南校日記

SGH事業 海外FW(シンガポール最終日)

 4日目(昨日)の午後は、まずURA(Urban Redevelopment Authority:都市再開発庁)のシンガポールシティギャラリーを訪れました。狭い国土の都市国家シンガポールがどのようにまちづくりを行ってきたのか、その歴史を学びました。SGアクションⅡの授業で宇和島のまちづくりについて調べている班もありますが、比較をしながら、共通点や相違点を調べてみましょう

 

 続いて、habitat by honestbee(スーパーマーケット)を訪問し、完全キャッシュレスの体験をしました。スマホなどに専用のアプリをダウンロードし、クレジットカードの登録またはお金のプリペイドチャージをしておき、入店時に端末のバーコードをかざします。そして購入する商品のバーコードを読み取り、退店時に再び端末のバーコードをかざすことで、電子決済による購入が完了します。そのため、現金支払いやカードの提示もないため、レジはありません。近い将来、このような方法での買い物が増えるかもしれません。

 その後、チャンギ国際空港から本日の朝6時に帰国し、松山空港に11時20分に到着、13時過ぎに無事帰校しました。長時間の移動で生徒の顔には疲れも見えましたが、充実したフィールドワーク研修になったと思います。

 

 

前期課程(3年生)修学旅行④

 スキー研修と昼食の様子です。昼食はカレー食べ放題。しっかり腹ごしらえをして、午後からの研修もバッチリでした。スキー&スノボーの上達も著しく、リフトを駆使してゲレンデを颯爽と滑走する姿も増えました。それ以外にも、スキー場でしかできない研修をそれぞれに楽しみました。

 

 

 

 

南予展にむけて

 今週末に開催される「令和元年度第44回南予地区高等学校 美術・工芸、書道展」に美術部4・5年生が出品します。明日24日は、搬入作業を行います。
 会期は、1月25(土)9:00~17:00、26日(日)9:00~15:00
 会場は、伊吹町のアトリエぱれっとです。
 油彩やデザイン、立体作品など、南予の高等学校14校の力作が勢揃いします。部員たちも熱心に制作を続けてきました。顧問の指導にも熱が入ります。ぜひ、会場で作品をお楽しみください。
制作風景1制作風景2

制作指導展覧会冊子

前期課程(3年生)修学旅行③

 昨日の夕食と今日の朝食風景です。本日は、昨日に引き続き、9時から15時半までスキー研修です。

 

 

  

    

                                                      

 

SGH事業 海外FW(台湾4日目)

 4日目午前中は、桃園市にある本校の姉妹校、永豊高級中学を訪問し、交流を行いました。冬休み中にもかかわらず、多くの先生方や生徒のみなさんに温かく迎えていただき、宇和島や本校について英語でプレゼンテーションをしたり、永豊高級中学校の生徒と一緒に防災グッズ(新聞紙スリッパ)を作ったりしました。文化の違いに驚きつつも、とても友好的な関係を改めて築くことができました。

 午後からは、台北市内へ移動し、防災科学技術館を訪問しました。ここは、日本の阪神・淡路大震災の発生が契機となって設立された施設だそうです。施設内では、職員の方に案内していただきながら消防体験などを行い、改めて防災・減災の必要性を認識しました。台湾においても近年防災意識が高まっているそうです。私たちも日本に帰ってから、もう一度災害への備えについて考えを深めていきたいと思います。