にも被害者にもならないために、各自で交通安全を意識して、楽しい学校生活にしてほしいと願っています。      
 今日は新体力テストを2学年ごとに実施しました。計測は全部で7種目、時間内に全てが終わるように取り組みました。3時間目と4時間目は1年生と6年生がペアを作り、一緒に計測して回りました。優しくて頼もしい先輩にリードされながら、1年生は体育館・武道場・運動場を回ります。一緒に練習したり、計測したりと宇和島南中等教育学校の良さが存分に発揮された一日になりました。   
 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 第1回目の本日は、UGI推進本部堀内教諭によるUGI事業についてのオリエンテーションが行われました。オリエンテーションを通して、生徒は、「先輩たちがどのような活動を行ってきたのか」や「なぜこの事業に取り組むのか」などを知り、これから課題研究活動を行う上での心構えを養いました。 令和3年度の研究活動の幕開けです!  
 新年度が始まって以降、各学年の生徒は多忙な学校生活を送っています。特に1年生は、環境が変わって戸惑うことも多いかと思います。昨日12日(月)から16日(金)まで、面接週間となっています。短い時間ではありますが、面接では学校生活などに関することで、担任の先生と話をしている光景が目立ちます。 年度始めで様々な行事が目白押しですが、きちんとした生活習慣を身につけ、新型コロナウィルスの感染拡大防止に全員で警戒を怠らず、まずは今週を乗り切りましょう。      
 本日13日(火)の午後、体育館で新入生対象に部活動紹介がありました。前期部活動の主将が、新入生に対して、活動内容などを紹介し、登録のアピールをしました。 本校では前期生向けに16の部活動があります。新入生は、登録締め切り日の16日(金)までは、仮入部となりますので、しっかりと考えて登録完了をしてほしいと思います。   
 愛媛県では、4月8日から県の警戒レベルが最も高い「感染対策期」に引き上げられました。一人一人が、今まで以上に、3密回避、正しいマスク着用、こまめな手洗い・手指消毒等、基本的な感染防止対策を徹底しましょう。御家庭におかれましては、引き継き、毎朝の検温等お子様の健康状態の把握をお願いします。なお、体調不良の場合は、外出や登校を控えて、かかりつけ医に診ていただく等の対応をお願いします。4月号保健だよりはこちらをクリックしてください。4月号保健だより.pdf
 令和3年度の給食が今日から始まりました。初日は2年生が新1年生に給食のお世話係として、給食の準備を一緒に行いました。同じ係同士が一緒に給食室まで行き、どこに何があるのか教えたり、教室で給食を継ぎ分けたりしました。2年生のみなさんは、良き先輩として、また前期のミドルリーダーとして今後とも活躍してほしいと思います。    
 男子56名、女子66名、計122名の1年生の入学式が行われました。例年なら在校生も同席するのですが、昨年同様に今年度も、新型コロナウイルス感染症対策の一環で、1年生とその保護者のみでの式となりました。入学式後は、各教室で初めての学級活動を行いました。教科書の確認や簡単な自己紹介など、どのクラスの生徒も真剣に先生の話を聞いていました。緊張が続いた半日だったと思います。土日はしっかり休んで、また来週から頑張りましょう!
