〒798-0066   愛媛県宇和島市文京町5番1号

電話 (0895)22-0262   FAX (0895)23-7080

南校日記

進路講演会

    6年生のゼロ学期として始まった第3学期も半分終わろうとしている中、進路選択のための講演会が5年生対象に実施されました。講師の先生が強調されていたのは、情報収集と、自ら課題を見つけ、それを解決すること。SGHの活動の中で学習してきたことと重なりますね。今日の講演の内容をしっかり理解して、後悔のない進路選択ができるようなればいいですね

 

学校保健委員会

 2月12日(火)16時から会議室において、学校医、学校薬剤師、PTA役員の方々に御出席いただき、学校保健委員会を開催しました。本校からは、生徒の心身の健康状態や災害発生状況、感染症対策や相談体制、防災や食育の取組等について報告しました。

 また、生徒保健委員代表による「目指せ 健康体!免疫力アップの秘訣」という発表も行いましたが、「朝食の大切さや免疫力を高める食事についてよく分かった。感染症予防やこれから一人暮らしをする6年生にも非常に参考になる内容だ。」等の感想をいただきました。

 今後も学校と家庭が、共通理解のもと協力して、生徒の健康づくりや安心・安全な学校づくりを推進していきたいと思います。お忙しい中を御出席いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

ヒメセカによるSGH講演会

 2月14日(木)、5年生を対象にSGH講演会を行いました。今回は一般社団法人ヒメセカの入江あゆみさんと角田尭史さんをお招きして、「価値観ワーク~世界中で活躍している愛媛出身の先輩を紹介する~」と題して講演していただきました。グループワーク形式で、それぞれの将来について考えました。入江さんは、「何を学び、何を感じ、どこを旅して、誰と会うかで価値観は絶えず変化する。常日頃から価値観を大切にし、それを進路や就職活動などの人生における大切な選択に生かしてほしい。」と話されていました。質疑応答の中で、進路の悩みや勉強法などさまざまなアドバイスをいただきました。今日の講演は生徒たちの進路選択において、大いに参考となるものでした。素晴らしいご講演ありがとうございました。

  

  

  

1年生 社会科研究授業/‐史料を分析!日本はどのように元軍を退けたのだろう?‐

 本日(2月13日)、1年生を対象とした社会科の研究授業が行われ、生徒たちは、「元寇と鎌倉幕府のおとろえ」について学習しました。基本事項を学習した後、「日本側はどのように元軍を退けたのだろう?」という問いに対して、史料を参考にして分析しました。生徒たちは、史料に目を近づけ、一生懸命に読み取っていました。その後、意見を全体で共有し、最近注目されている学説にも触れ、様々な視点で歴史を見ることができました。このような活動を通して、これからも多角的な視点から歴史的事象を見て、理解を深めていってほしいです。
 

 

平成30年度えひめスーパーハイスクールコンソーシアム

 2月9日(土)、県内のSGH校などが集い、「平成30年度えひめスーパーハイスクールコンソーシアム」(主催:県教育委員会 場所:ひめぎんホール(松山))が開催され、本校4年生の代表生徒2名が研究発表を行いました。

 

 「地元企業の活性化を通じた地域活性化を図るための方策」についての研究をオールイングリッシュで発表しました。堂々とした態度で、自分たちの研究成果を多くの方に伝えることができました。今回の経験を、次のステップにつなげられるよう、より意欲的な姿勢で研究を続けて欲しいと思います。