新着
 11月30日(月)、教職員30名が、宇和島消防署救急救命士の三好宣洋さんから、心肺蘇生法・救急法の講習を受けました。講習では、搬送方法や胸骨圧迫、AEDの使用方法等を実習しました。また、熱中症や過換気症候群の応急手当等についても分かりやすく御指導いただき、充実した講習会となりました。万が一の時には、迅速で適切な対応ができるよう、今後も教職員一人一人が救急法の技術を高め、安心・安全な学校づくりを目指したいと思います。お忙しい中、御指導いただいた消防署の三好さん、ありがとうございました。
 11月も今日で終わりですね。早いものです。期末考査3日目、今朝はぐっと冷えて、冬の気配が肌で感じられる1週間のスタートとなりました。本日は、3年生の英語の授業で行われた「尊敬する人についてスピーチをしよう」についてお伝えします。3年生は、例年期末考査前に、試験範囲でもあるこのパートで、全員がそれぞれの尊敬する人について英語でスピーチをします。自分の親に関するスピーチもあれば、好きな芸能人やスポーツ選手に関するスピーチもあり、バラエティに富んでいて、聞く方も楽しかったです。また、それぞれのスピーチの後には、感想や質問を受け付け、しっかりと英語でやり取りができていました。中には積極的に何回も質問した人も多くいました。次回は3学期に、「私の人生」というテーマでスピーチを実施する予定です。
  朝、8時前の教室での一コマです。登校した生徒が今日の試験に向けて最後の確認をしています。最後まで見直しを怠らず、がんばってほしいものです。この土日を有効に使いましょう。
 今、1年生はトイレの使い方を見直しています。次の人のことを考えて行動することができる人を目指しての取組です。1年生みんなに伝えてからは劇的にトイレがピカピカになりました。気付いた人がゴミを拾う、トイレットペーパーを替える、スリッパを揃え直すなど、自分のちょっとした気遣いで清潔感あふれるトイレになりました。そして、とても優しい気持ちになれました。今日の清掃時間、みんなが気持ちよく学校生活を送れるようにそれぞれが頑張っていました。教室も廊下もトイレ、洗面台、そしてわたしたちも大喜びです。
    今週26日(木)から2学期末考査が始まります。日ごろの学習の成果が問われるテストとなりますが、どの学年も放課後に自主的に残って学習をしているシーンが目立ちます。グループ学習をして友達に聞いたり、先生に教えてもらったり、理解が不十分と思われる点の確認をしています。    健康を崩しやすい季節で、しかも新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、各自が健康管理には十分留意して考査に臨んでもらいたいものです。