 本日4月8日、令和3年度新任式が行われ、新たに12名の先生が紹介されました。その後、校長先生より式辞があり、南中の生徒に期待することなどを話していただきました。 5年生は武道場で学年集会がありました。今年は大きな行事が控えている一方で、後半には南中のリーダーを務めることも多くなります。気持ちを新たにして、未見の我を発見してほしいものです。期待しています。                  
 本日から新年度が始まります。  新任式・始業式は、各教室で放送にて行われました。新しい仲間、新しい先生との出会いに多くの生徒が盛り上がっていました。  その後、学年集会が行われました。4年生は転入生を迎えて新たなスタートになります。よい関係を築いて充実した学校生活を送りましょう。  新型コロナウイルスの感染再拡大により、先の見えない日々が続いています。しかし、この状況だからこそできることを見つけて、充実した1年を過ごしましょう。  
 明日4月8日より、いよいよ新学期が始まります。生徒の皆さんは、宿題などできたでしょうか。実力テストもありますので、十分に準備をして新年度を迎えましょう。 本日7日も好天となり、部活動も感染対策を取りながら行われていました。4月後半の南予地区予選の日程も決まり、一段と練習に気合いが入っているようです。新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、練習試合も思うように実施できなかった春期休業ですが、今後も一人一人が感染に対する警戒を怠らずに生活をしてほしいものです。明日皆さんが元気な姿で登校してくることを楽しみにしています。            
 本日4月1日より、令和3年度が始まりました。年度末に人事異動があり、新しい先生方が赴任され新しい風を吹き込んでいただくことになります。また、生徒は新しいクラスで新学期を迎えると同時に、1年生を迎えて、さらに活気ある南中になるものと思います。 校内では新年度に向けて準備が進んでおり、グラウンドなどでは4月下旬の地区予選に向けて、部活動も盛んに行われています。現在は再び「特別警戒期間」となっています。一人一人が自分の行動に注意しながら、感染を拡大しないようにして、新学期のスタートを迎えたいものです。               
 本校4・5年生14名が、オーストラリアアデレードにあるIntensive English Language Institute とのオンライン語学研修に参加しています。昨日から始まったこの研修では、英語を使って現地の方々とコミュニケーションしながら、オーストラリアの暮らしや文化に対する知識を身に付けていきます。皆、最初は機器の使い方など少し苦労しましたが、2日目にはしっかりと対応できるようになりました。広い視野を得る絶好の機会を生徒たちも楽しんでいます。研修は、今週金曜日まで続きます。  
   本日は第3学期終業式が行われました。感染対策を考慮し、各教室で放送により実施された式に、同様の形で一年のスタートを迎えた昨年4月の始業式のことが思い起こされます。4・5月の臨時休業や分散登校、部活動の大会中止、学校行事の縮小化など、不便に感じること、苦労したことの多い一年間だったかもしれません。そのような状況下でも、勉強に、部活動に日々一生懸命取り組み、それぞれの目標に向かって努力を続けた生徒のみなさんは、この一年で一回りも二回りも大きく成長できたのではないでしょうか。 本日の終業式で校長先生は、「迷わず行動すること」の大切さについてお話してくださいました。これから思い悩むことがあっても、周囲の人と助け合いながら前に向かって進み続けることができる人に成長してほしいと思います。
