南校日記

今日の1年生

 本日は、午前中に学力推移調査が行われました。この1年間の、学習面での取り組みの成果は十分発揮できたでしょうか。少し先のことにはなりますが、今回の結果が出たら学習面はもちろん、生活面や行動面含めて2年生への心構えを新たにしていきましょう。頑張ってテストを受けた後の給食は格別ですね!「水産の日」ということで鯛の天ぷら、わかめごはん等豪華メニューを、おいしくいただきました。終わりの会では卒業式に向けて歌唱練習を行いました。「仰げば尊し」を初めて歌う生徒も多いようですが、6年生の先輩方に心のこもった歌声をプレゼントできるよう、しっかり覚えて歌えるようにしていきましょう。

えひめスーパーハイスクールin南予

 南予の「スーパーグローバルハイスクール」「スーパーサイエンスハイスクール」「スーパープロフェッショナルハイスクール」「高等学校地域協働推進事業」などの指定校による成果発表や、県立高等学校における先進的な教育活動の報告、意見交換などを通して、研究成果の普及と深化を図るとともに、主体的に学び地域課題の解決に取り組もうする気運を醸成することを目的とした「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムイン南予」に、参加しました。
 午前中は、本校生徒2名を含む、各校の課題研究のプレゼンテーション発表、午後からは本校生徒2名が、それぞれ司会者とパネリストとして参加する「地元愛を育むには」というテーマでのパネルディスカッションが行われました。発表やディスカッションに触発され、多くの南予の高校生や中学生が、活発な質疑応答を行い、地元の活性化を真剣に考える良い機会となりました。
 

 

(2年生)少年の日の集いの様子

 1月31日(金)の4限に体育館で「長縄クラスマッチ」を、5・6限に各教室で「少年の日の集い」を行いました。長縄は、練習の時から安定していた2組が、本番でもAチーム71回、Bチーム67回、計138回の大ジャンプを跳び、優勝しました。「少年の日の集い」では、各教室で「感謝の手紙発表」を行い、家族の方へ感謝の気持ちを伝えることができました。また、実行委員企画として、学級担任の先生や副担任の先生に、日頃の感謝の気持ちを手紙や歌で伝える場面もあり、温かな感動で包まれた一日となりました。来ていただいた保護者の皆様、お忙しいところありがとうございました。ぜひ、御家庭でも、生徒たちの書いた手紙を通して、話題の一つにしていただけたら幸いです。

献血呼びかけボランティアin津島しらうお&産業まつり

 1月26日(日)10時30分から、津島しらうお&産業まつり会場にて、後期生の有志3名が献血呼びかけボランティアに参加しました。津島の早春の風物詩、旬の味覚を堪能できる様々なイベントが催されて大勢の人で賑わう中、来場者に積極的に声をかけ協力を呼び掛けました。

 昨年末には、5・6年の有志13名が献血に協力しました。今、献血に協力してくれる若者が減っています。皆さんも機会があれば、ぜひ献血に協力してください。

 

宇和島インフォメーションボード(第8回)

 SGH事業の一環で、宇和島市商工観光課と協力して、JR宇和島駅構内に観光インフォメーションボードを設置し、このボードを使って、外国人ツーリストに、高校生の視点を盛り込んだ宇和島市の観光PRを行う活動を続けています。
 今回は、宇和島のソウルフード、じゃこ天を取り上げました。それだけで食べてもおいしいですが、うどんやカレーライスの具としても使われていることを説明しました。海外からのツーリストにも気軽に食べてもらいたい一品です。