南校日記

10月号保健だよりを発行しました。

 県内は10月20日から「感染縮小期」に移行しましたが、引き続き、マスクの正しい着用、こまめな手洗い、手指消毒、定期的な換気等の基本的な感染症対策を実践し、感染予防に努めましょう。

 10月号保健だよりはこちらをクリックしてください。R3保健だより10月号.pdf

グローカル・アクティビティⅠ

 GA(グローカル・アクティビティ)Ⅰとは、本校独自の事業である「UGI(宇和島南グローカルイノベーション)事業」の取組の一つで、4年生全員が、木曜の5・6時間目に、地域課題をグローバルな視点で考え、解決を図ろうとする研究活動を行っています。今回は、愛媛大学及び松山短期大学の先生方をお招きし、生徒たちの課題研究に対して、専門的なアドバイスをいただきました。先生とのやりとりを通じて、抽象的であった研究構想が次第に具体的になっていき、生徒たちの表情からも、課題研究に対する意欲が高まっていることを感じました。今後も研究を進めていき、ポスター制作に取りかかれるようにしましょう。

ハワイプナホウスクールとのオンライン交流

     本日1時間目に、アメリカハワイ州のプナホウスクールのみなさんと、4年生が、オンラインによる交流を行いました。まず宇和島南の生徒が伝統的な部活動をいくつか紹介し、琴の演奏も行いました。続いてプナホウスクールの皆さんが、学校のカリキュラムや行事について紹介してくれました。短い時間ではありましたが、楽しく異文化交流できる貴重な機会となりました。あと2回プナホウスクールの皆さんとは交流の機会を持つ予定です。オンライン交流に際し、御尽力くださったハワイ日米協会のみなさん、公益財団法人愛媛県国際交流協会のみなさん、ありがとうございました。
 
 

 

 

 

人権学習「ひらがなにっき」

 10月15日(金)6限、1年生は「ひらがなにっき」という題材で、人権・同和教育学級活動を実施しました。なぜ学ぶ機会を奪われた人たちがいるのかを考え、差別の不合理さを知るといった内容でした。どのクラスも真剣に先生の話を聞き、話し合い中は、活発な意見交換がなされていました。