 本日、天気は快晴、素晴らしいコンディションの中、3年生の修了式が無事挙行されました。3年間を振り返ったスライドショーから始まった修了式、修了証書授与並びに賞状授与では、それぞれ大きな声で返事ができ、体育館に「はいっ!」の声が気持ちよく響いていました。また、堂々とした入退場の様子からも、3年間の成長を感じることができました。式の後は、各学級で学級活動を行いました。それぞれ趣向を凝らした内容で、保護者の方にも参観していただきました。ありがとうございました。
 早いもので、3月19日(金)は終業式です。思い起こせば、新型コロナウイルスの影響による分散登校、学校行事の中止や規模縮小、様々な感染防止対策等、本当に大変なことが多かった1年間でしたが、そのような制限された中でも、生徒たちは日々学習に取り組み、友人たちと交流を深め、学校生活を楽しみながら成長してくれました。2年生としての学校生活もあと数日となりましたが、悔いのないように毎日の生活を送り、前期課程最高学年の自覚をしっかりと持って来年度を迎えてほしいものです。  
 3月12日(金)は今年度最後の人権を確かめあう日でした。 今月の原稿を書いてくださった上谷先生は、「レッテルを貼らない生き方を」と題し、少ない情報だけで相手や自分自身のことを決めつけるのではなく、よく知り、考え、情報を更新していくことが大切だとお話してくださいました。 また、今月の放送担当の4年3・4組の人権委員は、一年間のまとめとして「人権を確かめあう日を通して、人権に関することや様々な考え方を知ることができた。これからも人権を身近なものとして、みんなで一緒に考えを深めていきたい。」と感想を述べました。 今後も、周囲の人との接し方、日頃の過ごし方について考え、人権意識を高める機会として、人権を確かめあう日を活用していきましょう。 人権だより(3月号).pdf
 12日、今年度最後の研究授業が行われました。  2年生の社会では、単元「幕府政治の改革」において、江戸幕府の天保の改革を中心に学習を進めました。飢饉、財政難という数々の困難の中、どのような改革が行われていったのか。生徒たちは、江戸時代の4つの改革とも比較しながら、先達の対応策について、考えを述べていました。現代の諸問題を解決していくためにも、歴史から学ぶ意義があることを知る授業でした。   1年生の学級活動では、主題「1年間を振り返り、スピーチをしよう」のもとに、この1年間をしっかり振り返りました。勉強、部活動、友達・・・。初めての中学校生活で考えたことを、思い思いにスピーチで発表しました。今回振り返ったことをもとに、2年生の目標を定め、この先の成長につなげてほしいと思う活動でした。  
 本日5・6時間目、グローカル・アクティビティⅠ・Ⅱとして1年間取り組んできた課題研究のうち、4年生と5年4組の生徒が、ポスターによる発表を行いました。3年生も参観する中、地域の課題に向き合い研究を行った成果を後輩たちにつなげていくことができました。また、3年生は、その研究に対して積極的に質問したり評価したりして、来年自分たちが取り組むことになるグローカル・アクティビティの活動がどのようなものであるかを知ることができました。来年も、地域のために活動できる南校生を期待しています。    
 3月1日に新型コロナウイルス感染症の特別警戒期間は解除されましたが、感染警戒期は継続中です。引き続き、気を緩めることなく、手洗いや手指消毒、マスクの着用等の感染回避行動を徹底して実践するようにしましょう。  春休み中は、治療のチャンスです。この機会に、歯科や眼科等の専門医を受診し、体のメンテナンスをしておきましょう。保健だより3月号はこちらをクリックしてください。  3 hokendayori.pdf
 3月10日(水)17時45分から、後期の美術部員はじめ4・5年生の有志約40名が金剛山大隆寺にて、伊達家墓所清掃のボランティアに参加しました。短い時間でしたが、一足早く春の気配を感じながら、墓所内の清掃や落ち葉の収集を行い、心地よい汗をかきました。自然に囲まれた荘厳な雰囲気の中、地域の方々と一緒に活動できる良い機会となりました。    
