新着
 本日6限目、4年生を対象に、NPO法人「NEXT CONEXION」の越智大貴さんを講師としてお招きし、「これからのよのなかの話をしよう!~いまの時代に大切な学び~」をテーマにご講演いただきました。  講演途中には、自分の考え方のタイプを知ることができるゲームなども取れ入れられ、生徒たちは興味・関心を持って取り組むことができました。4年生の皆さんは、近い将来、有権者となります。その際、一人一人が主権者としてよりよい言動をとれるよう、今後の学校生活を送って欲しいと思います。                  
 9月13日(金)、6年生を対象に主権者教育ホームルームを実施しました。「政党を作ろう」をテーマに、各グループが思い思いの政党を作り、マニュフェストを発表しました。スペインのようなシエスタ(昼休憩)を取り入れ、勉強や仕事効率を上げたいとする政党など、ユニークなマニフェストを掲げる政党もあり、大いに盛り上がりました。これを機会に、主権者としての資質を高めていってほしいです。        
 第3教棟4階にある、為せば成る木。3年生がそれぞれの目標を実らせています。1学期に実が実り始め、今日は2学期の実へと変わっていきました。一人ひとりがこの実をさらに成長させ、3学期にはより大きな実へと成長させましょう!
 SGアクションⅠは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の取組の一つで、4年生全員が、木曜日の5・6時間目に、ローカルな課題やグローバルな問題に関する研究を行うものです。 今回は、大学の先生方を講師としてお迎えし、課題研究のカテゴリー(水産、かんきつ、まちづくり、防災、企業)ごとに分かれた生徒たちを御指導いただきました。夏休みにフィールドワークに取り組み、自分たちの足で集めてきた情報を、今後の研究にどう活用していけるかなど、より具体的な研究方法を先生方に相談することができました。    
 愛媛県と米国ハワイ州の交流促進を目的として毎年実施されている「えひめ高校生ハワイ派遣事業」に、本校生徒が、県の高校生代表8名のうちの一人に選ばれ、9月9日(木)に県庁を表敬訪問しました。愛媛県教育長との懇談では、研修における抱負をひとりひとりが発表し、派遣事業への意気込みを述べました。本校生徒も、代表となる名誉と、選ばれたことに伴う責任とをしっかり理解し、準備を進めていく決意を強くしたようです。