 すっきりと晴れた本日、今年度最後のスポーツデイが実施されました。前期男子は、ソフトボールとサッカー、前期女子はサッカー、後期生はバスケットボール、バレーボールとそれぞれの競技に取り組みました。気持ちの良い春の陽気に包まれ、生徒たちはのびのびと試合をしていました。スポーツを通して、クラスの仲間たちとの絆もいっそう深まったようです。心地よい汗を流し、競技を楽しんだ一日となりました。    
 啓蟄を過ぎ、日ごとに春らしさが増してきました。月曜の給食は、数種類の豆を使ったキーマカレー。栄養価たっぷり、おなかもしっかり満たされて、午後の授業もばっちり取り組むことができました。  年度末、各種委員会はまとめの時期に入っています。今年度最後の図書委員会を開き、そこで、1年間の多読者賞の表彰をしました。上位入賞は全員、前期生です。貸し出し冊数も200冊を超えている人もいて、よく本に親しんでいました。また、今年度の卒業生から、卒業記念品として、図書館の貸出システムをいただきました。システムが新しくなり、貸出業務もさらに効率よくなりました。学年末まであと少し。しっかり活動していきましょう。  
 今日は、1年生のGSBの様子をお伝えします。GSBでは、主に「パフォーマンステスト」に向けた、対話活動やスピーチなどの準備をしたり、徹底演習のテキストを使って、授業の文法項目を発展的に学習したりします。写真では、「英語すごろく」を使って、過去形の復習を楽しみながら行っています。活動中は原則英語のみで進めていくので、楽しみながら、英語を使って活動できています。
 愛媛県では3月1日に、「特別警戒期間」が終了となりましたが、「感染警戒期間」は依然継続中です。振り返れば、ちょうど1年前は、臨時休校が始まり、自宅学習で部活動もない状態でした。本県の感染状況が改善しつつある中、南中の部活動も活動時間が夏時間に移行し、徐々に活気を帯びてきました。 昨年はほとんど全ての大会が中止となり、発表や活躍の場が失われてしまいましたが、今年は同様のことが起きないことを願いつつ、生徒は毎日部活動に励んでいます。感染拡大を最大限警戒しつつも、明るい展望を持って活動を続けたいですね。                  
 2月に入ってから今のクラスをもっとよくするために、1年生クラスの代表者が集まって話し合いを毎週水曜日にしています。保健体育で習った「自主性・協調性・責任感」という言葉を大事にして、残り10日間を各クラスで過ごしていきたいと思います。先生に言われる前に自分たちで気付いて行動できる一人一人を目指します。  
 本日3月4日(木)の5限目に、4年生が今までの活動をまとめたポスター原稿を基に、本番を想定した発表練習を各教室で行いました。教室内とは異なり、広い体育館では声が届きにくいこともあるので、実際の発表の際には聞き手のことを考える必要があります。 今後の予定は、3月11日(木)の5限目と6限目に、3年生から5年生までが参加して、体育館で校内ポスター発表を行い、成果の発表と共有を図ることにしています。            
 本日3月3日(水)から学年末考査が生徒に返却されます。成績の出来不出来以上に、努力すべき時に努力できたかどうかも重要です。苦手だからと言って、避けてばかりでは前進できません。各科目で反省すべき事項は十分反省して、次の学年へのステップアップを図りたいものです。 次の学年のゼロ学期と言われる3学期もいよいよ終わろうとしています。確実なことは、学年進行とともに学習内容はしだいに難しくなっていくということです。3月の残りの時間は、この1年を振り返って、様々な視点から見直しをしておきたいですね。         
 今年も新型コロナの影響で在校生が不参加のため、少しでも卒業式に華を添えたいと考えた美術部員。卒業する先輩方を祝う気持ちを込め、卒業式前日の限られた時間の中で一生懸命に制作していました。  各クラス、体育祭パネルを基にイメージを膨らませたデザインです。力作揃いです!        
 本日3月1日(月)、卒業証書授与式が挙行されました。幸い天気に恵まれたこの日、中等第13期生150名が本校を巣立ちました。式辞の中で校長先生がこの1年を振り返って、活動が制限される中にあっても、立派な成果を残した卒業生を称えました。              来賓の方や祝辞を頂戴した方々からは、多くの励ましの言葉をいただきました。卒業生代表の答辞では、「日ごろの日常が実は奇跡の連続であったんだ」との言葉がありました。式には出席できない在校生にも、先輩としての心温まる感謝と激励の言葉がありました。 何をするにしてもやはり健康が一番であることを認識させられたこの1年。自らが健康を守り、自分の目指す夢をつかむ努力を惜しまないでほしいと思います。13期生の今後の御活躍を期待しています。                
   卒業式を明日に控えた本日、6年生は同窓会入会式を行いました。宇和島南同窓生として、卒業後も母校を大切にし、それぞれの舞台で活躍してください。  また、明日の式に先立ち、賞状授与並びに記念品贈呈式が行われました。本日賞状を授与されたのは、3か年皆勤賞、1か年皆勤賞、全国高等学校家庭クラブ連盟賞、愛媛県高等学校体育連盟体育功労賞、愛媛県高等学校文化連盟文化功労賞の受賞者です。名前を呼ばれた際に、はきはきと返事をする受賞者のみなさんの立派な姿が印象的でした。 明日の卒業式でも、6年生全員の輝かしい晴れ姿が見られることを楽しみにしています。  
 来たる3月20日(土)~23日(火)の4日間、「アトリエぱれっと」にて南校展が開催されます! 美術部、写真部、美術の授業作品など、生徒の個性溢れる作品を展示いたします。時間は10時~17時 (23日のみ15時まで)です。昨年度は新型コロナの影響で開催が中止になり、2年ぶりとなります。生徒の日頃の活動の成果を発表できる数少ない場ですので、ぜひ会場でご覧ください。ご来場の際にはマスクの着用をお願いいたします。    
 本日26日(金)2限目の考査後、4年生で卒業式等の会場準備をしました。あいにくの雨で外回りの準備はできませんでしたが、28日(日)の同窓会入会式と賞状授与並びに記念品贈呈式、そして3月1日(月)の卒業式のために、6年生の席と保護者席を整え、壇上の掲示を行いました。 昨年同様の縮小した形での式となり、在校生は代表以外の出席はできませんが、先輩方が立派に卒業できるようにと願って準備を行いました。当日の天気が好転し、晴れ晴れしい卒業式になるといいですね。      
 1、2年生は本日より学年末考査が始まりました。試験前には時間を惜しんで勉強に取り組む姿が見られ、担任の先生から試験の心構えや諸注意を受けた後、清掃で環境をきれいに整えて考査に臨みました。考査は4日間にわたって行われます。まだまだ始まったばかりですので、この間しっかりと家庭学習に取り組み、今年度の自己最高といえるような成績を収めましょう。また、2年生として学校生活を送れるのもあと数日となり、カウントダウンが始まっているクラスも見られました。勉強、部活、交友関係等、様々な面で悔いが残らないよう、充実した毎日を送っていきたいですね。  
 本日19日(金)の⑥限目のホームルームの時間に、3組の担任の岡先生と副担任の石丸先生による研究授業を行いました。テーマは、「先輩の進路開拓に学ぶ」です。年度末まで残り少しとなりました。卒業していく先輩の6年生も、進路が少しずつ決まりかけており、この機会に先輩方が後輩に伝えたいことを知り、自分たち4年生が進路設計をする際の一助になればと願って行いました。教育実習生のアンケートなどの声を通して、今後の目標設定や自己理解が少しでも進んだらいいですね。         
 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。 本日は、3月に行われる校内発表会に向け、分野別の発表練習を実施しました。自分たちが一年間研究してきた内容がしっかりと伝わる発表となるよう、様々な工夫をしている班も多く見受けられました。3月の発表会がよりよいものとなることを期待しています。  
  今日は雪や氷が溶けて水となり、雪が雨に変わって降るという、「雨水」。日ごとに春らしくなる時期のはずですが、雪の舞い散る一日となりました。国公立大学前期試験まであと少し。2月に入って、各私立大学入試も数多く実施されました。受験を控えた6年生たちは春を目指して、今日もこつこつと勉強に励んでいます。    
 本校体育館は、昨年11月上旬より床の張り替え改修工事をしておりましたが、2月上旬に完成し、15日(月)より利用ができるようになりました。同時に放送設備もアップグレードされました。 以前の床と違って利用する際や、清掃の仕方には注意が必要とのことですが、学校にはなくてはならない施設が再び利用できるようになったことで、体育の授業や部活動はもちろんのこと、生徒が一堂に会することも今後のコロナの状況しだいではできるようになります。教育活動が効率よくできるようになると期待しています。 工事中、本校の部活動のために市内の各体育館を利用させていただきましたことを深く感謝いたします。ありがとうございました。      
 本日16日(火)の③時限目の時間を使って、2組の生徒がOSTの講座を実施しました。回が進むにつれて生徒たちもかなり慣れてきたようで、海外の講師の先生方と英語を使って楽しく会話をする声が、図書館に響いていました。 内容は次第に難しくなってきましたが、普段の授業で学習してきた内容を実際に耳にしたり、言葉にしたりする訓練は、外国語学習にとっては非常に大切な過程です。今後とも、このような貴重な機会を利用して、学習効果を上げていければと考えています。      
 2月15日(月)3~5年生の学年末考査発表の日です。1週間後の22日(月)から考査は始まります。本日は、先日行われた3年生の英語の授業の様子をお伝えします。3年生は、パフォーマンステストとして、「Reading2の要約発表」と「私の人生のスピーチ発表」の2つの活動を実施しました。前者の発表は、ペアで実施しました。お互いに役割分担をきちんとして、要約や感想を自分たち自身の英語力を駆使して、堂々と発表できました。また、「私の人生のスピーチ発表」では、質疑応答も活発に行われ、大変意欲的に活動できたと思います。この調子で、学年末考査も頑張ってほしいものです。  
 2月15日(月)の給食は、七穀ごはん、牛乳、チキンカレー、シーザーサラダ風、バレンタインデザートでした。  七穀ごはんは白米の他、裸麦、もち麦、赤米、黒米、緑米、もちきびが入っています。配膳室へ給食を取りに来た生徒も「デザートうれしい!」「カレーのにおいがする!」とうれしそうでした。教室では生徒たちがおいしそうに食べていました。  
 本日12日(金)の⑥時限目に、5年生対象の進路講演会が実施されました。例年であれば、外部講師を招いて進路に関する最新の情報提供となる場ですが、今年は進路部長の講話を実施しました。内容は、①推薦入試の種類について、②それぞれの推薦入試のスケジュールに関すること、そして③どのような対策をしておくべきか、についてです。 進学するにしろ、就職するにしろ、今のコロナの状況によっては見通しが立ちにくい面がありますが、できることを着実に、しかも全力で実行して、悔いの残らないようにしたいものです。   
 愛媛県内の新型コロナウイルスの新規感染者数は、減少傾向にありますが、県独自の特別警戒期間は、3月7日まで延長されました。今後も、引き続き、手洗い・マスク着用・アルコール消毒・換気等の基本的な感染症対策を徹底しましょう。 【保護者の皆様へ】引き続き、お子様の健康状態の確認をお願いします。風邪症状等が見られる場合は、無理をせず自宅で休養し、早めにかかりつけ医等で受診するよう、ご協力よろしくお願いします。2月号保健だよりはこちらをクリックしてください。 2月号保健だより.pdf
 本日10日(水)の⑥時限目に、4年生が図書館で海外の講師と、オンラインで英語のトレーニングを行いました。3回目となる今回も通信状態は良好で、講師の先生方と英語を通じて訓練を行うことができました。内容は多少難しくなっていたようで、考えている内容を上手く英語で表現できないと感想を述べている生徒がおりました。 今年度最後のOST は、3月に行う計画です。生徒が少しずつでも英語で自己表現できるようになればと願いながら、進めていきたいと考えています。      
 今日の朝一番の様子です。クラスの黒板には毎日担任の先生のメッセージが書かれています。編入学検査のため今日はチャイムが鳴りません。目で見て、耳で確認して判断して自分で行動ができるようになっていますかね。朝読書もしっかりとできています。  今朝はとても寒く、空気がとても冷たかったです。6時間目も冷たさは残りますが、空は晴れ渡り、グランドからは元気な気合の入った声が響き渡っていました。5年生の体育です。6年生が家庭学習期間に入った今、5年生のはつらつとした姿を見て、頼もしく思えました。